フランス語の発音はサイトを見るだけじゃダメ。効果的な練習とは?

パニ子
フランス語の発音って難しいよね。なかなかフランス人のようにいかないや。
ミミ
そうよね、どこから音を出しているか、わかんない音もあるよね。
パニ子
そうなのよ、一人で本に付いてたCD聞いても、動画見ても、ちっとも上達しないの。
ミミ
聞いたり見たりする以外に、何か良い発音の練習方法は、ないのかしらね?

スポンサーリンク


どうしたら正しい発音が出来るようになるの?

結論から言いますと、フランス語のネイティブに自分の発音を聞いてもらい、正しい発音に訂正してもらうことです。
これが一番早く上達する方法です。


身近にフランス人がいないのよ…と仰るあなた!
発音は、出来るだけ必ずネイティブに付いて、練習して頂きたいところです!!

私もフランスに住んでいますが、家庭教師を頼んで、2週間に一度教えてもらっています。

「あなたの夫はフランス人でしょ?それなら彼に教えて貰えばいいじゃない!」とお思いでしょうが、そうは問屋は卸しません。
なぜなら、フランス人なら全員正しいフランス語を解説してくれるか?というと、実はそうではありませんでした。

仕事から帰った疲れた状態で、下手なフランス語なんて聞きたくないし、ましてや懇切丁寧に説明なんて毎晩やってられない!
はっきりこう言われた訳ではありませんが、ヒシヒシと感じました。
逆もしかりで、私も通勤疲れの後、家でくつろぎたいのに、日本語の解説するのを想像すると、しんどいです。


それで思い切って、フランス語のプロの先生に頼んだ方が良いと判断し、お願いしたら大正解。

習って思ったことは、やはりプロは違います。
先生の長年の経験からか、解説がとてもわかりやすかったので、悩んでいる時間が減りました

効率の悪い勉強法で、長年時間を無駄にした私から申しますと、ここは一つ、あなたにも是非先生に付いて教えて貰って頂きたいです。
多少お金を払ってでも、その方が時間短縮出来ますし、伸びが早いのでお勧めします。



スポンサーリンク


個人レッスンをお願いする先生の選び方

ビギナ-の方は、なるべく日本語を話すフランス語の先生に頼んでください。

フランス語しか話せない先生とは、意思の疎通に時間が掛かってしまいます。
質問したくても出来ないし、先生の話す内容が理解出来なければお金が勿体ないです


多少フランス語で意思の疎通が図れるようになれば、思い切ってフランス語しか話せない先生に付くのも手ですが、最初は理解出来ることを最優先にして下さいね

本当は直に会ってレッスンを受けるのが、音がクリアに聞こえるので一番効果的ですが、田舎住まいで身近にフランス人が居ない場合は、スカイプでも良いと思います。

今回は、私が先生に習ったアドバイスと、家で一人で出来る効果的な発音の練習法をご紹介します。
私が実際に、試して良かった方法も、加えてお伝えいたしますね。

口と舌のエクササイズをする

発音の練習をする前に、口と舌の体操をします。
私はフランスに来て、数年経てから「フランス語の発音って日本語と違って、口と舌の中の動かす部分が違う!!」と、やっと気づきました。


日本語の発音法では、フランス語の正しい発音は出来ません。
かと言って、いきなりフランス語の口の動かし方をせよ、と言われても正直難しいです。

ですので、まずこの下の動画を見ながら、口の動かすトレ-ニングをしてみて下さい。
正しい発音かどうかはさて置き、とにかく聞いて真似して、口と舌を動かしてみましょう。


1.トレ-ニング 「ピアノ パニエ パニエ ピアノ」

0:58から始まる早口言葉のようなリズムで「Piano Panier Panier Piano=ピアノ パニエ パニエ ピアノ」と4回ほど真似して練習をしてください。

2.トレ-ニング 「君のお茶で、しつこい咳を直せた?」

1:06から別の文章を練習しますが、これはちょっと難しいのでしなくてもいいです。
ちなみにその文章とは「Ton thé t’a-t-il ôté ta toux tenace?=トン テ タ ティロテ タ トゥ トゥナス」。


この文章は、この様に区切って発音してみて下さい、区切ると発音しやすいですよ。
区切ってリズムに乗せて言うのがコツです!

Ton thé/ t’a-t-il ôté/ta toux tenace?
トン テ / タ ティロテ / タ トゥ トゥナス?


タン タ/ タ タ タ タン/ タ タ タ タン ←手を叩きながら、このリズムに乗ってください。

意訳ですが「君のお茶で、しつこい咳を直せた?」という感じです。
このフレ-ズ、実際に使う機会は、あまりなさそうですけどネ。

3.トレ-ニング 「ペンを咥えて発音練習」

1:22から始まる練習方法は、ペンを口で咥えて、トレ-ニング1と2のフレ-ズを言う事です。
ペンが落ちないように発音してくださいネ。

口の形を見る

発音する際、これが最も重要ポイントです。
しっかり口の形を見て下さい!!

正しい口の形をしなければ、正しい発音になりません。
反対に言うと、正しい口の形さえすれば、正しい発音になります!

正しい口の形とは、今から解説する下の写真をご覧くださいね。

注意が必要な母音の口の形と、難しい「r」について説明します。
それぞれ似た様な音ですが、若干口の形を変化させることで、音が変わります!

1.「e」の口の形


アクソン=アクセント符号のない「e」の場合ですが、写真内の口の形のように、口をすぼめるとまで行きませんが、前歯が若干見えるぐらい開けて、口を丸くし「ウ」と発音します。

■「e」の含まれている単語と言えば、こんな単語がありますよ。
chemin,cerise,fenêtre,matelas,cheval,navire,etc..

口の形を意識して、是非発音してみて下さい!

2.「é」の口の形

次は、accent aigu アクソンテギュ付きの「é」の口の開け方はこうです。


横に口を開くというか、若干引っ張り気味で発音する「エ」です。
そう、横に開くか、縦に開くかで音が変わるのです!


私も最初はこの音の違いが分かりませんでしたが、単語の中にこの「é」が現れた時には、この口の形を定着させて、ひたすら発音するのです。

原始的な方法ですが、何度も「é,é,é,é,é,」と言うのが、一番早くて効果アリです。

■「é」の含まれている単語と言えば、こんな単語があります。
épée,vélo,bébé,clé,poupée,tétine,blé,café,numéro

3.「è」の口の形



accent grave アクソングラヴ付きの「è」です。
この上の写真の口の開き具合を見て下さい。
上の「é」より、少し縦に開いてませんか?上下の歯の間の黒い部分が、「é」よりやや大きいです。
こんな少しの違いで変わるの?と感じますよね、私も同じくそう思いましたが、この差で音が変わります。

ちなみに、この写真の右上のように、「è」「ê」も同じ形で発音します。

■「è」「ê」の含まれている単語と言えば、こんな単語があります。
chèvre,pièce,très,mère,après,fête,rivière,fièvre


※ちなみに、「ef」「er」「ec」「ep」「el」「es」「è」と同じ口の形で発音します。
下の写真をご覧ください。



■例えば、こんな単語があります。
avec,fer,respire,tunnel,lecture,reptile,escargot,chef

4.「u」の口の形


「u」と「e」の違いは、ズバリ、口の開き方が大きいか小さいかです。
上の写真の「u」の口の形をご覧ください。
「e」では見えていた前歯が、この絵では見えていませんね?
「e」よりももっと口を縮めると、ちょっと籠ったような「ユ」に近い「ウ」になります。
この音がフランス語の「u」なんです!


■「u」の含む単語と言えば、これらなどがあります。
usine,tulipe,tortue,mur,cube,plume

最初「u」と「e」の違いが全然聞き取れず、発音も出来ませんでした。
そこで、この口の形に忠実に発音して、ネイティブに聞いてもらうと「そうそう!」とOKを貰いました。
自分は正しい発音をしたという自覚が無いままでしたけど、正しく出来ていました。

自分が自覚なくても、その正しいと言われた形を忘れずに、その通りに発音していくことで、段々その音が、聞こえるようになってきます。
時間が掛かりますが、私も聞こえるようになりました。

5.「i」 「y」の口の形


横に口を引っ張って「イ」と発音します。
「i」「y」共、音は「イ」です。

■「i」や「y」の含む単語と言えば、これらなどがあります。
domino,locomotive,lis,bobine,syllabe,cygne,type

番外編「r」の喉の震わせ方



難関の「r」ですが、実はコツをつかむと、そう難しくはないんですよ。

うがいをするようにとか、痰を吐くような感じとよく聞きますが、それほど強くしなくてもいいです。
舌の付け根から少し上の当たりを少し口蓋垂に触るようにすると、発音しやすいです!

舌の先は日本語のラ行のように、上にくっ付けませので気を付けてくださいネ。

英語のrとは違い、巻き舌にはません。
「r」の発音は舌の根っこだけ使うだけです、と言って分かりますでしょうか?
私の書いた簡単な下のイラストを、頭の中でイメ-ジしてください!!



こちらの動画の1:09当たりをご覧いただくと、より分かり易いと思います。



動画の説明にもありますが、「r」の音は口の後ろと口蓋の間で起こる音とありました。
何も見ないで発音するより、この説明と動画の絵を見ながら発音した方が、正しい音が出やすいと思います!

スポンサーリンク


2つの音の違いを絵で説明します

微妙な2つの音の違いをご紹介します。

1.「et」と「est」


・「et」は口を横に開きます。
・「est」は「et」より、もう少し縦に口を開きます。

2.「on」と「an」


「on」は、アルファベットの「o」と同じ発音のように、歯が見えない程度に口を丸く開けて「オン」と発音します。
下の写真の「o」の歯が見えてない所を確認!



 ■例えば、こんな単語があります。
bouton,coton,savon,bonjour,bonbon,confiture


「an」は、アルファベットの「a」と同じ発音のように、歯が見える程大きく口を開けて「アン」と発音します。
下の写真の「a」の大きな口をチェック!


※ちなみに「en」も「an」と同じ発音です!!

例の単語は写真上をご覧くださいネ!

3.「ou」と「on」


ou」は口から息を吐く感じで「ウ」と発音します。
joue,boule,fourmi,route,souris,poule,bijou

「on」は上でも書きましたが、口を小さく丸くして鼻から言う感じの「オン」です。


私は最初、どうやって発音しているか分からず、夫の口を覗き込んだこともありました。
口の中の舌の位置も大事ですが、口の形もとても大事とは、当時は全く知りませんでした。

まとめ

日本語と発音する場所が違うフランス語。
私も、まずは聞き取りさえ出来ず、相当泣きました。


4年目辺りで、「フランス人にはなれない」、改めて思い知り開き直りました。
開き直りましたが、へたくそ!と言われるのが悔しいので(流石に目の前にしては言われませんけど)、ネイティブにどれだけ近づけるか
という所を重点に置いて、ぼちぼち練習しています。

“Je”(=私)の発音すら出来なかった私も、現在はどうにかこうにか学校へ電話したり、息子の友達のママさんたちに質問したり出来るようになりました。

こんなに発音の事を書いておいてなんですが、多少発音が悪くても、会話の内容や状況で理解してくれることも多いです。

完璧を求めなくても、通じれば最悪OK!!
一時期は、発音の下手さに自己嫌悪して、話すことが怖くなった時もありました。
でも、話さないことには何も始まらないので、頑張って話しするようにしています。


練習あるのみです。反対に言えば練習さえすれば上達出来ます!
千里の道も一歩より、私と一緒に頑張りましょう!







ディクテとは書き取りの事ですが、聞いた文章をノートに書き写す書き取り練習には、コツがありました。
こちらをご覧ください。

フランス語のディクテのコツは、ディクテ前にするべきことにアリ!


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。

スポンサーリンク

[`livedoor` not found]
LINEで送る

ランキング

ブログランキングに参加しています。
フランス愛ブログ作成の励になるので、
応援のポチをお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする