一時帰国の買い物はリサーチ要?日本滞在時の時短買い物術教えます

楊夫人
一年に一度のお楽しみの里帰り。
日本へ帰って家族や友達と会い、温泉でくつろぎのひと時だけを過ごしたい所ですが、そうも言っていられません。


そう、海外在住の私には日本滞在と言えば、年に一度の買い物の一大チャンス!
買い忘れると、また一年さようなら…抜かりのない様にしなければなりません。


せっかくのこのチャンス、失敗がない様に買い物前にリサーチしていらっしゃいます?
毎年、忙しすぎて適当に選んでいませんか?

私は幾度も失敗を重ね、やっと最近、早く且つ楽しく買い出しする方法を編み出しました。
あわせて、毎年購入するグッズも一緒にご紹介します。

フランスに住んでいれば、別に要らなうのでは?と思うモノも実は買いました。
私の買ってよかった品々をありったけの思いを込めて、あなたにお伝えします。



スポンサーリンク


一時帰国前に買うべきもののリサーチをすべきか?

結論から言いますと、私はリサーチ要だと考えています。
なぜなら限られた短い滞在時間に、出来るだけより良い製品を買って帰りたい!と思うからです。


そのためにすべきことは、私は日本に行く前の準備に掛かっていると言っても過言ではありません!
ちょっと大袈裟ですけどね。


まずは、絶対に必要なものはなにか?を明らかにすること。
そして、絶対に買って帰るもののリストを作成すること。
さらに、絶対に買って帰るものの中から、リサーチ要か否かをチェック。

私はリサーチしなくて、その時ピン!ときたお楽しみ的な買い物の少しは楽しみたいと思っています。 そこで私の編み出した、ザックリとした選び方の基準をご紹介します。
これで行う決断が早くなると思います!

リサーチ要の買い物

・本
ある分野に関して調べたいので、本が欲しいという場合は、まずアマゾンで数冊良さそうな本をピックアップしてメモします。
そして日本に到着したら、実際に大型本屋に行って手に取ってパラっと読んで比べて購入。

・絶対に買いたい!と強く願うマシ-ンや雑貨
どっちでも良さそうなものは、別にリサーチしなくても大丈夫です。
ですが、強く願うものは調べた方がベター。

これも私の場合はアマゾンなどのネットショップで良さそうな製品をいくつか調べます。
そこで実際に見て触って購入したり、見つからない場合は、金額の高くないものならイチかバチかでネットで購入します。

リサーチ不要な買い物

・定番の食品や前もって定めているもの
好物の品や、普段使っている定番の調味料は、ズバリ迷わずその物を買いましょう。
ここで時間を取られては勿体ないですので、決まっているものは先に買います。


さらにネットショップで買えるものは、先に実家宛に買って取り置きして貰います。
あとはス-ツケ-スに入れるだけでOK。

・便利グッズ
私にとって、お楽しみ的要素が多いものなので、毎年その時に良さそう!と思ったり、これがあれば毎日楽出来そう!と想像出来るズボラな考えで選んでいます。

楊夫人
とりあえず必需品リストを作り、絶対に買うものを調達。
そして、あとは自由にその時の気分で楽しむ。
こうすると、買い物も作業っぽく感じず、楽しくなると思います!
 



スポンサーリンク


これがないと始まらない、日本の愛用化粧品

コスメ大国のフランス。
フランスに住んでいたら、コスメなんてわざわざ日本で買う必要ないんじゃないの?とお思いのあなた!
実はそうとも限りません。


たしかに、フランスにはSephoraやYves Rocherなど大型コスメショップもありますし、シャネルやディオールなどの一流ブランドのコスメを安く買えます。

ですが、私はそんなに高級なコスメいらないんです^^;。
美容代をコスメに賭けるなら、良い食べ物にお金を掛けたいとシフト変更したので、ドラックストアのもので十分なのです。

ミミ
ドラックストアやプチプリコスメなら、フランスにもあるんじゃないの?


はい、あります。
ありますが、私が色々試した結果、同じ価格帯の物を買うなら日本のコスメの方が優秀に感じました。
海外に住んでこそわかる、日本の化粧品の優秀さ。


今回、私が買ったアイテムをご紹介します。

アイライナー

 

コスメは日本で買う必須アイテムの中で、最も重要なものの一つですが、今回購入したのは友達のお勧めでもあった、このアイライナー。
以前は別のメーカーを使っていましたが、今回はオスカル様!

実は、これを買う前に間違えて、別のこのメーカーを買っちゃいました。
マスカラも合わせて。

ですが、なかなかどうして悪くありません。
どれも全て試しましたが、甲乙つけがたいほど良かったです。
間違っても買っても大丈夫!

これらのアイライナー3種、購入して即使いましたが、しっとり肌に乗り、フランスで買ったプチプリコスメよりも、時間が経ってもカピカピ乾燥しなくて、キレイ!
ってどれだけ私、悪くないもの使っていたのでしょう。

とにかく、私の期待をはるかに超えた製品でした。

実はフランスに住みだしてから数年は、わざわざコスメを日本で買わなくても、現地調達でいいや!と思っていて数年は買わなかったんですよ。
現地調達してこそ馴染んだ証拠!とばかり思っていましたが、買っては失敗の繰り返し。

今から思えば、さっさと日本で買った方が早かった…。
と、結論に達したので、これからも毎年日本で調達する予定です~!

マスカラいろいろ

  昔はランコム一筋でしたが、どうも私のまつ毛には合わなくこってり仕様になり、ディオールなど高級ブランドもパっとせず、ドラックストアの物が一番合いました。

それと、透明のマスカラは、私の家の近くでは売っていませんので買いました。
私の住んでいる所が田舎だからでしょうか?
フランスで探し疲れたので日本で買いました。

アイブロウコ-ト


これを見た時には感激しました。
これこそ私が求めていたもの…プールへ行く時のマロ顔防止!


正直、プールでは知人友人には会いたくありません、片隅で隠れるようにひっそ佇んでいたいのが本心です。

芸能人泳ぎで乗り切りたいのですが、息子に競争を迫られると、顔を付けて泳がないといけないのが辛いところ。

眉に使えるということは、アイライナーの上から塗るのもアリかも?と思っています。
次回プールに行く時には試してみますね!


買わなかったもの

反対に日本でわざわざ買わなくてもいいものもありました。
それは、色物のチーク、アイシャドー、リップ類です。
これらは買いませんでした。


色物コスメはフランスや隣のドイツなどで購入しています。
私の愛すべきスタメンアイテムたち。


理由は日本製品よりフランスの製品が優秀という訳ではなく、現地の製品で十分だと思ったからです。
中には発色いいものがあるので、これはフランスやヨーロッパで買うのもお勧め!


そしてもう一つは基礎化粧品類です。
基礎コスメも普段はココナッツオイルに、シアーバターを使っているのでこれらも買いませんでした。
シアーバターはフランスン方が安いです。
私の愛用している、フランスのシンプル基礎コスメについて、詳しく書いています。
フランスの基礎化粧品の中で、化粧水を買わない私のお勧めコスメ
ロクシタンなどのブランドもの以外でも、フランスのドラックストアで品質の良い物があるんですよ。
お手頃価格なので、たっぷりと使えます。

楊夫人
フランスでコスメを買うなら、発色の美しい色物コスメ、もしくはシアーバターなどのクリーム類の購入をお勧めします!



スポンサーリンク


息子の日本語勉強アイテム

私の息子は日本に行くのが大好きです。
ですが、日本語をコツコツ勉強するのが大嫌い。
遠いので日本語補習校にも通っていません。


日仏ミックスだから、絶対に2ヵ国をマスターすべき!!とは思っていません。
ま、そうなったらいいなあと、親の私が勝手に思っているだけで、息子の性格からすると、強制させると嫌いになるタイプです。


そんな中、どうしたもんか…と考えた所、日本語を机の上で勉強させずに、少しだけでも日本語に触れさせるアイテムを毎度購入することにしました。
昨年は水で消せる掛け算表をでしたが、これはあまり活躍せず、失敗に終わりました。

で、今回購入したものはお風呂に貼る地図。
一枚は世界地図。


そして日本地図も!

我が家には一応湯船があり、小さい頃からお湯を溜めて、その中に息子を入れて浸かる習慣を付けました。

なぜ普通の地図ではなく、お風呂用にしたかというと、数年前に両親が持ってきてくれたお風呂用のひらがな表がとてもよかったのからです!
お風呂に浸かった息子にひらがなを音読させて、間違ったら水鉄砲で彼を打つという、荒っぽい訓練が功を奏し、それでなんとかひらがなに馴染ませました。

案の定お風呂の壁に地図を貼ると、嫌でも目に入ります。
国旗を見たり、地図にある場所ごとにある時計の中の針の位置が違うことに質問したりと、興味を持ってくれました。

これだけで、日本語が伸びるとは思っていません。
ですが、地図に書かれている日本語や地理にも興味を持ってくれるきっかけになるかもしれません。
貼っとくだけでいいので、何もしないよりいいやと思って買いました。


日本にお住いのお子さんを持つあなたや、旅行好きな大人の方にも、良さそうですよ!

日本の便利グッズ

なければないでよさそうだけど、やっぱりあった方が便利そう!と思う、日常生活でよく使いそうな便利グッズを毎年買っています。

毎日しなければならない面倒な家事を、少しでも効率よくし、且つお楽しみ要素もふまえて。
だって、フランスには便利グッズがほとんどないんですもん!!
便利グッズを買うのは、家事の大っ嫌いな私の、年に一度のお楽しみアイテムなんです!

そんな私が今年選んだ便利グッズはこちら。

そうじ モップスリッパ

これを一目見て、これだ!と思い即カゴに入れました。
昨年買った、ダイエットスリッパに装着したらC’est parfait(完璧)!
見た目も陽気になりました。


毎日履いて生活していますが、ウチはタイルとフロ-リングなので埃を取ってくれて、なかなかいい感じ。
ズボラは私にピッタリのアイテム!
もう一足洗い替え用が欲しいと思うほど、大活躍です。

立つしゃもじ


実家近くの100円ショップ、セリアで購入。
手持ちのしゃもじが一つ、取っ手が燃えて溶けてしまったので、新しいしゃもじを探していました。
たまたまセリアに寄ったら、なんとも画期的な立つしゃもじを発見!
これは買わねばと3つ購入し、1つは米をよく食べるインドネシア人の友達のお土産にしました。


笑っている表情付のしゃもじは、立つ他に倒しても支えがあるのでテーブルにつきません。

衛生的で、すばらしいですね。
こんなにステキなアイテムを見つけました。
本当に買ってよかったです。

水切りヨーグルト容器。


別にいらないと思いますよね^^;
私も最初は別に買わなくても…と思いましたが、形が四角い所にグっときて買ってしまいました。


早速開けて使ってみました。
ヨ-グルトメーカーという名前ですが、メーカーというよりプラスチックの水切り付きの容器です。

シンプルな作りです。
豆腐の水切りにも良さそうですよ。

水切りざるのような紺の容器と透明の外の容器には若干隙間があって、ここに乳清(ホエイ)が溜まる仕組みになっています。

張り切って試してみました。
125gのヨーグルト×4つ入れてもまだ余裕がありました。
約4時間後には、すでにホエイが結構溜まっていました。

これでケーキをいろいろ作ろうと思っています。
そもそも、なぜこれを買ったかというと、Crémet d’Anjou(クレームダンジュ)を作りたかったからです。
以前、ざるを使って水切りをしたのですが、ざるが円形冷蔵庫の中で邪魔になったので、この四角い水切り容器を見た時に、これは良さそう!と思ったのです。

実はCrémet d’Anjouはヨーグルトではなく、 レシピによってはfromage blanc(チーズ)もしくはcrême fraîche(生クリーム)を使いますが、私はfromage blancを使って作りましたが、夫がとても喜びました。

次回はこの水切りヨーグルトメーカーで、簡単に作りたいと思っています!

発酵食品も作れるヨーグルトメ-カ-


ヨーグルトメーカー続きですが、実はヨーグルトではなく発酵食品作りの為に購入しました。


購入の第一の目的は、飲む美容液こと甘酒を作りたいために購入しました!
ですが、このような機械を買わなくても鍋やサーモスの様な魔法ビンでも十分甘酒が出来るんですよ。

しかし、なぜ私がこんな嵩張る物をわざわざ買ったかというと、、、単に楽して飲みたかったからです。

タイマーが付いているので、わざわざ温度計で温度を話らなくてもいい所が気に入りました。
納豆作りも出来るので、納豆菌も抜かりなく購入して参りました。


楊夫人
ちなみに、この機械はフランスでは変圧器を通して使わなければなりませんので、海外在住の方はご注意くださいね

最後に楊夫人から、あなたへ

楊夫人
今年も日本で爆買いしてしまった私。
ですが今年の買い物に一片の悔いナシ!
毎年億劫な気分にもなるこの買い出しですが、出来るだけ時間を掛けずに効率良く、そして楽しくさせましょう。


絶対に必要なものはなにか?を明らかにすること。
そして、絶対に買って帰るもののリスト作成。
これだけ先に済ませてしまえば、あとは楽です。

私は一年分のお楽しみを、この機会にごっそり調達するつもりで、毎年ワクワクしながらコスメや、便利グッズを選んでいます。
いつものマンネリ気味の日常生活に、ちょっとしたスパイス欲しくなりますから。

海外在住のみなさま、抜かりなくお買い物しつつ、楽しむところは楽しみましょう!
次回の一時帰国の参考になれば嬉しいです。



絶対に買って帰るもののリスト作りについては、こちらをご覧ください。
日本へ一時帰国の際の買い物必勝法。リスト作りと創作意欲がカギ!


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。

スポンサーリンク

[`livedoor` not found]
LINEで送る

ランキング

ブログランキングに参加しています。
フランス愛ブログ作成の励になるので、
応援のポチをお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする