グルテンフリーのパンを作る。小麦粉以外の粉のフランス語名をご紹介

楊夫人
グルテンフリー生活も早約一年…。

実は私は2016年7月より、持病の為にグルテンフリー生活をしています。
そのせいか小麦粉以外の粉に、少し詳しくなりました。

ガレットはそば粉を使って作る生地なので、グルテンフリー生活でも大丈夫!
そのそば粉をフランス語ではなんと呼ぶかご存知でしょうか?

今回はフランス語の小麦粉の続編で、小麦粉以外の粉の名前をご紹介します。

そんな私が現在使っている小麦粉以外の粉類、そしてフランス語名と読み方や使い方についてご紹介します。

健康に良い粉がたくさんあるので、試してみて下さいネ!

小麦粉以外の粉とは?

小麦以外で作られた粉は、意外や意外結構ありました。
健康に良いものが多いので、是非あなたにも一度使って頂きたい!と思う粉の数々。
フランス語での表記と共に、ご紹介しますね。


これを知っていると、市販の食べ物の成分表を見る時に、一目でわかるので結構便利です!

Farine de sarrasin ファヒン ドゥ サハザン (そば粉)

Farine de sarrasin ファヒン ドゥ サハザンは「そば粉」のことです。
そして、またの名を「blé noir ブレ ノワ」と、同じそば粉ですが、両方の名で呼ばれます。


この粉はまさに、ガレットを作る時にぴったりです。

このそば粉は、嬉しいグルテンフリ-! 私も食べることが出来ます。
栄養価が高く、ガレット以外にも結構色々使えそうです。

例えば、ケ-キ、ケークサレにパン、ビスケットに使ってもいいですし、タルト生地にもGood
特に秋のくだもの、リンゴ、洋ナシ、オレンジとは相性ピッタリ。

http://monpetitcahier.com//HLIC/686f48d02a611da2d65dd4b3f52026f2.jpg
※写真はCelnat.frよりお借りしました。

実は、すぐにでもガレット食べたい!!と思った時には、市販のものを買うという手もあります。
ちょっと手抜きですが、たまにはいいですよね?

Galettes de sarrasinと書かれているのが、わかりますか。

「そば粉のガレット」という意味です。

後ろを見てみましょう。
このガレットは、どんな原料が使われているかチェック!


上の写真の、一番上の単語”Conposition コンポジジシオン”と書かれた部分をご覧ください。
ちなみに意味は「構成、成分」です。

次の下に書かれている文が4 Galettes de sarrasinで「4枚のそば粉ガレット」・
Ingrédient アングレディオンも、意味は似てますが「成分、含有物」の意味です。

・Eau  52% (水 52%)
・farine de blé noir 46.3%  (そば粉 46.3%)
・sel de Guérande 1.5% (塩 1.5%)
・huile de tournesol (ひまわり油 残りの%)

やっぱり、正真正銘のグルテンフリーでしたね!

Farine de riz ファヒン ドゥ ヒ (米粉)

Farine de riz  ファヒン ドゥ ヒのrizは「米」のこと。
私がよく使う粉でもあり、団子作ったり重宝しています。


http://monpetitcahier.com//HLIC/d5b65f2ac03a9e780babb0042d673371.jpg
※写真はCelnat.frよりお借りしました。

米粉を使ったグルテンフリーのパンケ-キの作り方動画があったので、ご紹介します。
はちみつ以外にコンフィチュ-を塗ってもいいですね。



 材料は
・180g 米粉
・170ml 牛乳
・30g 溶かしバタ-
・40g 砂糖
・1つ 卵
・6g ベーキングパウダー
・一つまみ 塩

1.ボ-ルに卵と砂糖を混ぜ、塩一つまみ加え、牛乳も加えます。
2.次に米粉をバサっと全部入れ、ベーキングパウダーを加えます。
3.よく混ざったら、溶かしバタ-も入れ30分寝かします。
4.そして、温まったフライパンで焼く。

簡単で美味しそう!

Farine blanche de grand épeautre ファヒン ブロンシュ ドゥ ゴ-ン デポウ (スペルト小麦)

Farine blanche de grand épeautre ファヒィン ブロンシュ ドゥ ゴ-ン デポトゥ、この「épeautre エポウトゥ 」が「スペルト小麦」を意味します。

スペルト小麦は古代小麦の一種で、小麦粉の代替粉なので、普通の小麦粉と同様に使うことが出来ます。

目下、私は通っている自然療法士の先生からはこの様に言われました。
「この粉はグルテンがほんの少ししか入ってないので、パンが食べたくなったら、この粉のパン(Pain d’épeautre パン デポウトゥ) なら食べてもいいわよ!」

グルテン不耐性の方は、要注意ですが、私の様な制限しているだけの方であれば、週1回ぐらいなら大丈夫とのこと。


もちろんグルテン食べてもOKな方にとっては、小麦粉の代わりにパン、クッキ-などおやつに使うと、栄養の高いおやつになりそうです!


http://monpetitcahier.com//HLIC/5b4c51df3fed134926958bf32a5c6d37.jpg
※写真はCelnat.frよりお借りしました。

Farine de quinoa ファヒン ドゥ キノア (キヌア)

キヌアは、チアシード(Chia チア)同様、フランスでもちょっとしたブ-ムです!
Bio(オーガニックショップ)には必ず置いてますし、雑誌などのレシピ本にも使われていますし、健康に関心の高い方は、チェックしている様ですよ。


高タンパク質、鉄、亜鉛、および他のビタミンも入っていて、非常に消化もGood!
どんな風に使っているかというと、ケ-キやクレ-プ、そしてパンに若干使用されていますが、ただ、味はちょっと苦いです。
そして、ノワゼットのような独特の風味があるので、チョコレ-トとの相性が良さそうです。

キヌアを使ってパンを作る場合ですが、キヌアはグルテンが無いので、1/4のキヌアに3/4のT80の小麦粉を混ぜて作ると出来るそうですが、これではグルテンフリーではありませんので、グルテン食べれる方様ですね。

http://monpetitcahier.com//HLIC/0c512d93151a53996a4e4b842df7ff3a.jpg
※写真はCelnat.frよりお借りしました。


スポンサーリンク


注意!トウモロコシ粉とMaïzena マイゼナは違う成分です。

よくフランスの料理フォ-ラムでも質問されるこの2つですが、実は違うものなのです。
それぞれの成分の違いに気をつけてくださいネ!

Farine de maïs トウモロコシ粉 (コーンミール)

Farine de maïs ファヒン ドゥ マイスこと「maïs マイス」とは、とうもろこしの意味です。
成分は、乾燥させたトウモロコシを挽いて粉にしたものです。
これも嬉しい、グルテンフリー!


この粉の特徴は、やや甘みがあり黄色い色の粉。
一般的には「farine de châtaigne ファヒィン ドゥ シャテ-ニュ 栗の粉 」や 「farine de sarrasin ファヒン ドゥ サハザン そば粉」と混ぜると、素朴な色合いになって、お菓子作りにGood。


もしくは、ス-プやソ-ス作りに加えると味に深みが出ます。

http://monpetitcahier.com//HLIC/5701fa4a5019560b6d8976ac57b7c7ad.jpg
※写真はCelnat.frよりお借りしました。

Maïzena マイゼナ (コーンスタ-チ)

Maïzena マイゼナとは、いわゆるコ-ンスタ-チで”トウモロコシでんぷん“のことです。
本来はfleur de maïs フル- ドゥ マイスと言います。


なぜfleur de maïs(コーンスターチ)ではなく、 Maïzenaと呼ぶか不思議ですよね。
その理由は、このMaïzenaはフランスで超有名な商品名なので、すっかりコーンスターチの代名詞に定着してしまいました。

レシピの本にもfleur de maïsではなく、Maïzenaと商品名で書いてある本もあります。
これは一家に一箱必ずある!と言っていいほどの必需粉で、モチロン我が家にも常備しています。
打ち粉にいいんですよね、よく餃子作る時に小麦粉ではなく、マイゼナを打ち粉にしてます。




※引用文献及び出典:valpiform,celnat.fr,

楊夫人
持病の為に小麦粉以外の粉を使う様になったのですが、なんと昨年と比べて5kgも痩せてしまいました。

美味しいバゲットを食べられなくなったのは、残念ですが、ダイエットにも効果があると実感しました。

美しく健康的にスリムになれる、色々な粉類。
あなたも一度、小麦粉代わりに試してみてはいかがでしょうか?


>>フランス語の名前 まとめぺ-ジに戻る


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。

スポンサーリンク

[`livedoor` not found]
LINEで送る

ランキング

ブログランキングに参加しています。
フランス愛ブログ作成の励になるので、
応援のポチをお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする