パリのお土産選びは?ばらまき用の配りやすくて美味しい6品ご紹介!

楊夫人のサイトへようこそ。
フランスはロレーヌ地方で生活をしている楊婦人が現地から生の情報を発信しています。
ごゆっくりご覧になってください。

楊夫人
パリ土産探しでお悩みはありませんか?

特に、職場の同僚や仲間内に大勢に配るばらまき用は、美味しくて手頃な予算で抑えたいものです。

・でも正直、お土産選びに時間を掛けたくない!
・折角パリのお土産だし、センスイイネ!と言われたい!!

そんなあなたに、実際私も友達に渡して好評だった、お土産をシェアしたいと思います。
タイトルにはパリと掲げていますが、フランスのどの地方でも手に入り易い物を選びました。

今回は、美味しいのはモチロン!配りやすい個別包装されたお菓子を厳選してご紹介しますね!

では、これから私と一緒に見ていきましょう。On y va! オニヴァ!(Here we go!)


スポンサーリンク


個包装されたフランスのお菓子 クッキ-編

やはり、個別包装されたお菓子は職場で配りやすくて便利ですよね!
フランスで人気の商品と、実際に友達に好評だったクッキーを3種ご紹介します。


う~ん、3つもあるとどれを買っていいか悩んじゃう!とならないように、それぞれの特徴別におススメします。

1.見た目も重要!おしゃれなパッケージのものがいい!
2.出来るだけ安心出来る、良質な材料のお菓子をお渡ししたい!
3.美味しさもさることながら、量が必要!!


と、この3本立てで行ってみま~す!
では、それぞれの特徴を、じっくり見て行きましょう。

ラ・メール・プラールのクッキー(見かけもバッチリ!)



ジャン! 最近パッケージが変わって洗練された「La Mère Poulard ラ・メール・プラール」のクッキー!
以前はクラッシックなデザインでしたが、ずいぶん垢ぬけてグっとシャレオツ!!

楊夫人
テ-ブルの上に置いていても、なんだかオシャレな感じしませんか?


ショコラ(チョコレート)クッキーも美味しいですが、お勧めはやはりプレーンなバタークッキーでしょう(写真の中で上にあるものです)。

何と言ってもバターの味が口に広がる濃厚な味がたまりません。

grandes galettes(大きいガレット)と書かれているように、デカ!と思うサイズですよ。

なかなか食べ応えのあるクッキーです。



1つの小袋にクッキーが2枚入りで、計4袋入りです。
大きいので、コーヒー1杯に2枚で十分でしょう。

価格ですが、バターガレットは1,65 €(約220円)で、
ショコラは、1,90€(約250円)です!

楊夫人
実家に来てくれた、地元の友達のお茶うけに出したら「すごく美味しい!」とのこと。
食べ切れない分は、手土産に渡して持って帰ってもらいました。

サンミッシェル ガレット(材料重視!)



フランスでも大人気!のSt Michel サンミッシェル」のガレット(クッキー)
自然環境を尊重した小麦と、2015年以来100%は野外で飼育された鶏の卵で作られていている、こちらのガレット。
パーム油も使っていませんので、安心して食べられるお菓子の1つです。

フランス人の夫が太鼓判を押すクッキーですが、バターの濃厚な味に、母にも好評でした。

楊夫人
焼き色が美しいのもポイントですよ!まるで銅メダルのようです。




こちらは1箱に、5枚入りの小袋が4袋(計20枚)入っています。
5枚は結構多いと思いませんか?

1箱は1ユ-ロ(約130円)したかしないかの、安さもポイント!
私はお徳用の2パック買ったので、もっと安かったはず。

ただ1箱4袋入りなので、大人数の部署のばらまき用には向いていないと思います。
安いですが、何箱も買うのも嵩張りますしね。(軽いですが…)
楊夫人
どちらかと言うと、少人数の職場や仲間内におススメしたいです。


アマゾン、楽天にもありました!
しまった~~!?お土産が足りない!と発覚した時の助け舟にポチッとどうぞ(笑)


参考文献:stmichel.fr

ロータス オリジナル カラメルビスケット(とにかく量!)



フランス人の夫はこのクッキーのことを「スペキュロス」と呼んでいる、「Lotus Speculoos ロテュス スペキュロス」です。
これ、時々カフェでコ-ヒ-を頼むと横に添えられることのある、クッキーなんですよ!

楊夫人
このクッキーを見るとヨ-ロッパのカフェを彷彿とさせると言っても、過言ではない雰囲気のある一品


シナモンの香りが漂う小さなクッキーなので、まさにコ-ヒ-のお供にぴったり
紅茶でも、ココアでも、緑茶にも合うと思います。

ちょっと甘いもの欲しいなと思った時に、丁度良いサイズでお勧めです。
楊夫人
ただ…これフランス菓子ではなくて、ベルギー菓子なんです(すみません…)

ま、美味しければいいでしょう😓これは軽いですし、持ち運びに便利です!

このクッキーは、小袋に2枚入りです。

価格は8袋入りで、1,29 €(約170円)です。

これも、アマゾンや楽天でも販売していますね。
食べ切ってしまったけど、もっと食べたい!!時にどうぞ(笑)

個別包装の美味しいフランスのチョコレート編

甘いものをあまりっ食べない男性が多い職場に、ほろ苦い大人のチョコレートをご紹介します。
チョコレートは重いので、出来るだけ量が多く、小分けされたものをご紹介しますね!

コートドールのブラックオレンジチョコレート Côte d’or MIGNONNETTE Noir Orange



Côte d’orのカカオが54%のブラックチョコレートです。
色々ス-パ-で探しましたが、手ごろで美味しく、且つ枚数が多いのはこれかな?と。

オレンジピール入りで、とてもコ-ヒ-に合います。
甘くないので、これなら男性にもいいかも!



24枚入りですので、大所帯の部署なら一人1枚づつ配っても、24人までこの1箱でOK(笑)

価格は、約3.5ユ-ロ(約455円)!
かなり安上がりですよ。

生憎、この商品はアマゾンや楽天に同じものがありませんでした。
代わりにと言うとなんですが、こちらも悪くないと思います。

フランスのバターを使ったお菓子 キャラメル編

大勢に配ることが出来る、コストパフォーマンス大!の飴ちゃん(キャラメル)。
フランスならではの、美味しいキャラメルを2種類ご紹介しますね。

バター風味の濃厚キャラメル(歯に若干くっつきます)



大概のス-パ-でも置いているのは上の写真の「Magnificat マニフィカ」
バタ―、クリームフレッシュ、ミルクで出来た、コクのある飴ちゃんです。

なんと1936年に作られ、今も変わらないレシピで作られているフランスのクラッシックなキャンディなのです!

パッケージもノスタルジックな感じしませんか?


泣く子も黙る、ドヤ!っとメイドインフランス


表面は硬いですが、中央にトロけるクリームが入っており、表面をガリっと噛むと、トロっと出てきます。

楊夫人
実はこの飴は、日本の友達に教えてもらったのです!そう、私は存在すら知らかったのですが、実は夫の大好物で、気が付いたら一袋無くなっていた!?いわくつきです。


疲れた時に、パクっと一口!にぴったり。
一個でいい所ですが…
太りそうだなと思いつつも、美味しいのでつい手が伸びてしまう罪深い飴なので、ご注意あれ。

価格は、1.76 €(約230円)です。
安いので、ス-ツケ-スに余裕がある場合に、1袋買うのもヨシ!

美味しいイズニ―のキャラメル(歯にバリバリくっつきます)



商品名は「Assortiment de caramels au lait frais d’Isigny」
訳すると「イズニーのフレッシュミルクのキャラメルアソ-ト」です。

楊夫人
お気づきのあなたはフランス通!そうイズニ-はマツコさんの番組でも登場した、イズニーバタ-のイズニーです!


この袋の中には、saveurs vanille(バニラ), chocolat(チョコレート), café(コ-ヒ-), noisette(クルミ)の4種類のフレイバ-が入っていました。

ちなみに、この商品Reflets de Franceは、カルフール(Carrefour)のプライベートブランドなので、カルフールで見つけられます。(カルフールマ-ケットにもありました)

こちらの特徴はというと、柔らかいキャラメルなので、すぐ口の中で無くなります!
そして、歯にめちゃくちゃくっつきます!!

楊夫人
歯にくっつくのは困る…というあなたは、避けた方が無難でしょう。


私個人的には、ブルターニュ地方の塩キャラメルはどれも美味しいと感じるので、どれを大きなハズレはないと思います。

ちなみにフランス語で塩バターキャラメルのことを「Le caramel au beurre salé ル カハメル オ ブー サレ」と言います。
パッケージをチェックしてみてくださいね!

価格は、2,29€(約300円)です。

楊夫人
スーパーで選ぶなら、歯にくっつかない飴も売っています。ですが正直、わざわざフランスで買わなくてもいいような、普通の飴が多いですよ。


マルシェや物産展などで販売している、手作りのオリジナルの飴以外でしたら、スーパーで「Magnificat」を買ってください!!
間違いありません。

最後に楊夫人から、あなたへ

今回は、小分け包装で配りやすい、お菓子のばらまき用としてのパリ土産をご紹介しました。
恐らく職場様に購入される方が多いのでは?

私もかつて、バリバリお茶くみを経験したOL。
その時代を振り返って選んでみました。

クッキーなら
La Mère Poulard ラ・メール・プラールのクッキー
St Michel サンミッシェルのガレット
Lotus Speculoos ロテュス スペキュロスのクッキー

チョコレートなら
Côte d’or MIGNONNETTE Noir Orange コートドールのブラックオレンジチョコレート

キャラメルなら
Magnificat マニフィカ
Assortiment de caramels au lait frais d’Isigny イズニーのフレッシュミルクのキャラメルアソ-ト(スーパー カルフールグループのみ!)


以上、6品を私はお勧め!
参考になればとても嬉しいです。

なるべく手間を取らせないお菓子を買うのも、デキルアナタの見せ所(笑)!
さらに美味しい!となれば株が上がるのも間違いありません。

楊夫人
お土産のお菓子と共に、コ-ヒ-タイムにフランスの旅話で花を咲かせてくださいネ。


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。

ランキング

ブログランキングに参加しています。
フランス愛ブログ作成の励になるので、
応援のポチをお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする