フランスのメッスのレストラン2moisellesは凝った料理で満足度アリ

フランスはロレーヌ地方にある3000年の歴史を持つ都市、Metz(メッス)。

そこで友達とレストラン「2moiselles」ランチをしてきました!

なかなかメッスのレストラン情報がないので、ここで皆さんにシェアしますね。

接客も丁寧で親切だったので、おススメ!

では、さっそく私の注文した料理をご紹介しますので、参考になさってください。

現代的なエレガンスあふれるビストロ「2moiselles」

2人の女性が経営している「2moiselles」。

友達曰く以前は、もっとかわいらしい雰囲気だったそうですが、改装してシックなインテリアに変わっていました。

ここは評価も良く、友達の旦那さんが好んでくるビストロで、連れてきてもらったんですよね。

メニューは?

普段は平日限定の定食こと「Les Formules autour du plat du jour」があります。

お肉か魚を選べて、価格は以下の二種類選べるんですよ。

Le Plat du jour : 11 € (定食のみ)
Plat et dessert : 16 € (定食とデザート)

※飲み物は別

結構お手頃でしょ?

ですが、今回はコロナウィルスの影響でお客さんが少ないことで、ありませんでした。

よって、私達は「Menu Gourmand グルメメニュー」という、コースを選択!

価格は
Menu Gourmand:34 € (グルメメニューのみ) 
Menu Gourmand:39 € (グルメメニューとデザート)

オントレとメインの2品ですが、あとでカワイイサロンドテでお茶したかったので、あえてデザートとカフェは止めたんですよね。

でも、これが正解!

この2品ですでにお腹いっぱいだったんですよ。

では、早速どんな料理だったかご紹介しますね!

Menu Gourmandのコーススタート!

まず出たのが「Mise en bouche=前菜」 です。

綺麗でかわいい!

上は生クリームで、下はトマトや野菜のマリネでサッパリ!

この日は暑かったので、このひんやりした軽い前菜は、とても美味しかったです。

サイズは、手のひらに乗るほどのかわいいサイズでしたよ。

3口とはいいませんが、ぺロっと頂きました。

それと同時に、パンも付いてきましたよ~。



なんと、お菓子の型に入ってました!

こんな使い方があるのね~!と使い方を再発見。

家で真似すると「お皿なかったの?」と思われそうですけどね(笑)

レストランでは、いいかもしれません!

では次にアントレです。

次に、お待ちかねのアントレ!

前菜こと、アントレ(entrée)オントレとも、聞こえます。

トマトのガスパッチョか悩みましたが「Cannelloni de mangue au crabe et fruit de la passion」に決定。

訳すると「蟹とパッションフルーツのマンゴーのカネロニ」

一体どんなの?と思いますよね、私は「カネロニ=筒状のパスタ」と書いていたので、てっきりパスタが来ると思っていましたが!

現物はこちらです!お皿が青くて、涼し気でした。

一瞬オレンジ色の「若鮎」?と思いました。

んなわけないですけど、よく考えれば「マンゴーのカネロニ」

薄くスライスしたマンゴーの中に、蟹とパッションフルーツが入っていたんですよね。

アップにすると、こんな感じ。

食べた感想ですが、パッションフルーツとマンゴーの甘さが引き立ち、後から蟹の風味がやってきて、とても美味しかったです。

これは、なかなか思い浮かばない組み合わせの一品でしたよ。

食べられるお花も添えてあって、目で楽しめました。

恐らく、日本人の口に合う美味しさだと思います。

では最後に、メインのお肉です!

最後に選んだメインのお肉は?

もう一種類は魚のCabillaud rôti(タラのロースト)でしたが、ガッツリお肉を選びました。 

「Picanha de bœuf, beurre au piment d’Espelette, légumes et maïs
grillés」

訳すると「牛肉のピカーニャ、エスプレットのピーマン野菜ととうもろこしのグリル」

※ピカーニャとは腰からお尻にかけての大きな赤身の部分です。

で、ジャン!大きいお皿が到着~。

なんだかBBQの様です。

アップしてみたら、こんな感じ。

左のお肉に挟まっている、オレンジっぽいものはバターです。

これがまた美味しい~!

このバターを付けてお肉を頂きましたが、柔らかくてお肉がジューシー。

焼き加減は選べましたが、

  1. bien cuit(ビヤンキュイ) ウェルダン
  2. à point(アポワン) ミディアム
  3. saignant(セニャン) レア
  4. bleu(ブル) 超レア

ですが、私達は無難に「à point」 にしました。

野菜のローストも甘くて美味しく、全部完食!

斜めに座っていた男性のお客さんたちも、同じものを注文していらしてましたよ。

本当にお腹いっぱいになりました。

最後に「C’était très bon! merci とても美味しかったです、ありがとう!」と言いました。

ごちそうさまでした。

その後、腹ごなしに散歩したのは言うまでもありません(笑)

2moisellesの住所と場所

フランスはメッスにあるレストラン「2moiselles」は、メッスのセンターからちょっと離れますが、そう遠くありません。

メッスのセンターの地図でいうとココ。

大聖堂から歩いて約10分ほどです。

「2moiselles」

住所:3 Rue du Grand Wad、57000 Metz
電話:03 87 62 13 72
URL:https://www.2moiselles.net/

最後に〇〇についてあなたへ

フランスのメッスのレストラン「2moiselles」をご紹介しました。

ここは「2019 Petit Futé」に選ばれた、高評価のレストランです。

定食を食べられなかったのは残念でしたがMenu Gourmand」は大満足でした。

次回は定食を頼んでまたリポートしたいと思います。

ここはメッスの中心地から少し離れているので、静かで落ち着いた場所でした。

ちょっと喧騒から離れたいあなたにはぴったり!なので、カテドラルから歩いても約10分ですし、おススメです。

是非、メッスにいらしたらこのお店をどうぞ。


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄、お問い合わせ欄、公式ラインよりお気軽にお寄せください。
\フランスプチ手帳の公式LINE始めました /

LINEでしか話せない、耳より情報をコッソリお届けします。

下の『Add friend友達追加』をクリックしてくださいね!

友達追加

あなたの応援クリックが私のカンフル剤!ポチっとクリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
関連コンテンツと広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする