ボナペティの意味を本当に知っていますか?返事も併せて解説します!

楊夫人のサイトへ Bienvenu ビアンヴニュ!(Welcome)
フランスで生活をしている私こと楊夫人(ヤンフジン) が、現地から生の情報を発信しています。
ごゆっくりご覧になってくださいネ。

楊夫人のサイトへようこそ。
フランスはロレーヌ地方で生活をしている楊婦人が現地から生の情報を発信しています。
ごゆっくりご覧になってください。

楊夫人
時々聞く「ボナペティ」と言う言葉をご存知ですか?
なんとなく発音から英語ではない言語ですよね。

イタリア語なの、もしくフランス語?
どんな時に使うの?
つづりはどう書くの?
どんな時に使うの?

そんな疑問に、毎日「ボナペティ!」と言っている私が詳しくお答えします。
実は、とある場面でしか使われないと思われがちですが、実際フランスで暮らしてみると、色々な場面で使っているんですよ。

旅行前には知って頂きたい言葉なので、是非ご一読を!
では、これから一緒に見ていきましょう。
On y va! オニヴァ!(Here we go!)

スポンサーリンク


ボナペティとはどういう意味?



ボナペティとは日本語で訳すと「召し上がれ」と意味です。
Katy Perryの楽曲にこのタイトルの曲がありますが、実はフランス語なんですよ!

つづりは「Bon appétit」と書きます。

フランス語の「Bon appétit」に込められた意味は、フランス語で言うと”pour souhaiter un agréable déjeuner ou dîner”。
訳すると「よい食事、楽しい食事をすることを望む」という気付いの言葉です。

これは食事を振る舞う側が、食べる人に「Bon appétit」と声を掛ける言葉であり、日本語の「いただきます」とは意味が違うんですよね
パニ子
じゃあ「いただきます」ってフランス語で、なんと言うの?
楊夫人
実はフランス語に日本語と同じ「いただきます」という意味の言葉はないのよ

そう、日本語の「いただきます」に該当するフランス語はないのです。
私も最初は、かなり戸惑いました。

では、次にボナペティ!と言われた時の返事をご紹介しますね!

ボナペティ!と言われた時の返事は?


例えばレストランで、注文した料理を持ってきてくれた店員さんに「Bon appétit ボナペティ=召し上がれ」と言われた時は、こう言ってください。

楊夫人
Merci メルシー:ありがとう!これだけでOKです

そして、食べ終わった後に、食器を下げてくれる店員さんやレジの店員さんに、以下のフレーズを言えば完璧です!
フランス語の「ごちそうさまでした」の意味に値する言葉です。

・C’était (très)bon.セテ(トレ)ボン 「(とても)美味しかったです」
・C’était delicileux. 「大変美味しかったです」
・J’ai bien mangé.「よく食べました」

これらは、フランスの「ごちそうさまでした」の意味に値する言葉なんですよ!
あ、もし美味しくなかったら「Merci, au revoir メルシー オウ ホヴァ ありがとう、さよなら」だけでいいです。

では次に、どんな時に自分に言われるか具体的にご紹介しますね。

どんな時にボナペティと言ったり、言われるの?



まずは「ボナペティ」と言われる時は?
それは、一般的にはテ-ブルに着い食べる直前に、一番多く言われます。
次は、自分が食べている最中です。
楊夫人
そう、すで食べはじめてる状況でも言われるんですよ!

次に自分が「ボナペティ」と言う時です。
実は自分が料理を支給していなくても、別の場面で言う時が結構あるんですよ!

では場面ごと、詳しくご紹介しますね。

お昼前の挨拶として



お昼前とは午後12時前です。
一種の昼前の挨拶として言うこともあります。

具体的に言えば、午後12時前に誰かと別れる時です。
私の場合ですが毎日、お昼前の学校前で言ってます!
楊夫人
分かりやすいように、その時の状況をお話ししますね!

フランスの小学校は、昼食を食べに家に帰ってもいいんですよ。
で、家で昼食を食べる息子を、私は毎日12時前に学校に迎えに行くんですが、息子が校門から出てくるまで、他の父兄の方と立ち話をしています。

大抵孫を迎えに来たおじいさん達と毎日話をするんですね。
そして、学校の門から出てきた息子が近くに来たら、別れの挨拶としておじいさん達へに「ボナペティ!」と別れています。

楊夫人
そう、昼食前の立ち去り際に「ボナペティ」と言うのです。
目の前に食事がなくても、この言葉を使います。

この時の意味は「召し上がれ」ではなく、どちらかと言うと直訳のような『良い食欲を=たくさん食べてね!』みたいな感じで言い合っています。

例えばこう言われた時の返事も「Merciメルシー=ありがとう」でOKです。

もしくは「ボナペティ」と声を掛けて下さった方も、これから昼食を食べると予測する場合Merci vous aussi!メルシー ヴォウシイ=ありがとう、あなたもね!」と相手に気遣う言葉を返しています。

この様にランチ前の挨拶化としています。
実はフランスでは、色々な時間によって以下の様な挨拶をするんですよ。

・朝にはBonne journée ボンジョルネ 「よい一日をお過ごしください」
・午後にはBon après-midi ボナポミディ「よい午後をお過ごしください」
・夜にはBonne soirée ボンソワレ「良い夜をお過ごしください」

同様に、昼前に「Bon appétit ボナペティ」と皆言っています!
これはフランスの本には載っていない情報だったので、その場の状況から体験してわかったことでした。

楊夫人
お昼前の別れの言葉として使えば、うれしい心使いだと思います

次は自分が誰かに言う時をご紹介しますね。
どんな時に「ボナペティ」と言うのでしょうか?

誰かが食べている時に挨拶として


実は、知らない人にも「ボナペティ」と言う時もあります。
ちょっと分かりにくいので、私が遭遇した場面で説明しますね。

例)蚤の市で、店主が朝食のクロワッサンを食べながら店番していた時。
そのブースの品物を見ながら私は店主に「Bon Appétit ボナペティ!」
すると、店主が「Merci!メルシー」

例)長距離バスを乗っていた時に、隣に座っている若者がサンドイッチを頬張りだした。
私は若者に「Bon Appétit ボナペティ!」
すると、若者が「Merci!メルシー」

例)合気道の練習が終わって着替え終えた仲間が、別の部屋で一杯飲みながら、つまみを食べ始めた時。
後から部屋に入った私は仲間に「Bon Appétit ボナペティ!」
すると、仲間が「Merci!メルシー」

こんな感じで、自分の知っている人はもちろんですが、見知らぬ人にも自分とごく近い距離であれば「Bon Appétit ボナペティ!」と声を掛ける時があります。

あ、でもこれは声を掛けなくてはいけない!!ってことありません!

なんとなく、目があったり、隣の席の人が食べ始めようとしていたり…そんな時にこちらから「Bon Appétit ボナペティ!」と声掛けると、相手から「感じイイナ!」と思われるぐらいの言葉なので、言わなくても構いません。

ですが、そこから色々会話が始まるかもしれませんヨ!

参考文献:http://www.lefigaro.fr

最後に楊夫人から、あなたへ

ボナペティ!について色々ご紹介しました。
ボナペティは「Bon appétit」と書くフランス語です。

意味は「召し上がれ」という意味で使うのが一般的ですが、昼前の挨拶としても使うことも多いです。
昼前の挨拶としての意味は「よい昼食をね!」という心使いの意味で、声を掛け合っています。

実は食べる前でも、すでに食べている状態にでも「ボナペティ」と言うことが出来る言葉なので、長距離電車の隣に座った人が食べ始めたら、是非声を掛けてみてくださいね!

楊夫人
ボナペティ!は優しい心使いの言葉でした!

フランス語の挨拶一覧!とっさの時でも困らない便利なフレーズまとめに戻る


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。


関連コンテンツと広告


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。


関連コンテンツと広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする