フランス語で「わかりました」は?発音含めて受け入れフレーズ特集!

フランス人と会話していて、了解した時の言葉は「はい」とばかり発していませんか?

それでもいいですが、もうちょっとボキャブラリーを増やしたい所ですよね?

そこで知っているととても使える「了解」や「承知」した時のフランス語のフレーズを、お伝えします。

いくつかあるので、いつも同じ言葉を繰り返さないように、変化をつけて使いまわすとGoodです!

私も最初は「Oui」だけでしたが、相手の反応も微妙…。

活きの良い会話をする為に、語彙を増やして楽しみましょ!

ではこれから一緒に見ていきましょう。

フランス語で「わかりました!」とはどういうの?

フランス語で言う返事の「わかりました」は「D’accordダッコー」です。

ほかにも色々な言い方はありますが、これが一番よく使われます。

おまけに発音も、比較的簡単!

実際の発音は、こちらの動画で確認してみて下さいね。

よくカタカナで「ダッコール」と書かれていますが、最後の「ル」は「R」で実際は吐息のようなんですよね。

日本語の「ル」の様な発音はしません。

そこだけ注意して、カタカナ発音の「ダッコー」で十分通じます。

ウチの息子は「D’accordダッコー」を省略し「D’ac ダック」と言ってますが「OK~♪」ってとこですね。

じゃあ「OK オッケー」はフランスで通じないの?という疑問にお答えします。

OKはフランスでは通じない?

通じます!

「OK!オケ!」で通じますよ!

発音のポイントはカタカナで書くと「オッケー」じゃなくて「オケ」です。

「D’accordダッコー」の単語を忘れたら「OK オケ」と言ってください。

C’est OK!
セ オケ

と、フランス風に「OKで~す!」とも言いますよ。

私も時々言います。

フランス語で「理解しました」

「D’accordダッコー?」と言われて、わかったよ!と「D’accordダッコー」と、返事するだけでもOK。

ですが、それだけではオウム返しっぽくってなんだかな、と思う時は、

D’accord, j’ai compris!
ダッコー,ジェ コンプリ!

「OK、理解したよ!」

と、言うことも出来ます。

comprisは、動詞comprendreの過去分詞です。

最初は文法はひとまず置いておき「j’ai compris. ジェ コンプリ」と丸覚えしておきましょう。

これも、返事でよく使いますよ。

ちなみに「そんなことは、わかってるよ!」と言うように現在形で言う時は

Je comprends!!
ジュ コンポン

「わかってるわい~!!」

と言ってくださいね。

反対に「わかりません」とは?

反対に「わかりません」をフランスで言うと、これは話の内容によって返事が異なるんですよね。

承知した?という同意を求める質問での質問の場合の「わかりません=賛成致しかねます」はこちら↓

Non, je ne suis pas d’accord.
ノン、ジュヌシパダッコ

「同意/承知出来ません」

わけワカメという時の「わかりません」は

Je ne comprends pas./ Je comprends pas.
ジュ ヌ コンポン パ /ジュ コンポン パ

「わかってるわい~!!」

※会話では「ne」を省略して言う時が多いです。

もう一つの意味の「わかりません」は次に書きました。

「わかりません」ではなくフランス語で「知りません」は?

余談ですが「明日雨かなあ?」とか「これって合ってると思う?」とかの返事「さあ、わかんない」「知らない」と言う場合。

Je ne sais pas.
ジュヌスィパ

これも、neを省略して「Je sais pas.ジュ セ パ」という事が多いです。

疑問形で言うフランス語の「わかりましたか?」

「明日までに片づけて、わかった?」の様に疑問形で言う場合の「わかりましたか?」も「D’accordダッコー?」です。

ただ、語尾を上げれるだけで同じです。

これ、ほんとに言われます。

家でも店員さんにも強気に言われて「ヘイ、ヘイ、わかりました~」と、若干投げやりな気分にもなります。

続いて「了解~!(-_-)ゞ」という時のフランス語です。

フランス語で「了解!」とは?

 

「ラジャー!」的な「了解」をフランス語で言うと、「Entendu!オントンデュ」

私はこれをTVのアニメで知りました(笑)
 
「D’accordダッコー」以外の同意、承知する単語をご紹介しますね!

フランス語で「承知しました」とは?

フランス語で「承知しました」とは、以下の様にも言いますよ。

C’est entendu.
セ オントンデュ

とも言います。

「よく承知しております=よく知ってるよ」はこちら。

Je le sais bien.
ジュルセビアン

「君がそれが好きなの知ってるよ!」とは

Je sais bien que tu l’aime!
ジュ セ ビアン ク チュ レム!

「ご承知のように」は

Comme vous le savez.
コム ブ ル サヴェ

こんな感じのバリエーションがありますので、場面ごとに使い分けでくださいネ。

最後にフランス語の「わかりました」についてあなたへ

フランス語で言う「わかりました」は「D’accordダッコー」

これは発音もカンタンで、カタカナ発音でもほぼOK!

もちろん「OKオケ」もフランスでも使えます。

ポイントはカタカナで「オケ」と発音すること!

「了解~♪」と友達同士で軽く言う時は「D’acダック」←あまり大人は使ってませんが。

「Entendu!オントンデュ」も了解!なので大人のあなたは、こちらをおススメします。

「Oui ハイ」以外の返事のバリエーションを増やして、会話を楽しみましょうね!


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄、お問い合わせ欄、公式ラインよりお気軽にお寄せください。
\フランスプチ手帳の公式LINE始めました /

LINEでしか話せない、耳より情報をコッソリお届けします。

下の『Add friend友達追加』をクリックしてくださいね!

友達追加

あなたの応援クリックが私のカンフル剤!ポチっとクリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
関連コンテンツと広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする