7月のフランス情報を教えます!祝日のイベントも併せて詳しく大特集

四季折々楽しめるフランス旅行。

その中でも、夏を十分楽しめる「7月」のフランス基本情報をお届けします。

「7月」にまつわる行事についての雑学、ショッピング情報も併せてご紹介しますね。

  • フランス語で7月とはどう書くの?
  • 7月の綴りの発音も知りたい!
  • 7月を主題とした会話したいんだけど!
  • 7月にフランスに行くのはおススメ?

と、7月にまつわる内容を盛りだくさんで、お伝えしますね。

では、これから一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

7月のフランスの祝日

7月の祝日はFête nationaleフェットナショナル(建国記念日)こと「14 juillet キャトージュイエ 」のみです!

※祝日は基本的に店も休みです。

日本ではパリ祭と言われますが、フランスでは「14 juillet キャトー ジュイエ 」と言うのでご注意を。

7月14日は、フランス革命の象徴的な出来事であるバスティーユ襲撃を記念する国民の祝日ですが、実際、1789年7月14日、パリ東部の要塞「バスティーユ」がパリの人々によって襲撃されました。

あの有名な漫画「ベルサイユのばら」の涙の最終回でも有名ですよね。

ちなみに7月14日は、ベルばらの主人公オスカルの命日でもあり、恋人のアンドレは前日の7月13日に命を落としました。私は毎年、この日は黒い服を着て喪に服しています。

と、それはさておき、

この7月14日は、そんな絶対王政の終焉とフランス共和国の始まりを象徴的に祝う日です。
今日では学校のバカンス中ですし、あまり祝日の有難みも感ませんが…。

そうそう、この日の夜や前日の13日の夜には花火が上がりますよ。
7月 フランス

この日にフランスにいらしたら、パリ以外でも各都市で花火が上がるので、お疲れでなければ見に行って下さいね。

※夏は日が落ちるのが遅いので、大体花火が始まるのが22時30分ぐらいからです。

スポンサーリンク

14 juilletの軍事パレード

14 juilletと言えば、パリの軍事パレード!

1880年から毎年、フランスの銀行休業日にパリで開催されている軍事パレードがこの日の一番のイベントです。

徒歩部隊、騎馬部隊、機動部隊、空挺部隊からなる軍事パレードが、エトワール広場からシャンゼリゼ通り渡ってコンコルド広場まで、長~い行進するのです。

いつもはいい加減なフランス人が(すみません…)、ここまでピシっと出来るんだ!?と初めてTVで見たとき、衝撃を受けました。

やれば出来るんじゃんと。

どんな模様か、政府のYoutubeチャンネルに動画があったのでご覧くださいね。2時間もあって長丁場ですから、端折りながら見てください(笑)

丁度、この7月14日にパリに滞在するチャンスに恵まれたら、ちらっとパレードを覗いてはいかがでしょうか?

私はまだ一度も生で見たことはありません。フランスに住んでいても、なかなか機会がないので是非!

で、ぶっちゃけ7月にフランスに行くのは、おススメ?という疑問について、私の個人的な回答します

7月にフランスに行くのはおススメ?

7月 フランス

私なら7月上旬にフランス旅行するのは、おススメです!

その理由は、第一週目ならまだ学校の夏休みが始まっていないので、バカンスもまだ行かない人が多いからです。

じゃあ中旬から下旬は、パっとしないの?と問われると、地方に小旅行に行く際、TVGなどチケットが取りにくい可能性が出てきます。

ですがパリなら、私自身過去に7月下旬に行きましたが、特に不便なことはありませんでした。

気候はやはりその年やその日によって暑さも変わるので、正直なんとも言えませんが、寒ければソルド中なので、服を買ってもいいでしょう。

7月はまだまだ日が落ちるのが遅く、22時ごろまで散歩できるので、個人的におススメです。

薄着なら、荷物も嵩張りませんしね。

旅行時の服装については、こちらで温度ごとに写真入りで詳しく書きました。
私がいつも来ている服の写真を参考に、準備なさってくださいね。

パリの気温の年間でみる服装は?温度差の激しい時の着こなし術!
日本と気候が全く違うフランス、パリ。とくに年間で見てもフランスは朝晩の気温差が激しい国です。 最高気温と最低気温の差に驚かれると思いま...
スポンサードリンク

7月のフランスはソルド中?

はい、7月はほぼ例年、ソルド(セール)しています。

フランスでショッピングを満喫したい!というあなたは、7月上旬にお越しください。下旬はもう終わっているんですよね。

詳しくは、フランスのソルドの日程について、こちらの記事をどうぞ。

フランスのソルドとはセ-ルの事。2022年夏冬の開催期間はいつ?
憧れのブランド物、出来れば現地で安く買いたい!そう思うのはごもっとも。 どうせ買うなら、少しでも安い方が嬉しいですもんね。 もし...

その年やお店や商品にもよりますが、30%引きぐらいから徐々に値引き率が上がっていきます。

ソルドの最後には、品物は少なくなりますが、その分全品半額!とか70%引き!など安くなるんですよね。

その時期に応じた楽しみ方が出来るので、お買い物好きなあなたなら、フランス旅行するのに7月はとても楽しい月になるでしょう!

ただ、お店に寄ってはバカンスを取る所もあります。事前に確認しておいてください!

最後に7月のフランスについてのまとめ

フランスの7月は、気候的にも過ごしやすく、第一週目はまだ学校のバカンス(夏休み)に入っていないので、旅行するのに個人的におススメです。

7月の祝日は14日の「14 juillet キャトー ジュイエ 」この日は祝日なので、スーパーなどお店が基本的に休みです。

パリでは毎年、この7月14日に軍事パレード軍地がシャンゼリゼ通りで行われますので、是非パリにいらっしゃるならご覧になって下さいね。

7月中旬までソルドも開催中ですし、ショッピングもお得に楽しめます。

是非気候の良い7月に、フランスへお越しくださいね!

7月をフランス語で言うと?7月に関する例文など

フランス語についてはこちらです。
https://monpetitcahier.com/archives/20964.html/

スポンサーリンク

フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄、お問い合わせ欄、公式ラインよりお気軽にお寄せください。
★★★イメージから日本語で探すフランス語の単語の本を出版しました★★★

ご要望が多かったので、ネーミング本を出しました!

カテゴリー別に単語ばかり集めて、まとめて見やすい一覧表にしています。

ネーミング用ですが、可愛いやカッコいい単語など多種多様を掲載。

Kindle Unlimitedこと、キンドル読み放題に加入なさっていれば、無料で読めますよ!

是非ご覧くださいね。

あなたの応援クリックが私のカンフル剤!ポチっとクリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする