フランス人の名前に意味はある?プチパリジャンの名前から知る語源

楊夫人
フランス人男性の名前は、たくさんありますが、その中でも人気の名前を引き続きご紹介します。

きっと、この中に沢山のご存知の名前が多いと思います。
気になる、あの男装の麗人の名前もありますよ!

それでは、パリジャンの名前シリ-ズの21~40位まで、ご覧ください。



スポンサーリンク


フランス人の人気の名前とは?

最近の人気の名前は長い名前ではなく、短縮形のようなとっても短い名前です。
2010年生まれの私の息子のクラスメイトの多くは、男女問わず短い名前が多かったです。


名前の付け方ですが、何人かのフランス人に聞いてみたら、響きや音の好みで名付けたとの意見が多数ありました。
あまり、名前の語源や由来を深く調べる人はいなさそう。

私の息子のフランス語名は夫が決めたのですが、実は彼も名前の語源は知りませんでした^^;。

その名前は夫の幼馴染の名前と同じ名なのですが、彼らを呼ぶ時、とっても紛らわしい…。
ですので、夫の幼なじみの名前の前にはGrand(大きい)と付けて呼び、息子を呼ぶ時にはPetit(小さい)と付けて区別していました。


幼なじみの彼は今はイギリス在住、今はバカンスの時にしか会えないので大丈夫ですが、名前がカブってしまうのはよくあることです。


スポンサーリンク


21~30位

では21位から順にどうぞ!


21.Samuel サミュエル
語源:ヘブライ語の名前“Shemuel”
Samuelの語源となる名は”Shemuel”は、 “le nom de Dieu”「神の名」という意味があります。


22.Ethan  エタン
語源:ヘブライ語。
Ethanという名前はヘブライ語からの派生で、”fort”「強い」、 “robuste” 「頑強な」もしくは「激しい」という意味を持ちます。

23. Léo
 レオ
語源:ラテン語。
ラテン語では、Léoは「ライオン」を意味し、この名前のシンボルは”force”「強さ」”courage”「勇気」。

24.Adrien
 アドリアン
語源:ラテン語の名前”Adrianus”より
イタリアのVénétie州のAdriaから派生し、アドリア海にもその名を付けました。


25.Martin マルタン(マァタン)
語源:ラテン語の名前”Martinus“より。
Martinという名前は、ローマ時代に戦争の神に与えられた名前”Mars”「火星」が派生である”Martinus”が由来です。


26.Rayan ライアン(ハイアン)
語源:アラブ語、あるいはケルト語。
Rayanは”épanoui”「晴れやかな」、 “beau”「美しい」、”brillant”「明るい」というアラブ語起源の形容詞に由来します。
一方、ケルト語起源の説では、“roi”「王」
を意味する単語から派生したようです。


27.Baptiste バチスト(バチストゥ)
語源:ラテン語の“Baptista”より。
Baptisteという名前は、”administrer le sacrement chrétien”「キリスト教の秘跡を管理する」という意味の動詞である”baptizein”というギリシャ語にインスピレーションを受けています。

2
8.Yanis
 ヤニス
語源:ヘブライ語の”Yehohanan
“より。
 Yanisはヘブライ語派生の名前であり、”Yo”は「神」を意味し、”hanan”は「慈悲深い」または「恩寵で満ちた」という意味です。


29.Simon シモン
語源:ギリシャ語、もしくはヘブライ語。
Simonは、ギリシャ語の”simos”という言葉から由来しています。これは、 “qui a le nez camus”「誰が鼻のカミュを持っているのか」、すなわち、短くて平らになっていることを意味します。
もう一方のヘブライ語の起源説では、 “qui est exaucé”
「誰が答えられたのか」を意味するヘブライ語の”shim’ôn”が由来と言われています。

30.Joseph ジョセフ
語源:ヘブライ語。
Josephは、 “Dieu accroîtra ma descendanc「神が私の子孫を増やす」という意味の、ヘブライ語”yôsephyâh”が由来です。

31~40位

31.Mathis マティス
語源:ヘブライ語の“Mattatyahu”より。
Mathieuから派生した名前Mathisからくる。Mathieuヘブライ語の“mattai”と” yâh”から来ています。
“mattai”は “don”(プレゼント)を意味し、” yâh”には、Iahvéことヤハウェ(古代イスラエルの神)の”dieu”「神」を意味します。
よって、2つ合わせると
“don de dieu””神の贈り物”となります。


32.Oscar オスカー
語源:ゲルマン語の“Osgar”より。
Oscarはゲルマン語由来の古い名前”Osgar” から派生した名前で、”Osgar”の中に含まれる”gar”は”lance divine”「神の槍」という意味です。


33.Alexis アレクシ
語源:ギリシャ語の”Alexandros”
Alexisはギリシア語の “alexein”から来て、“repousser”「プッシュバック」、“protéger”「プロテクト」を意味します。


34.Pierre ピエ―(ピエール)
語源:ラテン語の”Petrus”より。
Pierreは、”rocher”「ロック」を意味するpetros(ペトロス)派生の名前です。


35.Noah ノア
語源:ヘブライ語より。
Noahという名前は”reposé” もしくは “apaisé”を意味するヘブライ語が由来です。


36.Axel アクセル
語源:ヘブライ語の“Absalon”より。
Axelはヘブライ語の「父」を意味する”ab”と「平和」を意味する”shalom”という2つの言葉から来ています。
よって、Axelという名前は
“平和の父”という意味になります。

37.Théo
 テオ
語源:ヘブライ語。
ThéoはThéodoreから派生した名前で、”Théodôros”というギリシアの名前に由来しています。
“Théodôros”は
“don de Dieu”「神の賜物」と意味する名前です。


38.Romain ロマン(ホマン)
語源:ラテン語の“Romanus”より。
Romain、”provenant de Rome” “ローマから” もしくは “habitant de Rome” “ローマ住民”という意味のラテン語の”romanus”が由来です。


39.Valentin ヴァランタン(ヴァロンタン)
語源:ラテン語の”Valens”より。
ラテン語で”valens”は”fort”「強い」、”robuste”「頑丈な」、”vigoureux”「力強い」という言葉を意味します。
Valentinusという名前は、Valentinに関連しているかもしれませんが、Valence出身の人々を指すのにも使われていました。


40.Augustin オーギュスタン
語源:ラテン語のAugustinusより。
Augustinは昔の名前”Augustinus”から来ており、 “vénérable”という意味を持つ、ラテン語の “Augustus”にインスパイアされた名前です。


 
※()のカタカナは、よりフランス語の発音に近い書き方で表現しました。

引用及び参考文献:motperdu.frjournaldesfemmes.com

楊夫人
ラテン語やヘブライ語の語源が多い、フランス人の名前
漢字のように、その単語に色々な意味が含まれている名前もあって興味深いですよね。


オスカルことOscarは、32位と上位にランクイン!
かたやAndréアンドレは100位にも入っていなく、ここでもオスカルに負けていました~。


ちなみにAndréという名前の語源はギリシャ語の”Andreas”から。
“homme”「人」という意味を持つ、ギリシャ語の”andros”という言葉が由来となっています。
オスカルの語源の方が勇ましいですね。

プチパリジャンのベスト21~40位はこのような結果でした。
気になる人の名前の語源を読んで、想いを馳せてみてくださいね。


>>フランス語の名前 まとめぺ-ジに戻る


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。

スポンサーリンク

[`livedoor` not found]
LINEで送る

ランキング

ブログランキングに参加しています。
フランス愛ブログ作成の励になるので、
応援のポチをお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする