トレビアンの意味とは?実はこんなに色々な意味がある言葉だった!

「トレビアン」や「トレビア~ン」と、いう言葉をどこかで聞いた事がありませんか? 

一体どういう意味? 何語? とお思いかもしれません。

少しフランスやフランス語に興味のあるあなたなら、なんとなく意味を知っているかもしれません。

ですが、「トレビアン」実は意味が一つではないのです!

特にフランス滞在中でよく聞くこともあるので、それぞれの場面によっての使い方をお伝えしますね。

それでは、見ていきましょう!

「トレビアン」とは一体どんな意味?

よく使われる「トレビアン」の意味は「イイね!」「わかりました」です。

この2つの意味を聞いて「え?」って思いますよね!

このように色々な意味があるのです。

一言で「この意味です」とは言えなく、さまざまな用途で使う言葉なんですよね!

状況によって意味が変わるので、わかりやすくシチュエーション別にご説明しますね。

それではまず、代表的な意味からお伝えします!

トレビアンは、2つの単語で出来ている

実はトレビアンは、フランス語で「Très bien」と書き、2つの単語で出来ています。

日本風で書くと1つの単語のように書かれていることが多いですが、実は2つの単語で出来ているんですよ。

  • Très=「とても」「非常に」「大変」等、意味する副詞です。
  • bien=「良い」「良好な」「有効な」等、意味する形容詞です。

この2つの単語は、他にも色々な意味がありますが、まずはこんな感じで覚えてくださいね!

ステキね!のトレビアン

一般的に、日本人がイメージする「トレビアン」の意味はこれではないでしょうか?

  • 新しい髪型がステキだった時に言う「Très bienトへビアン」
  • 素晴らしいガーデニングの庭を見た時に言う「Très bienトへビアン」

    ※トレビアンのフランス語の発音は「トへビアン」に近いです。

まず代表的な意味でもある賞賛する時に使う「ステキね!」「イイネ!」「素晴らしい!」という意味のトレビアンです。

ほかにトレビアンと同じ意味の言葉では、以下のものがありますよ。

  • Magnifique! マニフィック
  • Excellent! エクセロン! 
  • Super! スペ―! 
  • Formidable! フォーミダ―ブル!


いつもTrès bienしか言えない…という場合、これらの言葉で変化をつけてみてくださいね。

バリエーションがある方が、会話も楽しめます。

かしこまりました!のトレビアン

続いての意味は、レストランで注文する時に言われる「かしこまりました」のトレビアンです。

これは、是非とも覚えていて頂きたい意味の一つです。

わかりやすいように、会話式で使われる状況を説明しますね。

ウェイトレス:「ご注文はお決まりですか? 」

「Vous avez choisi?」
ヴ ザヴェ ショワジ?

お客さん:「はい、今日の定食をお願いします」

Oui, je vais prendre un plat du jour s’il vous plaît.
ウィ、ジュ ヴェ ポ-ンド アン プラ ドゥ ジュ シルヴプレ

ウェイトレス:「かしこまりました」 

Très bien!
トヘ ビアン!

と、こんな感じで使われます。

私はこんな意味で使われているのとは露知らず「え?私の注文したものって、そんなに良い選択だったの?」と、長年思っていました。

どれだけおめでたい人間なんだ…。

みなさんは、私のようなボケた解釈をしないように、この意味も知っておいてくださいね!

良く出来たね!のトレビアン

同じく賞賛の意味で使われますが「いいぞ!」「上手いね」「よくやったね!」という意味のトレビアンです。

例えば、我が家の日常から例を出すと…

息子:「パパ!算数でTB+もらったよ! 」 

「Papa! j’ai eu des TB+ en maths! 」
パパ!ジェ ユ デ テ-ベ- プリュス オン マッツ

パパ:「すごい!よくたやったね! 」 

Très bien! C’est Très bien mon grand!!」
トヘ ビアン!セ トヘ ビアン! モン ゴ-ン

※1.「Très bien」も「C’est Très bien」も同じ意味です。

リズムよく言うために”C’est”を付けただけで、違いはありません。

※2.「mon grand」とは愛称です。 直訳すると意味は「私の大きいもの」より「私の大きい存在」みたいな感じです。

ちなみに「mon cheri モンシェリ」「mon amour モナムー(ル)」「mon coeur モン クー」などと同様の親しい人への愛称なんですよ!

 と、こんなシチュエーションで使われます。

ちなみに「TB+」とは「テ-ベ-プリュス」と発音し、フランス語の「Très bien plus」省略形です!

フランスの評価の単位でもトレビアン?

このように、評価の位にもトレビアンは使われているんですよ。

トレビアン「TB」と書かれ「テ-ベ-」と読みますが、2番目に良い評価です。

ちなみに一番良い評価は「TB+」「テ-ベ-プリュス」と発音します。

これはフランス語の「Très bien plus」の省略形。

余談ですが、ウチの小学校の先生の評価の段階は5つあります。

TB+(Très bien+)>TB(Très bien)>B(bien)>AB(Assez bien)>P(Passable)

日本でも「優、良、可」がありますよね?

そんな感じだと思って頂くとわかりやすいと思います。

それぞれの評価の意味については、今までの経験上こんな感じと思っています。

評価の位意味
TB+ (テ-ベ-プリュス)完璧(ミスがない)
TB (テ-ベ-)すごく良い(1つぐらいミスがある=惜しい!)
B (ベ-)良(ちょっとミスがあり)
AB (ア-ベ-)可(ミスがBより目立つ)
P (ぺ-)普通(辛うじて=あまり良くない)


TB+
をもたったらBravo!ブラヴォ-!お見事!と言ってます。

わかりました!のトレビアン

これは、かしこまりましたに似た意味ですが、「わかりました」O.K.など、承諾する時にもよく使われます。 これも例にして書きますね!

Q.他に質問がありますか?

Avez-vous d’autres questions?
アヴェ-ヴ ドゥトゥ ケスチョン?

Q.どうやって半過去を使うのか知りたいです。

Oui, je voudrais savoir comment utiliser l’imparfait?
ウィ、ジュヴドレ サヴォワァ コモン ユティリゼ ランパッフェ?

両方の回答の「わかりました」 
Très bien
トヘビアン

この様に使われます。

「わかりました」は「D’accord ダッコ-」を使う時も多いですが「Très bien」を使う時もありますよ。

番外編:ビアン、ビアン、ビアン!

トレビアンからの派生ですがトレビアン(Très bien)の「Bien ビアン」だけ使う時もあります。

話の途中で話題を変える時に「ビアン、ビアン、ビアン」と歌うように、なぜだか3回言う人もいます。

日本語で「さて」という様に、一度だけ「ビアン」言う時もありますよ。

ほかには「Bon ボン」とかもそうですね。

この意味を知らないと、「ハテ?何が良いの!?」と思ってしまいます。

こんな使い方もあると頭の片隅にでも置いておいてくださいね!

トレビアンの発音は?

発音ですが日本風に言うカタカナ発音と、本来のフランス語の発音は全然違います。

強引にカタカナで書くと「トヘビアン」です。

リズムで言えば『タタ・タタン=トへ・ビアン』という感じでしょうか。

下の動画で『Très bien』の所だけお聞きください。

最初のTrèsは、実は『トへ』に近いです。

1文字1文字区切って『ト・へ』と言うのではなく、一気に『トレ』と言い切ってしまうのがポイント。

最後のビアンも『ビ・ア・ン』と1文字1文字はっきり区切って発音すのではなく一気に『ビアン!』と言ってくださいね。

最後にトレビアンの意味についてのまとめ

今回はトレビアンの意味について、お伝えしました。

状況により訳が異なり、このような意味がありました。

すてきのトレビアン
かしこまりました、のトレビアン
良く出来たね、のトレビアン
わかりました(承諾)のトレビアン

色んな場面で使える、便利な言葉とも言えます。

短い言葉なので、是非覚えて活用なさってくださいネ。

この意味を知ったあなたはTrès bien!


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄、お問い合わせ欄、公式ラインよりお気軽にお寄せください。
\フランスプチ手帳の公式LINE始めました /

LINEでしか話せない、耳より情報をコッソリお届けします。

下の『Add friend友達追加』をクリックしてくださいね!

友達追加

あなたの応援クリックが私のカンフル剤!ポチっとクリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
関連コンテンツと広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする