フランス語でサバってどういう意味?ぜひ覚えたい超便利なこの言葉!

フランス人が話す言葉でよく耳にする『サバ』って気になりませんか?

一瞬日本語にも聞こえるこの言葉ですが、実際の意味は?

さらに…

  • どんな時にサバ?と言われるの?
  • 一体どんな綴りで書くの?
  • サバと言われた時にどう返事すればいいの?

そんな疑問にお答えします。

記事を読み終えると、今まで知らなかった簡単なフランス語が理解出来ますよ。

ではこれから一緒に見ていきましょう。On y va! オニヴァ!

フランス語で「サバ?」とは?

フランス語で「サバ」とはÇa va サヴァと書きます。

そして、実は様々な意味が含まれているんですよね。

普段一番よく使うのは「元気?」という意味。

さらに、「大丈夫?」という気遣いの意味の2つで、よく使われます。

この2種類の意味で、使わない日がないほど!

カタカナにしても「サヴァ」と3文字なので、覚えるのも簡単ですよね。

では、次に実際どのように使われるのか、会話形式でお伝えしますね!

フランス語の「サバ=元気?」の使い方とその返事

まず基本的な挨拶の「サバ=元気?」の場合。

A子: Bonjour!, ça va
ボンジュー! サヴァ?

「おはよう!どう調子は?」

B子:Bonjour! oui, ça va merci! et toi?
ボンジュー! ウイ、サヴァ、メルシー! エ トワ?

「おはよう!うん、(調子は)いいよ、ありがとう!あなたは?」

A子:Ça va.
サヴァ
「元気よ」

このように「サヴァ?」と言われたら「サヴァ」と同じ言葉を言えばOKです。

では反対に、元気ではない時の返事の仕方を、お伝えしますね。

いわゆる調子が良くない時はどう言うというと、一番シンプルにこの様に言ってください。

A子: Bonjour, ça va
ボンジュー! サヴァ?

「おはよう!どう調子は?」

B子:Bonjour, non, ça va pas…
ボンジュー! サヴァパ…

「おはよう、(調子は)ううん、良くないの…」

この様に「サバ 」の後ろに否定の「パ=pas」を付けます。

簡単でしょ?

でもこう答えると、後から

A子:Qu’est-ce qui t’arrive ?(Qu’est-ce qui vous arrive ?)
ケスキ タリ-ヴ?(ケスキ タリヴェ?)

「何があったの!?」

と質問されるので、説明するのが面倒な時は

B子: Oui, ça va…
ウィ、サヴァ…

「うん、まあ大丈夫…」

と、「サヴァ」の発音のト—ンを低めに言ってください。

こうすると「まあ、なんとかやってるよ」というニュアンスになるので、同じ言葉でその場をしのげます。

実際、この様に返事しているフランス人をよく見ますよ(笑)

私もこのワザを発見してから、この様に適当に返事することが増えました。

次にもう一つよく使う「大丈夫?」という意味の「サヴァ=大丈夫?」の会話をご紹介しますね。

フランス語の「サバ=大丈夫?」の使い方とその返事


これも本当によく使う「大丈夫?」の意味の「ça va

この場合も簡単な使い方が出来ますよ。

こちらも会話形式で見て行きましょう。

A子:Ah!
ア!(何かにぶつかり、思わず出た声)
「あ!」

B子: Ça va
サヴァ?
「大丈夫?」

A子Oui, ça va ça va!
ウイ、サヴァ、サヴァ!

「うん、大丈夫、大丈夫!」うん、大丈夫、大丈夫!

会話のほとんど「サヴァ」だけで成り立ちます(笑)

ポイントはやはりイントネーションで、尋ねる時は「Ça va?↑=大丈夫?」と語尾を上げる。

反対に返事の「Ça va=大丈夫↓」は下げてくださいね。

これだけで会話がバッチリ出来ますよ。

「ça va サバ」のバリエーション

実は「サバ」には色々なバリエーションがあります。

家族や友達や、親しい間柄でよく使いますし、メ-ルにも書きますよ!

例えば「ça va」の後ろに、1単語付け加えた言葉。

Ça va bien?
サ ヴァ ヴィアン?
「元気?」

a
もしくは「ça va」の前に1単語付け加えた言葉。

Comment ça va?
コモンサヴァ?
「元気?」


どれも意味が同じ「元気?」とか「どう?」と言う意味です。

時々変化を付けて、言い換えてみるのもGoodです!

返事は同様に「Ça va サヴァ」でOK。

もしくは同じ意味の語尾に「bien ビアン」が付いた「Ça va bien サヴァ ビアン」でもいいですよ。

※「bien ビアン」が付いても意味は変わりません。

次は日本でも、フランス語と言えばよく聞く「コマタレブ」について解説します!

フランス語の「サバ?」と同じ意味の言葉の「コマタレブ」

知らない方やあまり親しくない関係では「サヴァ」よりも「コマタレブ」

これは丁寧な言い方なんですよね。

実は、私自身あまり使いませんが、たま~にすれ違いさまに聞くこともあります。

特にお年を召した方から聞くことが多いですが、この様に綴ります。

Comment allez-vous?
コモ タレ ヴ?
「お元気ですか?」もしくは「調子はどうですか?」


もしくは同じ意味ですが、下の表現もよく使いますよ。

Vous allez bien?
ヴ ザレ ビヤン?
「お元気ですか?」もしくは「調子はどうですか?」


これも「ça va サヴァ」同様に、挨拶の時に挨拶の時に交わす言葉です。

こう聞かれたら、

Oui, ça va bien, merci!
ウィ サヴァ ビアン メルシー

「 はい、元気です、ありがとう」 と覚えておいてくださいね。

これでバッチリです!

最後にフランス語の「サバ」についてあなたへ

フランス語の「サバ」とは一体どんな意味?との疑問をお伝えしました。

この意味は「元気です」「大丈夫です」という時に使う言葉でした。

相手に元気かどうか尋ねる時は「Ça va サヴァ↑?」と語尾を上げて言い、

返事する時は「Ça va サヴァ↓」と下げて言うだけでOKです。

もし誰かが転んだり何かあった時も、大丈夫かどうか尋ねる時には同様に聞いて下さい。

短い言葉で、簡単にコミュニケーション取れますので、知っていて損はありません!

是非フランスにいらした時や、フランス人と会話する機会がある時に是非使ってみて下さいね!

フランス語のメッセージ例文集一覧!便利で役立つフレーズ総まとめ


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄、お問い合わせ欄、公式ラインよりお気軽にお寄せください。
\フランスプチ手帳の公式LINE始めました /

LINEでしか話せない、耳より情報をコッソリお届けします。

下の『Add friend友達追加』をクリックしてくださいね!

友達追加

あなたの応援クリックが私のカンフル剤!ポチっとクリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
関連コンテンツと広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする