エピファニーの意味とフランス語の綴りは?美味しい行事の実態報告!

ミミ
エピファニーって何かしら?

ケーキ屋さんやネットでチラホラ見かけるんだけど?あれってフランス語なのかしら?

楊夫人
そうよ、フランス語なの。

キリスト教の行事の名前で、今ではお菓子屋さんやパン屋さんが繁盛する日だけどね

ミミ
それどういうこと?詳しく知りたいわ!

エピファニ—はキリスト教の祭日です。

フランスでエピファニ—(公現祭)はどのように過ごすのかご存知でしょうか?

  • エピファニ—(公現祭)ってフランス語でどう書くの?
  • フランスでエピファニ—はどうんな感じで過ごしてる?
  • フランスで食べるエピファニ—のお菓子を知りたいわ!
  • エピファニ—のお菓子って家でも作れる?

そんな疑問にお答えします。

エピファニ—からフランスの日常の実態を詳しくご紹介しますね!

楊夫人
お菓子の説明も併せてご紹介しますね。

エピファニーとはフランス語でどう書くの?

楊夫人
エピファニ—はフランス語で書くと『Épiphanie』です。

発音も、ほぼカタカナ読みの『エピファニ—』で通じますよ!

Épiphanie エピファニ—の意味は、ギリシャ語語源でépiphanéiaより「出没」「光り輝いて出現する」という意味からきています。

キリスト教の暦でクリスマス(12月25日)から数えて、12日目の1月6日がエピファニ—の日なんですよ。

楊夫人
ですが、フランスでは休日ではなく、平日で学校も会社も出勤します

今日のフランスでは、一般的にエピファニ—はあまり重視されていません。

もはや、古代ローマのサートゥルナーリア祭が起源のお菓子「ガレットデロワ」というパイ生地のお菓子を食べる日となっています。

楊夫人
サートゥルナーリア祭が起源というのも知らない人が多いのではないでしょうか?

ちなみにフランス人の夫は知りませんでした!?

自作のガレットデロワですが、こんなパイなんですよ。

太陽をイメージした、丸い形と金色が特徴です。

『エピファニ—』をの簡単に言えばキリスト教の祝典の一つ。

楊夫人
簡単に言うと『救世主が表れた!』と東方の三博士がベツレヘムに行って、馬小屋でイエスを発見したことを祝う日なのです
ミミ
え?『見~つけた!!』って祝うんだ。

よくわからないけど、不思議な祭日ね

そうなんですよ。

私も最初、全く理解出来ませんでした。

クリスマスツリーの下に置く、crècheクレッシュというイエスキリストの生まれた馬小屋の飾りがあるんですよ。

そこの馬小屋の飾りも、この出来事を再現しています。

実はエピファニはクリスマスと関連していた

この↑の写真はかなりファンシー化したcrècheクレッシュ(馬小屋)ですが、ドイツで発見しました。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、左に青いベ-ルを被った女性がマリアで、その下に赤ちゃんのキリストがいます。

マリアの近くにいる緑、黒、白い服の3人が、東方の三博士です。

※東方の三博士=Mage(マギ)とは、占星学師とも言われる東の国で星を観察していた賢者のことです。

このように、クリスマスにもエピファニ—と関連のあるアイテムがありました。

楊夫人
日本ではあまりなじみがないクレッシュですが、フランスでは飾っている家庭も多いです。

宗教的な理由というより、クリスマスの飾りとしてと飾っていると感じます。

この飾りは通常、クリスマスツリーの下に飾るんですよ。

横にクマのマスコットがいますが、信仰深くない義母の飾り方です(笑)

クリスマスはイエスキリストの誕生日だとなっていますから、赤ちゃんの姿のイエスもいます。
(ですが、実は12月25日はイエスキリストの誕生日だとどこにも書かれていません)

楊夫人
義両親宅のクレッシュですが..ん?

義母は三博士を牛と羊に見立てたようで、思いっきり適当な飾り方ですね。

参考文献:ca-m-interesse.over-blog.com 、de.ambafrance.org
http://www.robuchon.jp 、http://www.sadaharuaoki.jp/
「キリスト教の本 上」学研

フランスでエピファニーはどう祝うの?

楊夫人
一般のフランス人は、実はガレットデロワを食べるだけです( 一一;)

1月中は友達の集まりや習い事など人が集まる場所で、ガレットデロワを食べる機会が多いんですよ。

楊夫人
私の通っている合気道でも、フランス語講座でも年始初の日には、みんなでガレットデロワを食べてます
ミミ
年末年始にフランスに居ると太りそうね…

キリスト教に馴染みのない私は、エピファニーを毎年どんな様子が伺っていますけれど、殆どみんなキリストのことは考えていない感じがします。

それよりガレットデロワを食べながら「ノエル(クリスマス)のバカンスどうだった?」という会話で持ち切り。

楊夫人
バカンス好きなフランス人、年始の会話は毎年こんな感じです

そんなエピファニーですが、実はキリスト教の裏にはこんな話がありました。

本来はエピファニーはキリスト教の祭りではない

楊夫人
実はエピファニーは異教徒の祭りでした

私はフランスに来てから日本にはないキリスト教の祭日の意味が気になり、キリスト教の本を買って読んだんですよ。

こちらの本をキリスト教の行事の度に読んでます。

知っていると知らないでは大違い!
[itemlink post_id=”15900″]

下巻も持ってます。
[itemlink post_id=”15901″]

そこで知った事実は、クリスマスも元はと言えば異教徒の冬至が元だという事です。

冬至は一年で一番日が日が短いですよね。

その冬至を迎えた日から段々と日が長くなっていくので、その太陽の輝きを取り戻す(光の再生)喜びを祝うのが冬至祭りでした。

エピファニーはその冬至祭(=クリスマス)の一環の行事なんですよ。

そもそもクリスマスはサートゥルナーリア祭(Les Saturnales)は、サートゥルヌス神を祝した古代ローマの祭ですが、土星の祭りでもありました。

フランス語ではLes Saturnalesと書きますが、Saturnalesの元はSaturne (土星)から来ています。

ミミ
どうして土星?
楊夫人
丁度やぎ座の守護星が土星に回帰する時期なので、それが由来となったのよ

参考HP:cybercure.fr

それでは、今日のエピファニー主役とも言えるお菓子「ガレットデロワ」についてご紹介しますね。

ガレットデロワとはどんなお菓子?

楊夫人
アーモンドプードル(パウダー)とバターがメインのクリームを挟んだパイのお菓子で、特徴はフェ—ブ(豆)が入っていることです

フランス語で書くとGalette des Rois、意味は「王様のガレット」

最近では王道のアーモンド以外に、リンゴやチョコレート、ヌテラなどバリエーションも豊富になってきましたよ。

Concours de la meilleure galette des Rois(ガレットデロワコンクール)というものもあり、受賞したお店には大勢のお客さんが来ます!!

正直、こんなにガレットデロワがあると選ぶ方も大変そうですよね?

楊夫人
ちなみに1月6日付近の土日のパティスリー(ケーキ屋)やブランジュリー(パン屋)は凄い混雑しますよ!

肝心のガレットデロワの楽しみ方とフェ—ブの意味は、こちらで詳しく書きました。
https://monpetitcahier.com/archives/15849.html/

エピファニーで食べるガレットデロワの作り方

ミミ
難しそうだけど、どうやって作るの?
楊夫人
実はすごく簡単!

だからフランスでは家でも作ることの多いのよ

ガレットデロワの作り方をフランス語で見てみましょう!レシピも動画で書いてありますよ。

フランス語学習者さんの為に、ちょこっと訳しました。

分かりやすく動画のフランス語の文章のそのまま訳したので、照らし合わせてみて下さいね。

  • パイ生地2枚
  • 100g アーモンドプードル (アーモンドパウダー)
  • 75g 砂糖
  • 1つ 卵
  • 50g やわらかいバター
  • 適量のほろ苦いアーモンドオイル (なくてもOK)
  • 1つ パイ生地に塗るための卵黄
  • 1つ フェーブ
楊夫人
作り方は、ただ混ぜるだけ

大まかな作り方の順序をお伝えしますね!動画を見ながらどうぞ。

1.オーブンを220度に予熱します。

2.バターと砂糖を混ぜてから、アーモンドプードルと卵も加えて Mélange bienメロンジェ ビアン!(よく混ぜる)。

3.パイシートにフォークで穴を開けて、その上に1のクリームを厚さおよそ2㎝ぐらい載せて、フェーブも入れる。

4.もう一枚のパイ生地を載せて縁をフォークで押しながら封し、模様の切込みを入れて黄身を塗る。

5.オーブンで約20分焼きます (温度はオーブンにもよりますが、約200度ぐらい)

出来上がり!

楊夫人
フェーブは乾燥豆、王冠は紙で適当に手作りでOKです

フランスではガレットデロワの手作りキットも売っている

楊夫人
スーパーでは簡単なキッドも販売しています

有名お菓子メーカー「VAHINE」から出ているガレットデロワキットです。

こちらはノワゼットチョコレート風味。

楊夫人
ほかにも色々な種類がありますよ
このキットは袋の端の透明な部分からフェーブを見ることが出来、私は赤い四角い子を選びました。

このキャラクターはイギリスの「ミスターメン(Mr. Men)」。

フランス語版ではMONSIEUR MADAME(ムッシューマダム)という呼び名で人気です!

このキットの中身は、これらが入っています。

フェ-ブと王冠とノワゼットショコラの粉です。

このキットとパイ生地を買えば、すぐに出来ます!

ですが、忙しくて手作りする時間がないけれど、ガレットデロワでパ-ティしたい!という場合は、ネットで買う事も出来ますよ。

by カエレバ

もしくは、日本のパティスリーでも、サダハル・アオキ、ジョエル・ロブションなどで、1月初めに注文することが出来ますので、是非この機会にお召し上がりくださいネ。

最後に楊夫人から、あなたへ

フランスのエピファニーはの行事についてご紹介しました。

クリスマスや復活祭などと比べると、あまり重要視していない行事です。

普通に生活していると、もはや宗教的な意味合いはほどんど感じなく、もはや風物詩のように「ガレットデロワ」を食べるだけ。

そんなフランスのエピファニーの行事について、簡単にまとめると以下のようです。

  • フランス語でエピファニーは「Épiphanie」と書く
  • エピファニーの意味は「光」「輝き」
  • 元はと言えばエピファニーは異教徒の冬至のお祭りだった
  • フランスではもはやエピファニーは「ガレットデロワ」を食べる日
  • 「ガレットデロワ」はフランスでも家作って食べている

1月はガレットデロワで始まる!と言っても過言ではないほど、新年を感じるお菓子。

フランス風に、1月の集まりにみんなでガレットデロワを食べながら「お正月休みどうだった?」とお話してくださいね。

楊夫人
1月中販売しているので、是非ご賞味ください

フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄、お問い合わせ欄、公式ラインよりお気軽にお寄せください。
\フランスプチ手帳の公式LINE始めました /

LINEでしか話せない、耳より情報をコッソリお届けします。

下の『Add friend友達追加』をクリックしてくださいね!

友達追加

あなたの応援クリックが私のカンフル剤!ポチっとクリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
関連コンテンツと広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする