アルザス地方の観光でおすすめはココ!定番から穴場の村まで大特集

楊夫人のサイトへようこそ。
フランスはロレーヌ地方で生活をしている楊婦人が現地から生の情報を発信しています。
ごゆっくりご覧になってください。

楊夫人
アルザス地方は素敵な観光場所が多いで、どこを観光するべきか結構悩みますよね?
ストラスブール?それともコルマール?やっぱり村めぐり?

あ~どこに行くのが一番いいのか見当もつかない!!
旅行の日程も限られているし、でもアルザスには行ってみたい!

そんなあなたに、今回、ストラスブールとコルマールの定番の観光スポットと、私が実際にめぐった6つの村をご紹介します。

時間がないあなたでも、行けそうな都市もご紹介しています。
計画を立てる前に、あなたにピッタリなアルザスの街や村を探してみませんか?

私のおススメは断然小さな村ですが、気軽に行けそうな村もバッチリお伝えします。

それぞれの見どころを、私独自の目線でお伝えしますね!
それでは参りましょう、On y va! オニヴァ!(Here we go!)


スポンサーリンク


アルザス地方はフランスのどこ?どんなところ?

アルザス地方(現在の名称はGrand Est グラン・テスト)は、地理的に言うとフランスの北東部にあり、ドイツスイスに接している端っこです。

地理的に言うと、細長い赤い部分です。
ドイツに近いだけあって、街の名前もフランス風ではなくドイツ風の名前が多く、フランス人の夫でさえ「なんて読むのかわからない…」という街名が多いんですよ。
楊夫人
ざっくり申しますと、フランス風味のドイツって感じでしょうか?

もしくは、ちょっと洗練されたドイツ、またはフランス語が通じる(笑)ドイツ。

素朴な可愛らしい街が好きで、フランスだけじゃなくて、少し異文化を感じたい!と思われるあなたなら、きっと訪れてみたくなる場所だと思います。


そんなドイツの面影が残るアルザスの定番の観光スポットを、次にご紹介しますね。

※円表記は1€=130円で計算しています。

各都市ごとのおすすめの定番観光スポット

アルザス地方の観光をする上で絶対外せない、代表的な街が以下の2つです。

・ストラスブール
・コルマール

ストラスブールは大聖堂が有名です。さすが県庁所在地なだけあって、大きな街!
トラムが走っていて、アルザスの中では近代的な街というイメージです。

続いてコルマールですが、ストラスブールより電車で約30分ほどの小さな街ですが「ハウルの動く城」のモデルとなった魅力的な街なので、観光の定番になっています。

それではまず「ストラスブール」には、どんな見どころがあるのかご紹介しますね!
楊夫人
それぞれの見どころ私個人的な感想も添えて書いてみました。

カテドラルが素晴らしい、ストラスブール

ストラスブールの訪れるべき、定番の観光スポットはこの5つ!

1.「プティット・フランス」

ユネスコの世界遺産にもなっている、イル川の木組み建物が美しい、ここで記念撮影は必須! 私も、もちろん撮りました。
夏はお花と緑が一層きれいで、明るいイメージでしたよ。

丁度上の写真を撮った橋の下のレストランで昼食を取りましたが、雰囲気は満点!
暑い日でしたが木の陰だったので、過ごしやすかったですよ。

2.遊覧船(BATORAMA)でイル川下り。
イヤホンでの日本語での解説付き!
水上から見る景色を、のんびりと楽しめますよ。
スピードは、かなりゆっくりです。

実際に乗るとこんな感じ!TV番組で特集していました。


3.ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame-de-Strasbourg)を見学。

カトリックの大聖堂で、ゴシック建築の代表作と言われており、なんと大聖堂の上にも上れますよ。



4.アルザス博物館 (Musée Alsacien)
こちらで、アルザスの歴史と文化を垣間見ることが出来ます。
アルザスの民族衣装に、興味があるあなたは必見!


それとこの建物もロンドンのリバティ風で中庭があり、緑と建物の濃い茶色のコントラストが、なんとも言えず美しかったです。


5.冬恒例!ストラスブールのクリスマスマーケット

寒いですが、その寒さも忘れてしまうほど、街中の素敵な飾りに圧倒されること間違いナシ!
わたしも昔一度行きましたが、昼と夜の街の表情が違うので、是非両方味わって頂きたいです。



参考文献:https://noel.strasbourg.eu/
https://www.jds.fr/agenda/manifestations/noel-strasbourg-animations-marche-de-noel-128465_A
https://www.batorama.com/

どんな方にストラスブール観光をお勧めするかというと?

楊夫人
第一に、旅行行程がタイト!
だけれども、パリ以外の地方に行ってみたいという方に、ストラスブールをお勧めします。


パリから一番近いアルザスはストラスブールです。
ショッピングアルザスの文化も楽しめ、大聖堂に上ってストラスブールの街を一面見てみたい!
と思う方にお勧めです。

ですが、もっと規模の小さな街や、美しい村に興味があるあなたには、コルマールをお勧めします。

パリからストラスブールの行き方と時間は?

パリのGare de l’Est(東駅) からストラスブールは乗り換えなしであればTGV約2時間ほど

地図で言うと、パリからひたすら東に向かうル-トです。


朝の便で行くと、ランチにはアルザス料理の、美味しいシュ-クルトタルトフランベを食べることも出来ますし、日帰りで十分可能です。

楊夫人
一日しか自由時間がなくても、定番スポットを見て街並みを散歩するぐらいなら、大丈夫です。


※注意!
TGVのロ-コスト版OUIGOは、日本発行のクレジットカードが使えませんので、TGVを予約なさってください。

実は、OUIGOサ―ビス部門に問い合わせたのです。
ですが、「現在は、日本のクレジットカ-ド使用可能の検討はしていない」との回答でした。
残念ですが、気が変わるのを待つしかなさそうですね。
(2018年7月末記)

参考文献:http://www.otstrasbourg.fr/fr/
https://www.ouigo.com/faq?question=28453-modes-paiement-autorises
https://www.oui.sncf/aide/le-paiement-de-vos-billets-de-train-modes-de-paiement-acceptes-

ハウルの動く城のモデルと言われる、コルマール

楊夫人
ただ、ここはストラスブールよりも、木組みの家の街並みが多いので、もっとフォトジェニックな街と言えます。


そんなコルマールの定番観光スポットはこの5つ!

1.ウンターリンデン美術館
ドイツ人画家グリューネヴァルトの傑作「イーゼンハイムの祭壇画」があります!




2.Petit Venice(プティット・ヴニーズ)
ここがコルマール一番の観光スポットでしょう!
旧市街の木組みの家並みが、絵葉書のように美しいです。


3.ボートでの運河下り

プティット・ヴニーズを水面から見る情緒のある風景を見れます。


4.アンジマルシェ&アンジ美術館(Le Village Hansi & son Musée)
アルザスのイラストレーターこと、コルマール生まれの画家アンジ

可愛いイラストのグッズショップや食料品と、彼の絵を見ることが出来る美術館です。
アルザスらしいお土産が買えますよ!


5.
コルマールおもちゃ美術館(Musée du Jouet de Colmar)
電車からミニカー、バ-ビ-人形やシュタイフのぬいぐるみも展示されている、おもちゃ美術館です。


おもちゃ好きなあなたにはぴったり!もちろん人形とアンティーク好きな私には、とても興味深かい美術館でしたよ。

参考文献:http://www.hansi.fr/le-musee-hansi.html
http://www.hansi.fr/
http://www.museejouet.com/fr/

コルマールの行き方は?

パリからコルマールまでの行き方は、Gare de l’Est(東駅) からコルマール駅までTGVで行けます。
所要時間は約2時間20分

地図で確認すると、コルマールはストラスブールの下側です。

コルマ-ルにレンタサイクルもあります

脚に自信あり。
そんなあなたは、自転車で美しい村めぐりなさってはいかがでしょうか?
コルマール駅の横に、レンタサイクルがありますよ。
電動自転車なら、案外村めぐりも楽勝で行けるかも!?
a
Colmar Vélo – Vélodocteurs

住  所:9 place de la gare 68000 COLMAR
電  話:03 89 41 37 90
営業時間:夏と冬の2期間あり、それぞれ営業時間が異なります。
夏期間(2018/04/01~2018/10/27)
月~金曜日は8時~12時、14時~19時、土、日曜日&祝日は9時~19時。
冬期間はまだ未定のようです。
月~金曜日は8時~12時、14時~18時、土曜日は9時~12時、14時~18時。
※日曜日は営業していません。

価  格:電動自転車は1日25€(約3250円)、普通の自転車は8€(約1040円)、VTCは12€(約1560円)、子供用は4€(520円)

H   P:http://www.velodocteurs.com/association-colmar-velo/location/location-touristique/

レンタサイクル屋さんの「Colmar Vélo – Vélodocteurs」の場所は、地図で見ると、駅の真横です。

ストラスブールとコルマール、どっちがおススメ?

かわいい街を見たいあなたであれば、コルマールをお勧めします。
コルマールからはバスで、美しい村巡りも可能です。

小さい街なので、ストラスブールと違ってデパートがありません
ストラスブールの方が大きい街なので、お店も多いです。
ストラスブールのではギャラリーラファイエットプランタンもありますし、お買い物も可能。

楊夫人
ですが、コルマールには、Marché Couvertという室内型のマルシェがあります。
そこで、パンや果物などの食べ物や、チ-ズワインなどが買えますよ。
ビストロにカフェもあるので、小腹が空いた時に入るのもGood!


ストラスブールのプチットフランスの街並みをもっと堪能したい!と思う方であれば、私はコルマールの街を訪れて頂く方が、もっとかわいさに感動すると思います。

こじんまりしたかわいい村の風景重視の方には、コルマールをお勧めします。

参考文献:https://www.tourisme-colmar.com/fr/
http://www.museejouet.com/fr/
https://www.marche-couvert-colmar.fr/

まるで絵本の中?!アルザスの美しい村めぐり

私の個人的なおススメは、ズバリ村めぐり!
アルザスならではの情緒あふれる、美しい小さな村めぐりが断然おススメ

その理由は、ストラスブールやコルマールよりも、もっと規模は小さいですがアルザスらしさがぎゅっと濃縮されているからです。

今回、私がめぐったコルマール周辺は以下の6つ村はこちら。

・リボーヴィレ
・リクヴィル
・カイゼスベルグ(ケゼルスベール)
・チュルクハイム
・ニーデルモルシュヴィール
エギスハイム

これらの村々へはコルマールを拠点に、バスもしくはタクシーで行く方法を紹介しますね。

この村の中には『フランスの最も美しい村(Les Plus Beaux Villages de France)』に登録された村や、フランス人が選ぶ『フランス人の好きな村(Le Village préféré des Français)』が含まれているんですよ。

そのせいか、ステキ過ぎて写真撮りまくり!!

楊夫人
まさに、林家ペー&パー子状態!


まるで、絵本の中にポツンと自分が落とされたような感じ。
そんなメルヘンの世界へ誘う村々のご紹介は、リボーヴィレから行ってみましょう!

リボーヴィレ Ribeauville

コルマール付近にある村の中では、比較的大きな村です。
大きいと言っても、村中を散策しても有に1、2時間で十分観光可能な村ですが、大きめなだけ、散策を楽しめます。

楊夫人
私個人的にはリボーヴィレは『フランスの最も美しい村』に登録されていない村ですが、 リクヴィールよりも観光客が少なかったので、ゆったり散歩を楽しめました。

リボーヴィレの行き方は?

コルマール駅 (Colmar SNCF)からのバス106番線もしくは109番線で行きます。
所要時間は、106番線では45分ほど、109番線なら30分で行けます。

106番線、109番線共通の時刻表はこちら↓
https://www.vialsace.eu/ftp/FR_documents_CG68/lha-horaires-092017-secteur1.pdf

■時刻表の見方■
106番線であれば、2ページ目のColmar SNCFからRibeauvilléをご覧ください。
帰りのRibeauvilléからColmar SNCFは1ページ目をご覧くださいね。
109番線であれば、5ページ目のColmar SNCFからRibeauvilléをご覧ください。
帰りのRibeauvilléからColmar SNCFは4ページ目をご覧くださいね。

地図で見ると、コルマ-ルから上に行く感じです。
ルートの時間は車での時間で、自転車なら1時間ほどの距離でしたよ。
足に自信があるあなたであれば、小回り聞く自転車もいいかも!


参考文献:https://www.ribeauville.fr/fr/transports-en-commun.html
https://www.ribeauville-riquewihr.com/
https://www.ribeauville-riquewihr.com/LEI/Noel-a-Riquewihr-:-marche-de-Noel-traditionnel.htm?HTMLPage=/manifestations/noel-alsace.htm&action=&page=1&commune=&categorie=1900076s1900202&genre=1900009&nom_recherche=&ID=229002783&GENRE=1900009&CATEGORIE=1900076&langue=1&sessionalea=
https://app.avizi.fr/fichiers/preview/59e5de5d92a0f/3993-305

リクヴィル Riquewihr

コルマールから10キロほど離れたこの村は、アルザスで一番最初に要塞化した町でもあります
フランスの最も美しい村(Les Plus Beaux Villages de France)』に登録されておるので、とても人気の村!


私たちが訪れた7月中旬のバカンス時期は、いろいろめぐった村の中でも特に観光客でにぎわっていました。
ですが、小さい村なので30分~1時間もあれば十分観光出来ます。

この村の特色は、要塞をくぐると可愛い街並みが視界に入って来て、「わあ~!」と絵本を開いたかの様な風景が広がって見れるところでしょうか。

参考文献:Noel-traditionnel.htm?HTMLPage=/visiter/vins.htm&action=?action&page=7&commune=&categorie=&genre=1900009&nom_recherche=&ID=229002783&GENRE=1900009&CATEGORIE=0&langue=1&sessionalea=0

リクヴィールへの行き方は?

タクシーや車であれば、10分ほどで行けますが、交通機関を使うとなるとリボーヴィレと同じラインのバスを利用してくださいネ。

コルマール駅(Colmar SNCF)からのバス106番線もしくは109番線で行きます。
所要時間は、106番線では30分ほど、109番線なら時間帯にもよりますが大よそ40分で行けます。

106番線、109番線共通の時刻表はこちら↓
https://www.vialsace.eu/ftp/FR_documents_CG68/lha-horaires-092017-secteur1.pdf

■時刻表の見方■
106番線であれば、2ページ目のColmar SNCFからRiquewihrをご覧ください。
帰りのRibeauvilléからColmar SNCFは1ページ目をご覧くださいね。
109番線であれば、5ページ目のColmar SNCFからRiquewihrをご覧ください。
帰りのRiquewihrからColmar SNCFは4ページ目をご覧くださいね。

地図で見るとリクヴィルと近いです。

カイゼスベルグ(ケゼルスベール) Kaisersberg

カイゼスベルグはコルマールから西へ車で10分ほどの小さな村。
山や森、そしてブドウ畑に囲まれた美しいアルザスの特徴的な村でもあります。

そして、この村はフランス2というチャンネルのドキュメンタリー番組が選ぶ「フランス人の好きな村 (Le Village préféré des Français)」に2017年度選ばれた、とても可愛らしくて美しい村です。

私個人的には、この村は特を訪れてよかった!と思っています。
その理由は、ヘンリー7世が建造した古城Le schlossbergに登ったことですが、そのお城までブドウ畑の中を歩いていく道中の風景のすばらしさったら!

空の上からの風景をお楽しみください。

カイゼスベルグへの行き方は?

コルマール駅(Colmar SNCF)からバス145番線が出ています。

時刻表はこちら↓
145番線なので、行きは8ぺ-ジ目のコルマール駅(Colmar SNCF)から、帰りは7ページ目のKaysersbergの欄をご覧ください。
https://www.vialsace.eu/ftp/FR_documents_CG68/lha-horaires-092017-secteur1.pdf

地図で見ると、コルマールからは車で約25分弱です。


参考文献:https://www.kaysersberg.com/
https://www.noel-a-kaysersberg.com/
https://www.vialsace.eu/en

チュルクハイム Turckheim

ワイン街道にある小さな村、チュルクハイム
この村と言えば、鍋通の方はご存知のStaubストウブの鍋のアウトレットがある村です!

私も念願叶ってやっと、こちらのストウブのお店に行く事が出来ました!
ですが正直、別にここで鍋を買わなくてもいいです。
超重いですし、値段も微妙…。

楊夫人
ウチの近くに置いてある店がないので、私は買っちゃいましたが。


私は鍋しか目当てがなかったので、ストウブの鍋を見たらサッサと退散…と思っていたら、夫が「ちょっと村の中見ていこうよ!」とのこと。

暑い中しぶしぶ観光しましたら…。
楊夫人
なかなかどうして、素敵な街ですやん!?


と、思いました。ゴメンよ、チュルクハイム。

この村の役場がかわいくてびっくりしました。

こんなカワイイ役場なら、もう一回結婚式挙げても!?…イヤイヤやっぱり、やめておきます、長丁場の結婚式はシンドイ..。

この村も小さいので小一時間で回ることが出来ますし、他の村より観光客が少なかったので、ぶらぶら散歩しながら、写真を撮るのが楽しい村でした。

チュルクハイムへの行き方は?

コルマール駅(Colmar SNCF)からバス157番線が出ています。

157番線なので、行きは14ぺ-ジ目のコルマール駅(Colmar SNCF)から、帰りは13ページ目のTurckheimの欄をご覧ください。
https://www.vialsace.eu/ftp/FR_documents_CG68/lha-horaires-092017-secteur1.pdf

地図で見ると、コルマールから車で約15分と書かれています。
ですが、実際私たちが行ったときは、10分掛ったっけ?と思うほど近かったので、自転車でも行けそうです。

約7kmなので自転車なら30~45分ってとこでしょうか?やっぱりしんどいかな。

楊夫人
コルマールから近いですし、チュルクハイムは小さい村なので、ちょこっと散歩するのに良い村だと思います。


ニーデルモルシュヴィール Niedermorschwihr

ニーデルモルシュヴィールと言えばご存知、クリスティーヌ フェルベールさんのコンフィチュールが売っているお店、「メゾン フェルベール 」がある村です。

この村は、チュルクハイム村を観光後に行った村でしたが、その道中が素晴らしい!
ブドウ畑であまりの美しさに、車を止めてもらい写真をバシバシ撮ってしまいました。


楊夫人
またもや、息子そっちのけで夫と二人、ぺー&パー子状態!?


とにかく、素晴らしかったです。

ニーデルモルシュヴィールに到着してすぐ参ったのは、小さい食料品店の「Maison Ferber」こと「Au Relais des 3 Épis」。
そう、フェルベ-ルさんのコンフィチュールを販売しているお店です。


夫は念願のこのお店で、吟味し5つも購入していました。
私は選ばず、全て彼の好きな味を選んでもらいましたが、表情は真剣そのもの。

それもそのはず、たくさんの美味しそうなコンフィチュールがズラリと揃っているんですもの!

この村も散策したかったのですが、いかんせん連日の暑さで良く眠れず、次の村のエギスハイムに行きたかったのでそそくさと退散しました。

ニーデルモルシュヴィルへの行き方は?

チュルクハイム同様、ニーデルモルシュヴィルも同じラインです。
コルマール駅(Colmar SNCF)からバス157番線が出ています。

時刻表はこちら↓
157番線なので、行きは14ぺ-ジ目のコルマール駅(Colmar SNCF)から、帰りは13ページ目のNiedermorschwihrの欄をご覧ください。
https://www.vialsace.eu/ftp/FR_documents_CG68/lha-horaires-092017-secteur1.pdf

地図で見ると、コルマールから車で行けば、約20分です。
この道中の一面のブドウ畑の風景が、すばらしいのでホントにおススメ!!

エギスハイム Eguisheim

村めぐりの最後の美しい村はエギスハイム!
この村は、『フランスの最も美しい村』に登録されており、さらに2013年度に『フランス人の一番好きな村』で堂々1位!
おまけに、『花の町と村』(Les ville et villages Fleres)で最高ランクの花4つときました!


その評判のせいでしょうか、緑とお花と建物の風景が一層マッチして、リクヴィールと同様、観光客が目立った街でした。

カラフルなお家が、とてもかわいいかったです。
今回巡った村の中では、私のベスト3に入るほど!


大通りもステキでしたが、それよりもっと私が一番ときめいた場所はここ!
小道です..って、え、道?という感じかもしれませんが、ちっちゃい小道が特に雰囲気あったのです

なんというか、もうコルマールよりもっともっとジブリの世界!!

アリエッティがこっそり隠れていそうな雰囲気です。

この小道を歩くだけでも、エギスハイムに来てよかったと思えました。
ここでも、コウノトリ見れましたし。


この村も、正味1時間ほどで見れるぐらいの規模でしたよ。
特に、写真が趣味のあなたなら、私はここをおススメします!

エギスハイムへの行き方は?

コルマール駅(Colmar SNCF)からバス440番線が出ています。
もしくは208番線でも行けます。

時刻表はこちら↓
440番線⇒コルマール駅(Colmar SNCF)からEguisheimの欄をご覧ください。
https://www.l-k.fr/uploads/lignes/ligne-440.pdf

208番線⇒コルマール駅(Colmar SNCF)からEguisheimの欄をご覧ください。
https://www.vialsace.eu/ftp/FR_documents_CG68/lha-horaires-092017-secteur2.pdf

地図で見ると、コルマールから車で行くと約13分と、結構近いですよ。
近いですし、この村は本当にかわいいがギュっと詰まっているので、個人的におススメ!


参考文献:https://www.vialsace.eu/fr/horaires-de-ligne/6/LineTimeTable/obermorschwihr-husseren-colmar/5563/eguisheim-herrlisheim-pres-colmar/2?KeywordsLine=208&PartnerId=3

私がおすすめするアルザス旅行は?

楊夫人
アルザスの風景を存分に味わって頂きたいので、やはり美しい村巡りの旅をおススメします。


ですが、日程が限られていると、行ける場所から選択する方がベター。
私なら、まずはこの2つで考えてみます。

1.日帰りストラスブールのみ、もしくは若干ハ-ドですがコルマール
2.1泊2日⇒コルマール+小さい村 (カイザスベルグ、エギスハイムetc)

2の場合は、バスの時間考慮して村を選びます。
もしくは、タクシー、近くなら自転車で行くか検討します。

我が家の今回の旅ル-トの一日目だったのですが、コルマールにホテルを取り、そこを中心に一日に3村つづゆっくりと巡りました。

私たちは7月の中旬で猛暑!
そう大きくない村を歩きましたが、暑さで結構疲れました

楊夫人
その年の気候にもよるので、なんとも言えないところですが、臨機応変に変更できるゆったりした計画を立てるとGood!


夏は日も長いですし、緑も綺麗なのでおすすめしたい所ですが、村めぐりの旅行なら初夏の方がいいかもしれません。
年によって寒いかもしれませんが、アルザス地方は夏暑いんですよ。

実は息子が暑さでぐずって、夕方の5時にはホテルに戻ってダラダラしていました。
ちょっともったいなかったですが。

私たちの旅のルートは?

今回は、小さい村コルマール小さい村ストラスブールというル-トをたどりました。
楊夫人
そのせいか、小さい村からいきなりストラスブールへ入ったので、ギャップにびっくり!?


我が家は車でナンシー方向から車で向かい、まずはリボーヴィレに到着。
それから、2つの村(リクヴィルカイゼスベルグ)を観光し、コルマールのホテルに泊まりました。

2日目は、チュルクハイム⇒ニーデルモルシュヴィル⇒エギスハイム。
そして、最後にストラスブールへ向かい、この日の夜はストラスブールのホテルへ。

3日目の朝からストラスブールを観光し、私は一日ゆっくり痛かったのですが、息子の調子が悪くなってきたので、お昼を食べて、すぐに家路と急ぎました。

今回はストラスブールの領事館に用事があったので、ストラスブールに寄りましたが、もしなにもなければ、行かなかったでしょう。

コルマール近辺で十分楽しめます!
写真を撮るなら、う~ん、やはり小さい村の方が雰囲気があって良かったです。

最後に楊夫人から、あなたへ

アルザスの観光を、ざっと駆け足でお伝えいたしました。

有名な都市や村の、それぞれの都市や村の特徴をご紹介しましたが、ここ行きたいな~!と思ってくださる場所が見つかったら、うれしいです!

その中でも、やはり私のおススメは美しい村めぐりを押したいと思います。

私は6つの村をめぐりましたが、2ヵ所ぐらいで十分堪能できると思いますよ!

私のおススメベスト3は
1.カイゼスベルグ
2.エギスハイム
3.リクヴィールorリボーヴィレ

あれ?4つ!?まあ、細かいことは気にせずに。
そして、滞在時間があまりないあなたでしたら、ストラスブールが良いでしょう。

パリとは違いドイツ文化が今でも残る、おとぎ話の世界を体感しに、是非アルザス地方にお越しくださいませ!
楊夫人
あなたもきっと林家ペ-&パ-子化間違いナシ!
カメラのバッテリーと充電器をお忘れなく。


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。

ランキング

ブログランキングに参加しています。
フランス愛ブログ作成の励になるので、
応援のポチをお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする