etreの活用してフランス語を話そう!ちょっと邪道な覚え方伝授!

「être」動詞の活用はフランス語で一番か二番目によく使う頻度です。

いわば基本中の基本!

そんな「être」の活用形はどんな変化をするのでしょうか?

  • 「être」のそれぞれの活用形って
  • どうやって覚えたらいい?
  • 「être」の活用した否定形も知りたい!
  • それぞれ活用したフレーズも教えて欲しい!

このような質問にお答えします。

最初に申しておきますが、この記事の「être」動詞の活用覚え方のは、私個人が覚えた邪道な方法も書いてあります!!

市販の参考書で挫折した私が、会話を優先とした苦肉の策です。

めちゃくちゃな部分もありますが、そこは「こんな方法もあるんだな」と、ひとつのヒントとしてお読みくださったら嬉しです。

では、これから一緒に見ていきましょう。

フランス語「être」の活用は?

「être」の活用はちょっと特殊です。

「動詞の活用を、どうやって覚えていいかわからない」と、よく聞かれます。

私も色々試した結果、一番効果の合ったものは発音して覚えること!でした。

特に「être」は規則的に活用が変化しないので、口(発音)と手(筆記)覚えるしかない!

ですが、ちょっとした覚えるポイントもお伝えします。

と、いう訳で、まずは一般的な活用を見て行きましょう。

「être」の現在形活用 (Présentプレゾン)

現在形の活用はこちら!

①今行っている表現「食べてます」「7時に起きます」etc..

フランス語の動詞の中でも、基本中の基本です。

発音は、動詞活用サイトのこちらで確認してみてください。
それぞれの活用部分の横に、隠れたスピーカー(prononciacion)が出てくるので、そこクリックして聞いてください。

主語 êtreの活用 読み方
je suis ジュスイ
tu es テュエ
il/elle/on est イレ/エレ/オネ
nous sommes ヌソン
vous être ヴゼット
ils sont イルソン

主語が変わると活用全て変わる、はっきりいって一筋縄ではいかない動詞です。

ですが、動詞「être」現在形の活用は、日常でバリバリ使う!!

バリバリ使うので、イヤでも覚えないと会話出来ない動詞の一つです。

現在形だけで、6つも覚えられん!

「6つも!?そんなの無理!!」というお言葉、よくわかります。

私もフランス語を勉強し始めた当初、この動詞の活用を知った時に「フランス語、死ぬまで話せないかも」と涙出そうになりました。

しかしながら挫けるにはまだ早い!私の二の舞を踏む前にこの記事をご覧ください。

フランス語初心者の勉強法!誰も知らない一番大事な秘訣教えます!
フランス語を学んで、間もないあなた。 フランス語の効果的な勉強法を探して、この記事に興味を持ってくれたのではないでしょうか? ...

ですが覚える優先順位を付けて、今では全て覚えることが出来ました!

「私、フランスに住んでないし、旅行会話で使えればいいんだけど!」

わかりました、会話メインなら使う可能性の高い活用からまず覚えてください。

それは jeと vous「je suisジュスイ=私は~」と「vous êtreヴゼットあなたは~」の2つだけ!

それ以外、ほとんど使わないでしょう。

フランス在住のあなたでしたらプラス、on est の計3つの音から覚えて下さい

この3つ(1つおまけで4つ)でいいです。

  • Je suis ジュスイ
  • On est オネ  =nousの代わりに(私たち)という意味でも使える
  • Vous être ヴゼット
    おまけte es チュエ ←onもtuも、être活用した発音は同じ”エ”だから!

この3つの活用が口から出れば、大概の場面で乗り切れます。

書けなくてもいいです、まずは口から出ることが肝心です。

意思の疎通を優先するなら、まず会話で使えるようにして、次に文章を読めるように覚えることです。

最後に書けるようになれば、OK!

あとの「nous」と「ils」の活用は、その後からぼちぼち覚えて下さい。
(本当は、一気に全て丸覚えの方がいいですけど、無理しないでネ)

「être」の活用 否定形

êtreを活用した否定形ですが、活用したêtreを「ne」と「 pas」で挟みます。

現在形はこんな↓感じ!その他の活用は、このフランス語のサイトで否定形の活用一覧乗っていますよ。

êtreの現在活用形の否定形
Je ne suis pas ジュスィ
Tu n’es pas テュネパ 
Il n’est pas イルネパ
Elle n’est pas エルネパ
On n’est pas オネパ
Nous ne sommes pas ヌソン
Vous n’être pas ヴット
Ils ne sont pas イルソン

※n’es=ne+es=n’es
※n’est pas=ne+est=n’est
※n’être=ne+être=n’être

次は複合過去です!

「être」の複合過去形 (Passé composéパッセ コンポゼ)

「être」の複合過去形です。

①終わった、完了した過去の表現「~に行った」「~を食べた」

日常では、現在形より頻度は落ちますが、まあまあ使うかな?というぐらいです。

発音はこちらクリック!

主語 êtreの活用 読み方
j’ ai été ジェ エテ
tu as été テュア エテ
il/elle/on a été イラ エテ/エラ エテ/オナ エテ
nous avons été ヌザヴォン エテ
vous avez été ヴ ザヴェ エテ
ils ont été イルゾン エテ

なんで「j’ai, tu as, il a ….」は実は動詞「avoir」の現在活用形と同じです!

ですから、覚えることが減ります!

「être」の複合過去形は「avoirの現在活用形+été」が付くと覚えておけばOKです。

「être」の半過去形 (Imparfait アンパッフェ)

「être」の半過去形です。

①過去は過去ですが「当時~だった」「子供のころ~だった」「~だった(今は違う)」という表現の時に使います。 

特に会話では、複合過去と同じくらい半過去も使います!

発音はこちらクリック!

主語 êtreの活用 読み方
j’ étais ジェテ
tu étais テュエテ
il/elle/on était イレテ/エレテ/オネテ
nous étions ヌゼティヨン
vous étiez ヴゼティエ
ils étaient イルゼテ

発音してみると、なんとなくリズムが規則的だと思いませんか?

「être」の単純未来形 (future simpleフチューサンプル)

「être」の単純未来形です。発音はこちらクリック!

①未来を言う時(~するよ!)

これも使いますし、フランス人の会話ではよく聞きます。

ですが自分( je ) のことを話す時は、シンプルな近接未来形(aller+動詞の原形)を使って言う方が多いです。

主語 êtreの活用 読み方
je serai ジュスヘ
tu seras テュスハ
il/elle/on sera イルスハ/エルスハ/オンスハ
nous serons ヌスホン
vous serez ヴスヘ
ils seront イルスホン

次は条件法ですよ!

「être」の条件法 現在形 (Conditionnel Présent)

「être」の条件法です。発音はこちらクリック!

①仮定(~なら、~だろうなあ)
②ゆるい判断(~かもしれません)
③人伝えに聞いた時(~によると~らしい)
④過去の回想(過去の話での未来の話を言う時)

私は殆ど使いませんが、フランス人は使うかなあ。

主語 êtreの活用 読み方
je serais ジュスヘ
tu serais テュスヘ
il/elle/on serait イレスヘ/エレスヘ/オンスヘ
nous serions ヌスヒオン
vous seriez ヴスヒエ
ils seraient イルスヘ

「être」の接続法 (SUBJONCTIF)

「être」の接続法現在形です。発音はこちらクリック!

未来の思考を表現する時に使います。

①希望(~してほしい)や必要(~する必要がある)の時の表現

②否定(~だとは思えない)譲歩(~だけど、~するだろう)

③私の中で最高(個人の中の最高ランク)

たま~に聞きます。私はまだ使えません。

主語 êtreの活用 読み方
je sois ジュソワ
tu sois テュソワ
il/elle/ils soit イルソワ
nous soyons ヌワイオン
vous soyez ヴソワイエ
ils soient イルソワ

「être」の命令形 (Impératif Présent)

「être」の命令形です。発音はこちらクリック!

話す人が表現する「~して!」の表現です。

êtreの活用 読み方
sois ソワ
soyons ソワイオン
soyez ソワイエ


基本的に、二人称単(tu)、複数(vous),一人称複数(nous)の活用の主語を取った形です。
↑覚えなくても知識だけでOK!

※vousは敬意をもって誘導する感じです。
nousは複数で勧誘するイメージ 例)行こう!

活用はわかった、でも実際問題どう使えばいいの?と思いますよね?

次はそんな活用別によく使う会話文をご紹介しますね!

êtreを活用したフランス語定型フレーズ

動詞の活用を覚えたからといって、すぐ活用するのは難しい!

会話中「あれ?nousの時のêtreの活用ってなんだったっけ? je suis, tu es, il est , nous sommesだからヌソンか! 」

なんて、頭の中でチンタラやってられません。

※nousの時は、活用が簡単なonを使おう!!

会話は本の中でしてるんじゃなく、現場でしているんです!!

活用を思い出している最中に、もう会話の主題は別に移ってしまっていますよ。

日本語でもそうですが、それぐらい会話って早い。

ですから、会話中に反射的に返せるように、短くて完璧なフレーズがいくつストック出来ているかが重要です。

タン!タン!タン!と会話のキャッチボールが出来るようにリズムよく、かつ相手に理解してもらえるように、まずはよく使う文だけ覚えて下さい。

ってことで実際に「être」を活用した、よく使うフランス語フレーズを紹介します。

その中でも、旅行や自己紹介など、日常で使われるフレーズばを中心に書きましたよ。

同じフレーズを繰り返し使って定着させれば、応用出来るようにもなります!

音声を聞きたい場合は、Google 翻訳で音声聞けますので、聞きたいフレーズをコピペして貼り付け、聞いてみてくださいね。

「être」の現在形のフレーズ

バリバリ使う現在形の活用の会話文は、沢山あります。

※会話フレーズは丸覚え!文法を理解しなくてもいいです (後ほどでOK)。

私は日本人(男性)です/私は日本人(女性)です
Je suis Japonais./Je suis Japonaise.
ジュ スィ ジャポネ / ジュ スイ ジャポネソーズ

私は結婚しています/していません。
Je suis marié(e)./ Je ne suis pas marié(e).
ジュ スイ マヒエ / ジュ ヌ スイ パ マヒエ 

私は独身です。

Je suis célibataire.
ジュ スイ セリバター
 
日本に行ったことはありますか?
Est-ce que vous êtes déjà allé au Japon?
エ ス ク ヴゼットゥ デジャ アレ オ ジャポン ?

ご出身はこの辺りですか?
Vous êtes d’ici ?
ヴゼットディシ? 

美味しいです。
C’est bon.
セ ボン

準備はいいですか?
Vous êtes prêts ?
ヴゼットプレ?

「être」の複合過去形のフレーズ

どうだった?うん、よかったよ!
Ça a été ? サ ア エテ?Oui ça a été!

※Ça a été ?は「うまくいった?」と様子を伺う時にも使います。

「être」の半複合形のフレーズ

よかったよ。
C’était bien.
セテビヤン

小さい頃、「キャプテン翼」が好きだった。()は女性の場合
Quand j’étais petit(e), j’adorais l’anime Capitaine Tsubasa.
コン ジェテ プチ(プチットゥ)、ジャドレ ラニメ キャプテン ツバサ

君もうそれ知ってる?いいえ、知らなかったわ!
Tu le savais déjà ? Non, je ne savais pas !
テュルサヴェデジャ?ノン、ジュヌサヴェパ

どうして私は今まで知らなかったんだろう?
Pourquoi je ne savais pas ça avant ?
プーコワ ジュ ヌ サヴェ パ サ アヴォン?

以前は東京に住んでいましたが、2年前に大阪に引っ越ししてきました
J’habitais à Tokyo, mais maintenant j’ai déménagé à Osaka il y a deux ans
ジャビテアトーキョー、メ マントゥノン ジェ デメナ ジェ ア オサカ イ リ ア ドゥ ゾン.

半過去は、現在から見た過去の話をする時に使います。

「être」の単純未来形のフレーズ

単純未来形の活用フレーズはこんな感じです。

その方がいいよ!
Ça sera mieux!
サ スハ ミュー

その他は?それだけでいいです。←魚売り場や、肉売り場にて
 Et avec ceci ? Ce sera tout. 
エ アヴェック スシ? ス スハ トゥ

ありがとう、彼はきっと喜ぶわ!
Merci, il sera content !
メルシー、イル スハ コントン!

私は明日、ここを発ちます。
Je partirai d’ici demain.
ジュ パァティヘ ディシ ドゥマン

「être」の条件法を使ったフレーズ

私はいつでもあなたのそばにいます。
Je serais toujours là pour toi.
ジュ スヘ トゥジュー ラ プー トワ

(私たち)来ればよかったね
On serait venu…
オン スヘ ヴニュ

可能性があるか知りたかった。
Je souhaitais savoir s’il serait possible.
ジュ スエテ サヴォワ シ スヘ ポッシーブル

歓迎します。
Il serait bienvenu.
イル スヘ ビヤンブニュ

「être」の接続法を使ったフレーズ

やむを得ません。
On soit obligé.
オン ソワ オブリジェ

「être」の命令形のフレーズ

いい子にして!
Sois sage! / Sois gentil!
ソワサージュ / ソワジョンティ

強く勇敢であれ.
Soit forte et courageux(se)
ソワフォーエクハージュ 

と、ご紹介しましたが、私が一番最初に買った動詞の活用に使った本はこちら!

この本で大まかにどんなもんか法則をつかみ、少しハードルが下がりました。


↑は、あくまでも初心者向けです。ですが初心者さんには、説明が分かりやすくてオススメ!

今ではCD付きですし、音の確認も出来て便利ですね。

しかしながら勉強していくうちに、この本の動詞の数だけではやっぱり少ない。

慣れたら学校から購入する本と言われた「Bescherelle」↓をオススメします。

最後に〇〇についてあなたへ

「être」の活用について、初心者さん向けに解説しました。

私のオススメはやはりまず、発音して音で覚えることです。

私の方法はこんな感じで覚えました。

  • まずは現在形から空で言えるぐらい発音して覚える
  • 旅行会話だけなら「je」「vous」だけ覚える!
  • 現在形のよく使う旅行フレーズを丸覚え
  • 現在形のあとは複合過去と半過去覚える
  • あとは、ぼちぼち頻度の高いフレーズから、活用を覚える

正直私も普段使わない活用は、忘れました。

本を読むときだけ、「あれこれって接続法だったっけ?」となんとなく確認するぐらいです。

よく使うフレーズを完璧に丸覚えして使い、あとはおいおい応用していけば、挫折も少なくなりますよ。

ガンバ!!←昭和…

フランス語勉強方法の独学まとめ!に戻る


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄、お問い合わせ欄、公式ラインよりお気軽にお寄せください。
\フランスプチ手帳の公式LINE始めました /

LINEでしか話せない、耳より情報をコッソリお届けします。

下の『Add friend友達追加』をクリックしてくださいね!

友達追加

あなたの応援クリックが私のカンフル剤!ポチっとクリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
関連コンテンツと広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする