フランスの小麦粉タイプ55は何と呼ぶ?パン作りの種類別にご紹介

楊夫人
フランス好きで、料理好き!
料理好きが高じてフランスに来ちゃったという方が少なくはないと思います。
もしかして、あなたもその一人では?


今回は、お菓子や料理にまつわる、フランス語の材料の名前編。
小麦粉のフランス語名と読み方、そして使い分けについてご紹介します。

私は、フランスに来て料理の本でフランス語を学んだと言っても過言ではありません!
と言うのも、必要に迫られたからですが(^^;)

美しい響きのフランス語。フランスにいる気分で料理してみて下さいネ!


スポンサーリンク


Ingrédient 小麦編

お菓子や料理の原料となる材料、小麦粉はフランス語でなんと呼ぶのか、そして種類もご紹介したいと思います。

※「Ingrédient アングレディオン」 とは、「成分や含有物や材料」という意味の単語で、よくレシピ本にIngrédientと書かれた項目に、材料が書かれてあります。

私の持っている本の一部を載せますが、こんな感じで表記されています。




上の写真より、一部翻訳してみましょう。
・200g de farine T.45 + 10g ドゥソン グハム ドゥ ファヒィン テ.キャホンサンク プリュス ディ グハム

(+10gは、打ち粉の分量です)

farineとは「穀物の粉、若しくは小麦粉」の意味。
そして、de「~の」という意味。
45はキャホンサンク、なので日本語訳は「200gのタイプ45の小麦粉」です。


簡単ですよね!

T.45に関しては、後ほど説明しますね。

フランスの小麦粉の種類は多いです!

フランスの小麦粉は、実はかなり多くの種類があり、分類分けされています。
知らないと、ズラ~っと並べられた小麦粉の多さに、どれを選んで良いのか圧倒されるほどです。


小麦粉の種類は使う用途によって、「Type ティプ=タイプ」の数字にて、分類されていて、例えば、Type45やType55など数字で分類されています。

この数字の違いは何を表しているのでしょう?
それは、小麦粉の灰分(ミネラル)の含んでいる量の違いで、数字が違うんです。

例えば、同じパン作りでも、灰分の含有量の少ない粉で作ると、あっさりした味わいになりますが、反対に灰分の多い粉で作ると、小麦の風味が感じられる力強いパンが出来ます。

このように、作りたいパンの種類や作りたい料理によって、使い分けをします。


スポンサーリンク


タイプ別、ミネラルの含有量

どのタイプが、どれだけミネラルが入っているか、表にしてみました。

 Type タイプ  la teneur en minéraux  ミネラル含有度
 Type45   0,50 %以下
 Type55  0,50 % ~ 0,60 %
 Type65  0,62 % ~ 0,75 %
 Type80  0,75 % ~ 0,80 %
 Type100  0,75% ~ 0;90%
 Type130  1,00 % ~ 1,20 %
 Type150  1,50 %以上
こんなに種類があるの~?覚えられないわ!と思いませんか?

実際、普通の家庭ではこれらの粉を全て、使っている人はいないと思います。
私も、一種類しか使っていません。

大まかに、タイプの数字が大きくなる程、ミネラルが多く含んでいるものだと覚えていだけでOKです。

それにしても、日本に比べて種類が多いでしょう?
私もフランスに来た当時、種類が多過ぎてどれを買ってよいか分からず、売り場でボ-然と立ちつくしてしまったほどです。

結局、その日は買わずに、一旦家に帰って調べて、また買いに行きました(^^;)。


スポンサーリンク


タイプ別の用途

フランスのサイトより、タイプ別の使い方をご紹介します。

Type 00 ティップ ゼホゼホ

ピザ用です。
ピザトラディショナルを作りたい時に、弾力性が良く簡単に捏ねることが出来る粉です。 


ピザ以外の用途はfougasse フ-ガス(イタリアのピザよりも厚みのある、平たいパン)、Focaccia フォカッチャ(プロヴァンス地方のフーガスに似たパン)、またはcalzones カルゾンヌ(日本語名はカルツォーネで?イタリアの半円型のピザ)などにも適しています。

ちなみに、私はcalzonesが大大大好きです!

http://monpetitcahier.com//HLIC/a871022a10483da781d0484681905f15.jpg

※画像はfrancine.comよりお借りしました。

Type 45 ティップ キャホンサンク

お菓子作りや、viennoiseries ヴィノワズリ-こと菓子パン類。
いわゆる fleur de farine フル- ドゥ ファヒンこと、小麦粉です。


下の画像のブランド「Francine フランシ‐ヌ」はフランスで、とても有名です。
大概、どこのス-パ-でも置いてありますよ。


http://monpetitcahier.com//HLIC/1890214ef6fedb8677ace429520d0ee1.jpg ※画像はfrancine.comよりお借りしました。

Type 55 ティップ サンコンサンク

タルト、ピザ、パスタやパンケ-キや食パンなど色々使えます。
FrancineはBioの粉も販売していますので、ス-パ-で気軽に買えますよ。


http://monpetitcahier.com//HLIC/a3bf42c4ab0cf1ab4ce289766c434406.jpg
※画像はfrancine.comよりお借りしました。

Type 65 ティップ スワソンサンク

お菓子作りには基本Type 45を使いますが、少しこのType 65を加えることにより、少し素朴な風味を引き立てることが出来る粉です。
パン作りにも適していて、ピザにもOK。

この粉で作れるパンの種類は、pain de campagne パン ドゥ カンパ-ニュや、pain パン、もしくはtradition トラディションなども出来ます。

大体の目安ですが、Type 45~65までの粉であれば、お菓子から普通のパン、パスタ等に使ってもOKと、アドバイスが書かれてありました。

たくさん買っても使えなさそう、どれか一種類でいいや!という場合なら、Type 65を買うと無難でしょう。

家庭料理から、パンまでオールマイティに使えます。

http://monpetitcahier.com//HLIC/2c0bf9f1b26182406a06b10a16c3475e.jpg
※画像はCelnat.frよりお借りしました。

Type 80 ティップ キャトヴァン

いわゆる« bise »と言われる小麦で、幾つかの栄養価が高い成分(ミネラル)が含まれています。
パン作りするのに色々な種類を作る事が出来る、多目的性のある小麦粉。


Gourmandise sans frontieresというサイトには、理想的なパン作りの割合は60%をType65、残りの40%をType80と書かれてありました。

この割合から想像すると、風味豊かでありながら、食べやすい感じですね。

http://monpetitcahier.com//HLIC/ae89b11732e4789fcdfde6440f029a17.jpg
※画像はCelnat.frよりお借りしました。

Type 110 ティップ ソンディス

代表的な用途は、semi-complète セミ-コンプレ=半粒粉のパン作りに。
ややハ-ドタイプのパンですね。


http://monpetitcahier.com//HLIC/5e511f7d49fe16b64b8bbc35d8ea8ab5.jpg
※画像はCelnat.frよりお借りしました。

Type 130 ティップ ソント—ントゥ

complètes コンプレこと、”Le pain complet au blé” 全粒粉のパン作りに。
http://monpetitcahier.com//HLIC/94e307857ee8eede7a4993e09d1d325b.jpg


※画像はCelnat.frよりお借りしました。

Type 150 ティップ ソンサンコン

完全な全粒粉です。
pains au son パン オ ソンこと、ふすまパン作りに最適。

フランスの健康サイトamelioretasante.comでは、このパンコンプレは大腸がんを予防する為の、fibres insoluble 不溶性繊維が入っているとのこと。
とても身体に良さそうです。

http://monpetitcahier.com//HLIC/1166d4b7f1182d703dc626411ec48993.jpg
※画像はCelnat.frよりお借りしました。


ちなみに、Farine de blé anciens Intégrale (Type 150) ファヒン ドゥ ブレ オンシアン アンテグハルという、昔の製法で作られた、栄養価の高い古代小麦もあります。


この粉はあまり一般的ではないので、ス-パ-の粉内売り場よりも、Bioコ―ナ-や、もしくはオ—ガニック専門店で探す方が確実です。

糖質が少ないので、ダイエットに良さそうですよね。

http://monpetitcahier.com//HLIC/3d9abf0b55dd35363575b68eb662eedc.jpg
※画像はCelnat.frよりお借りしました。



※ちなみに、Typeが省略されて表記されている場合もあります。
T55若しくは、T.55などTと数字だけの表記もありますので、袋をチェックしてみてくださいね。

※引用文献及び出典:celnat.fr, marabout-cote-cuisine.com, amelioretasante.com

gourmandisesansfrontieres.fr

wikipedia.org

明記していない粉もあります

袋にタイプが書かれていない粉もあります。
それを知ったのは、マルシェの地元のBio(オーガニック)のブースで買ったことでした。

スーパーで買った小麦粉で作った食パンが、あんまり美味しくなかったので、美味しい小麦粉を探して、試しに購入してみたのがきっかけでした。

たぶん、安過ぎる小麦粉を使っていたせいかもしれません(^^;)

Bio製品の袋を見ると、タイプが書かれていないではありませんか!?
他の農家でも購入していますが、やはりタイプが書かれていませんでした。


私が目下使っている粉はこちらです。


この「Type fine」と書かれたタイプは、大概なんでもいける粉だそうです、おじさん曰く。
以前マルシェで「この粉でパン焼けますか?」と聞いたら「なんでもいけますよ!」と、アバウトな答えが返ってきました。


怪しいと思いつつ、実際に普通の食パンを焼きましたが上手くいったし、何より美味しい!
私はその時に、こんなに小麦粉に味があるのか…と驚きました。

この様に食パンが美味しく焼けたので、恐らくこの粉は万能粉こと、ユニバ-サルなType65だと思います。

でももし、あなたが特別なパン、たとえばコンプレ(全粒粉)やセミコンプレのパンを作りたい時には、これではなく、「パンコンプレ用の粉下さい!」と言ってくださいね。



楊夫人
色々な種類の小麦粉が存在するフランス。
料理が趣味の方にとっては、色々実験出来るので楽しそうですよね。

キッチン付きのアパ-ト式ホテルを取って、料理してみるのもGood。
料理の基本となる小麦粉の違いに、一度味わってみて下さいね


>>フランス語の名前 まとめぺ-ジに戻る


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。

スポンサーリンク

[`livedoor` not found]
LINEで送る

ランキング

ブログランキングに参加しています。
フランス愛ブログ作成の励になるので、
応援のポチをお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする