フランス語の旅行用のフレーズ!とにかくこれだけは覚えよう全10選

楊夫人のサイトへ Bienvenu ビアンヴニュ!(Welcome)
フランスで生活をしている私こと楊夫人(ヤンフジン) が、現地から生の情報を発信しています。
ごゆっくりご覧になってくださいネ。

ミミ
フランス旅行に行くんだけど、とりあえずこれだけは!という必須フレーズを知りたいの!
楊夫人
そうよね、やはりその国の言葉を最低限知っていると、便利ですもんね
特にツアーではなく、個人旅行なら特に会話する場面も多いと思います。
  • 毎日使うフレーズは?
  • フランス語の挨拶と返事って?
  • 質問したい時はどう言うの?
今回はフランス旅行される際に、これだけは覚えて頂きたい!と思う最低限の会話をピックアップしました。

挨拶やありがとう!と感謝の言葉だけでもフランス語で言うと、気持ちの良い滞在になると思います。
そこでフランス人と、グっと距離が縮まることもあるかも!

とりあえず、この10フレーズだけでもどんな言葉かご覧ください。
楊夫人
それでは一緒に見ていきましょう。On y va! オニヴァ!(Here we go!)


一番大事!基本の挨拶と毎日使うフレーズ編

フランスでは挨拶がとても重要で、特にお店に入る時には挨拶することがマナーでもあります。
なにか尋ねるにしても、その前に挨拶を交わしてから質問をするのが一般的です。
毎日必ず使う受け答えなどの、返事のフレーズをご紹介しますね。


そして、この章でご紹介したことを章の最後に「とにかく覚える10選」という形でまとめます!

フランス語の挨拶

基本のあいさつフレーズをご紹介しますね。
これだけでも覚えると、旅慣れた人に思われるかも!
日本語フランス語カタカナ読み
おはようございますbonjour ボンジュー
こんにちはbonjour ボンジュー
こんばんはbonsoir ボンソワ
さようならau revoir オゥ ホゥヴァ(オゥ ヴァ)
おやすみなさいbonne nuit ボンニュイ
※「さようなら」のAu revoirの発音は、カタカナでフランス語に近い言葉で書くと”オゥ ホゥヴァ”ですが、早く言うと”オゥ ヴァ”と聞こえるので、”オゥ ヴァ”でもいいです。

「おはようございます」と「こんにちは」は同じ“Bonjour です。
覚える単語が一つでいいので、便利ですよね。

「おやすみなさい」は、寝る直前に言うので、例えばホ-ムステイしている際に、寝る前に家族に会う場面があると使いますが、宿泊先がホテルだと使わないかもしれません。


あいさつの基本フレーズ!
1. おはようございます、こんにちは 「Bonjour ボンジュー」
2. こんばんは 「Bonsoir ボンソワ」
3. さようなら 「Au revoir オゥ ホゥヴァ(オゥ ヴァ)」

楊夫人
私の個人的な考えでは、他のフレーズを覚えるのが無理と白旗を上げたとしても、この3つのあいさつフレーズだけは覚えて頂きたいです。
そして、少しほほ笑みを浮かべてこれらの言葉を言うと、とても優雅で感じ良く思われますよ。←ここポイント!

フランス語の返事と受け答え

とっても重要な、返事や言葉をご紹介しますね。
以下の代表的なフレーズは、毎日聞いたり使ったりしています。
短いフレーズが多いので比較的簡単に覚えられそうですよ。

日本語フランス語カタカナ読み
はいouiウィ
いいえnonノン
お願いします/すみませんs’il vous plaît シル ヴ プレ
ありがとう(ございます)merci メルシィ
いいえ、結構ですnon merci ノン メルシィ
すみません(失礼!)pardon  パァドン
すみません(問いかけ時)excusez-moi エクスキュゼ-モワ
すみません(残念)je suis désolé(e) ジュ スイ デゾレ
わかりませんje ne sais pas ジュ ヌ セパ
「すみません」が3つあってどう使い分けするの?とお思いかもしれません。
どれも、許してくださいという意味が含まれていますが、簡単な使い分けを説明しますね。
  • pardon は、ぶつかった時などに「失礼!」と言う時に使うことが多いです。
  • excusez-moi は、人に何かを問いかける時の第一声の「すみません!」。
  • je suis désolé(e) は「残念」「申し訳ない」というニュアンス。
結論から言いますと最低限の旅行会話であれば、「すみません」に関してはExcusez-moiだけで通すといいと思います。
この言葉なら、オ—ルマイティで使ってもおかしくありません(細かいこと抜きで!)

ただ、フランス人から「pardon  パァドン」と言われた時には「ああ、ぶつかってごめんねと言ってくれたんだな」と知っておくだけでも、気分も違うと思います。

楊夫人
人の多い場所やカフェなどで、フランス人の会話を耳にすると、これらの言葉が頻繁に聞こえてくると思います。
そこで耳を澄ませて「ああ、あの人“d’accord わかりました”と了解したのだなあ」という風に、聞き取る練習をしてみるのもいいですよ!

最後に、その中でも特に覚えていてもらいたいフレーズを10個選びました。
ツアー旅行でも、まずこの10選を覚えておくと、もっと楽しく快適に過ごせると思います。
旅行会話、これだけ全10選!
1. おはようございます 「Bonjour ボンジュー」
2. こんにちは 「Bonjour ボンジュー」
3. こんばんは 「Bonsoir ボンソワ」
4. さようなら 「Au revoir オゥ ホゥヴァ(オゥ ヴァ)」
5. はい 「Oui ウィ」
6. いいえ 「Non ノン」
7. お願いします/すみません 「S’il vous plaît シル ヴ プレ」
8. ありがとう(ございます) 「Merci(beaucoup) メルシィ」
9. いいえ、結構です 「Non merci ノン メルシィ」
10.すみません 「Excusez-moi エクスキュゼ-モワ」
え?これだけ?
個人旅行でフランスに行くんだけど、なにかを尋ねる時や質問するフレーズをもうちょっと知りたいわ!と、思うあなたは、次の章も引き続きご覧くださいネ。

フランス語の簡単な質問フレーズ編

よく使う機会の多い、質問フレーズをご紹介しますね。
日本語フランス語カタカナ読み
これはなんですか?Qu’est-ce que c’est ?ケスクセ?
 はどこですか?Où est … ?ウエ?
どう?Comment … ?コモン?
どうして?Pourquoi … ?プーコワ?
いつ?Quand … ?コン(カン※)?
いくら?Combien?コンビアン?
※地方によって発音が若干変わりますが、パリだと”コン”に近い音です。

次にこれらの言葉を使って、比較的簡単で応用しやすい例文をご紹介しますね。

「… はどこですか?」

場所を聞く時のフレーズですが、そっくりそのまま使ったり、場所だけ変えてみてくださいね。
a
Où… ?
例1「どこですか?」
C’est où?
セ ウ?

例2「私たちは今どこにいますか?」※道に迷った時
On est ou?
オ ネ ウ?

例3「ルーブル美術館はどこですか?」
Où est le musée du louvre?
ウ エ ル ミュゼ ドゥ ルーヴル?

例4「CDG空港に行くバスは、どこで乗ればよろしいですか?」
Où est-ce que je peux prendre un bus pour l’aéroport de Paris-Charles-de-Gaulle?
ウ エス ク ジュ プ ポ-ン ドゥ アン ビュス プー ラエロポー ドゥ パヒ シャールドゥゴール?
le musée du louvreの部分を、色々な観光地の名前に変更して使ってくださいね。
日本語フランス語カタカナ読み
オルセー美術館le musée d’Orsayル ミュゼ ドルセー
オランジュリー美術館le musée de l’Orangerieル ミュゼ ドゥ ロランジュリー
パリ装飾芸術美術館le musée des Arts décoratifsル ミュゼ ザートゥ デコラシオン
ルイ・ヴィトン美術館le musée de la fondation louis vuitton?ルミュゼ ドゥ ラ フォンダシオン ルイヴィトン
ノートルダム大聖堂les tours de Notre Dame de Paris ?レトゥー ドゥノートルダム ドゥ パヒ
 凱旋門l’Arc de Triompheラーク ドゥトリオンプ
もし、とっさに言葉が出なかった場合は、地図に指差すだけでも理解してくれるでしょう。
次はそれぞれ具体的に使い方をお伝えしますね。

「どう?」

状態を聞いたり、どうするのか尋ねる場合に使います。
これも知っていると便利なフレーズです!

Comment … ?
例1「どうですか?」
Comment?
コモン?

例2「これ、どうやって使うの?」
Comment utiliser ça?
コモン ユティリセ サ?

例3「これはなんと言うのですが?」
Comment on appelle ça?
コモン オン ナペル サ?

「どうして?」

主に理由を聞く時に使います。

Pourquoi … ?
例1「どうして?」
Pourquoi?
プーコワ ?

例2「どうしてダメなのですか?」
Pourquoi ça va pas?
プーコワ サヴァ パ?

「いつ?」

日程を聞くときなどに使います。

Combien?
例1「いつですか?」
C’est quand?
セ コン ?

例2「あなたはいつ出発しますか?」
Vous partez quand?
ヴ パアァテ コン ?

「いくら?」

値段を聞く時ですが、1つの金額と、複数の合計額を聞く時は違うフレーズなのです。
同じ”combien”を使いますが、前の言葉が少し変化します。

一つだけの値段を聞く
例1「これ、おいくらですか?」
C’est combien?
セ コンビアン ?
次は複数のものを、まとめて買う時の価格の尋ね方です。

合計の値段を聞く
例1「これ、全てでおいくらですか?」
Ça fait combien?
サ フェ コンビアン?
ちょっとややこしいですよね。
まあでも、間違えても、わかってくれると思います!
私も最初は間違えてばかりでしたが、皆さん理解してくれました。
 


最後に楊夫人から、あなたへ

初めて行くフランス。
最低限のフランス語だけでも学んでおきたいと、感じたあなたは素晴らしいと思います。
フランスでは特に、挨拶の言葉「こんにちは」「さようなら」が一番重要で「ありがとう」など、最低10個のフレーズを覚えておけば、快適に旅行ができると思います。

日本と違ってお店に入る時でも、個人のお宅にお邪魔する感覚で「こんにちは Bonjour!」と行って入店し、出るときは「さようならAu revoir」と言って去ります。
これができれば、マナーがある感じの良い人だなあと思われるでしょう!

楊夫人
たった10個のフレ-ズで、気分よく過ごせますので、この機会に是非覚えてくださいね!

フランス観光割引クーポン

楽天グループVoyaginでは


パリのエッフェル塔ルーブル美術館の優先入場チケットや
ヴェルサイユ宮殿など7種類のチケットを
割引率良く入手できます。
事前に日本語で予約可能!



フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄、お問い合わせ欄、公式ラインよりお気軽にお寄せください。
\フランスプチ手帳の公式LINE始めました /

下の『Add friend友達追加』をクリックしてくださいね!

友達追加


関連コンテンツと広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする