フランス語での自己紹介!”私の名前は”とは実際あまり言いません

ランス語の自己紹介をする際、どんな表現を使って自分のことを語るのかご存知でしょうか?

よくある本では「私の名前は…です」こと”Je m’apelle…”と書かれていますが、実はあまりこのような表現をしていません。

  • “Je m’apelle…”と言わないのなら、じゃあどんな表現で名乗っているの?
  • フランス人の自己紹介の仕方って実際の所は?
  • 自己紹介時にまつわる質問は?
  • 友達を紹介する時の言い方は?

そんな疑問にお答えします。

参考書に書かれいるフレーズも知っておくことは大事です。

ですが、もっと実際現地で使われるフレーズも覚えていると、さらにGood!

それでは、一緒に見て行きましょう。

自己紹介の前に、とりあえずあいさつ

日本でもそうですが、まずは挨拶しましょう。
自己紹介はその後です!

  • 朝と昼の場合
    Bonjour ボンジュ-
  • 夕方から夜の場合
    Bonsoir ボンソワ 
  • 子供や友達や仲間内 (一日中OK)
    Salut!
    サリュ

挨拶をしてから自己紹介をしますが、実は初対面の自己紹介は、思ったほど気負わなくてもいいものでした。

では、名乗り方から見て行きましょう!

あいさつした後に、いざ名乗ろう!

私が直面した、よくある一場面からご紹介しますね。

フランス人のカジュアルな自己紹介の基本はこんな感じですよ。

同年代や友達などのフランクな間柄

Y:Bonjour c’est Yoshiko. こんにちはヨシコです。
E:Bonjour Emma. こんにちは、エマよ。
Y:Ca va? 調子はどう?
E:Oui, ça va et toi? うん、元気。あなたは?

Y:Ca va. うん。まあ、元気。


と、あっさりとこの程度で終わります。

C’est Yoshiko”と言う様に「ヨシコです」という人もいますが、“Yoshiko”だけ言う人もいます。

ですが、仲間内や友達の間ではこんな感じが多いですよ。

多くは挨拶のビズをしながら”Bonjour Yoshiko こんにちは、ヨシコよ”と挨拶をしつつビズのが一般的。

名乗った後に、何をしてるのか尋ねたり、以下の様な質問をして話をつなげています。

  • Est-ce que tu travailles ? (tu travailles ?)
    エ スク チュ トハヴァイユ?(チュ トハヴァイユ?)
    「仕事してるの?」
  • Est-ce que tu es étudiant peut-être?
    エス ク チュ エ エチュディオン ポテ-ト?
    「学生(大学生)?」
  • Tu habites d’ici?
    チュ アビテ ディシ?
    「この辺に住んでるの?」

実際の雰囲気が伝わったでしょうか?

特に友達の関係だと「Je m’apelle…」と自己紹介はほとんどしません。

ただ、フランス語講座などで自己紹介する際は、「Je m’apelle…」と名乗ることがありました。

ちょっと改まった時に「Je m’apelle…」と名乗るといいのでは?と今までの経験で感じています。

名前がわからない時の尋ね方は?

名前が分からない時は、尋ねましょう!

丁寧な言い方と、フランクな尋ね方それぞれをご紹介しますね。

面識のない人に尋ねる、丁寧な言い方

「お名前をお伺いしてもよろしいですか?」
Comment vous appelez-vous?

コモン ヴ ザプレ ヴ?

これでOKです!

子供などに向かって言うフランクな言い方

「君の名前、なんて言うの?」
Comment tu t’appelles?

コモン チュ タぺル?

“Tu チュ”という友達関係の間柄の言い方はこんな感じです。
では、次に「あ!以前聞いたけど、忘れてしまった!」と言う場合はどう聞くか?です。

一度聞いたけど、忘れてしまった時に再度聞く場合

「君の名前、なんて言うんだったっけ?」
・Comment tu t’appelles déjà?
コモン チュ タぺル デジャ

déjàを入れて下さい。
これで「以前一度聞いた」という表現になりますよ。

人を紹介する時のフランス語のフレーズは?

知人やお友達を、人に紹介する場合のフレ-ズです。

こちらも丁寧な言い方と、友達同士の間柄のフランクな表現の2種類、お伝えしますね!

丁寧な言い方
Je vous présente Madame Tanaka.

ジュ ヴ プレゾン マダム 田中.
「あなたに田中さんをご紹介します」
 
友達関係のフランクな言い方
Je te présente Yoshiko.
ジュ トゥ プレソン ヨシコ.
「君に、ヨシコを紹介するよ」 

もしくは

C’est mon amis,Yoshiko qui viens de Japon.
「日本から来た友達のヨシコだよ」

このように紹介してくださいね。

最後にフランス語で自己紹介についてのまとめ

フランス人の実際の自己紹介の仕方を、ご紹介しました。
以外や、とてもアッサリしていました。
これだと、気負わずに出来そうだと思いませんか?

今回の押さえたいポイントは以下でした。

  • 自己紹介の前にすること
  • 自分の名前の名乗り方
  • 相手の名前がわからない場合の尋ね方
  • 人を紹介する時の仕方

これさえ押さえておけば、初対面でもそんなに固く考えずに、気楽に自己紹介出来ますよ!

緊張してしまいますけど、フランス人のように挨拶と名前をサラっと名乗るだけでOKです。

>>フランス語の挨拶 まとめぺ-ジに戻る


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄、お問い合わせ欄、公式ラインよりお気軽にお寄せください。
\フランスプチ手帳の公式LINE始めました /

LINEでしか話せない、耳より情報をコッソリお届けします。

下の『Add friend友達追加』をクリックしてくださいね!

友達追加

あなたの応援クリックが私のカンフル剤!ポチっとクリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
関連コンテンツと広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. feugeot208 より:

    単語カードにまさに今「私の名前は〜です」を書いて、フランス語での綴りを検索したら楊夫人さんの記事が一番上に表示されました。

    実際には使わないんですね、、(^◇^;)
    このウォークマンで使えるフランス語、どれだけそういう実際に使わないのが入ってるのかと思うと、うーん(´-`).。oOって悩んでしまいます。

    今度から楊夫人さんのブログで一通り見てから、必要な表現だけ覚えた方が早そうです^_^
    ありがとうございました

    • 楊夫人 より:

      feugeot208
      そうですね、普段の会話ではフランス人からは「Je m’appelle ~ 」とは言われません。
      「Bonjour」と挨拶して「Jacques ジャック」とだけ名乗ったり「C’est Jacques ジャックです」と言ったりする場合が多かったです。

      ですが、使わないとしても、一応基本として知っておいた方がいいです。
      知識として知っておき、使うか使わないかは実際フランス人との会話をする中で学ぶと良いと思いますよ!

      フランス語講座の初級では、やはり「Je m’appelle ~ 」と習った記憶があります。

      • feugeot208 より:

        そうなんですね!
        じゃあ基本として、迷わず覚えて進むことにします!
        ありがとうございました^_^!