楊夫人プロフィ-ル

 

楊夫人
一体、誰がこのブログを書いているの?とお思いのあなたへ。
わたくしこと、楊夫人(マダムヤン)のプロフィールを兼ねて、自己紹介しますね。


スポンサーリンク



楊夫人プロフィ-ル

・ 2006年 フランス、ロレ-ヌ地方へ移住&フランスにて婚姻
・ 2010年 息子誕生
・ 2017年 現在に至る


日本在住時代は普通の会社員で、実はフランスのことは全然知りませんでした。
特に好きな国でもありませんでしたが(すみません…)、洋服はフランスのかぶれで、セントジェームズを来て、エルベシャプリエのバックを持ってました。

そして、ソニプラで買っていたプチバトーのTシャツは私の定番、そう私は雑誌「Olive」の世界が好きでした。
現在は「暮らしの手帖」、「LEE」、「marie claire idées」が好きです。



■現住地
Région Grand Estこと、フランス北東部。
アルザスに比べて、とっても地味なロレ-ヌ地方ですが、ミラベルやクエッチで有名な産地です。




■出身地
関西出身。
FM802のヘビ-リスナ-で、 朝はジーン長尾さんの美声からはじまり、ヒロTさんへ。
御堂筋の公開放送にて、ヒロTさんと握手して貰ったのも良い思い出です。


■趣味
・蚤の市通い。



言わずと知れたSarreguemines, Lunéville,Badonvillerと有名な窯が多いここロレ-ヌ。
当然ながら蚤の市には、たくさんの可愛い古い食器に、毎回出会うことが出来ます。
買いすぎに気を付けながら、色々見て回るのが日曜日の朝の定番となりました。



ルクルーゼの傘下に入ったCousances(クーザンス)社も我がロレ-ヌ地方。
結構見かけることが多いので、ルクルーゼと共にコレクションしています。

昔の製品は、現行と違った可愛いデザインの物が多いので、ワクワクしながら探しています。



・ 西洋占星術

小学生の頃から好きだったのですが、息子が生まれたのがきっかけに再び情熱が蘇り、当時まだbébéだった彼の性質をいち早く知りたい!と思って、勉強し始めました。
インド占星術を勉強したかったのですが、現在はフランスでも学びやすい西洋占星術を学んでいます。
夢は、イギリスでアストロジ-の短期留学することです!


最近は、フランス発祥のマルセイユタロットにも興味アリ。


・ 洋裁
日本在住時は趣味で8年程、上田安子服飾専門学校の講師の経験を持ち、元心斎橋大丸のジバンシーで働いていた先生の元で、洋裁を習っていました。
先生はなんと、ジバンシー氏本人にもお会いしたこともあり、手を動かしながら、みんなで先生の昔話を聞くのが好きでした。

なぜ洋裁を習っていたかというと、当時私のサイズのスカ-ト(7号)が、あまり売っていなかったので、自分の好きな生地でピッタリなサイズの物を作れるように、習っていました。

現在はというと、あまりまとまった時間が取れないこともあり作っていませんが、幸いフランスは子供服でも大人っぽい色味が多いので、子ども服を着ています。
悲しいかな、14歳のサイズが丁度いいです^^;。

リカちゃん人形コレクション
幼少の頃からリカちゃん人形が大好きで、大人になった今でも相変わらず好きです。
現在は日本の工場で唯一作っている、福島県のリトルファクトリ-製のリカちゃんの可愛さにトリコになり、購入して並べて眺めては、一人で微笑んでいます。
ジェニーちゃんも好きで、数年前には男の子の人形まで買ってしまいました。
周りには全く理解されていませんが、いいんです…。

昔取った杵柄で、リカちゃんの洋服や着物を作ることも大好きです。


・音楽鑑賞
Queen,m-flo,聖飢魔Ⅱ,クレイジーケンバンドやPIZZICATO FIVEなどの渋谷系をよく聞きます。

・映画鑑賞
どこかエレガントな「007」シリ-ズが大好きで、特に古い時代の作品が好きです。
ファッションチェックも欠かしませんので、「オースティン・パワーズ」も大好きです。

80年代からの香港映画も好きで、よく見ていました。
チャウ・シンチー&ン・マンタコンビの「ゴッド・ギャンブラー」シリ-ズや、もちろん「ポリス・ストーリー」のジャッキー・チェンもすごく好きです。
香港の喧噪とアクション、そして湿り気のある懐かしいアジア映画の色味が好きです。

■家族構成
日本語を話すロレ-ヌ人で、レトロゲ-ム愛好家、且つ日本のプロレスファンの夫に、ぬいぐるみ大好きで毎日和歌山で買ってもらったみかんのぬいぐるみと、新世界で買ったタコのぬいぐるみと寝ている、甘えたの息子が一人。




■仕事
先任がチェコへ行ってしまい(現在台湾)、急きょ引継ぎで任された個人的な日本語教師。
ですが、その生徒さんが多忙に付き、現在は行っていません。




好き嫌い
・埃アレルギ-のせいか、掃除が大嫌いです。
掃除が下手なので、モノが大好きでしたが、最近処分することも覚えました。

・好きな事はファッション、インテリアを見ること、可愛い物を見つけること。
タモリ倶楽部の工具や船特集を見ること。
そして、本を読むことと、文章を書くことです。





■持病
幼少の頃からアレルギー性鼻炎と、乾癬持ち。
フランスに越してきてから更に悪化してしまい、2016年の初夏より、Naturopathe(自然療法士)の元で、グルテン、乳製品、砂糖、卵を控えた食生活を開始。


友人の家に招かれたり、ノエル等の行事ごとでは食べますが、普段の生活ではほぼグルテン、乳製品、卵フリーで砂糖は極少量の生活をしています。

この食事療法のお陰か、乾癬の痒い部分が減り、鼻炎も以前よりましになりつつあります。

■年齢層
大好きだったラ-メン「楊夫人=マダムヤン」のCMがTVで流れていたのは、私が小学生の頃でした。
という事は、40代で…と、そこまでで、ご勘弁を。

なぜ、ロレ-ヌに住んでいるの?

ロレ-ヌ地方が夫が出身地だからです。
夫との出会いは、私がこの地方へホ-ムステイをした時でした。
イタリンモ-ドが大好きな私は、本当はイタリアにホ-ムステイしたかったのです。
しかしながら休みが合わず、丁度会社の盆休みに企画されていたフランスホームステイに、まあいっか…と思って行きました^^;。
あの時イタリアに行っていたら運命が変わっていたと思います。

現在の住んでいる何もない街は、都会のオフィスビル街で勤めていた私にとって、あまりの環境の違いにショックでした。
もうちょっと大きな街に住みたかったですが、静かな環境が段々心地よくなってきました。


ですが、3か国の国境付近に住んでいるので、隣の国に簡単に行く事が出来るメリットがあります。
税率によって買う物を、国で分ける事が出来て、ちょっとラッキ-です!

住めば都、とまではまだ言えませんが慣れました。
日本へ里帰りすると、あまりの人と物の多さに圧倒される田舎者になってしまいました。


スポンサーリンク


どうしてブログを書いているの?

その一つは、住んでいるフランスと日本への貢献の為です。
テロの為か観光客が減少し、不景気のフランス。
でも…できれば、以前の様に日本からたくさんの方が遊びにいらして頂きたい。


そしてもう一つ。

元々自分の記録の為にブログを始めたのが、約10年前。
それから息子の成長記録や、蚤の市で買った写真を物を載せるようになり、それと同時にもっと文章や表現力を身に付けたい!と段々気持ちが膨らんできました。

お世話になってるフランスに貢献しつつ、私も腕に磨きを掛けられれば…。
このブログで、日本人のみなさんにフランス旅行をもっと楽しんで頂き、€を落としてくれれば…。

そんな2つの想いからブログを始めました。
そして情報が少ないロレ-ヌ地方の魅力も、この機会に知って頂ければ嬉しいです。

休憩時にカフェを飲みながら読むような、肩の凝らない内容と、フランスのプチ情報もお伝えします。
あなたが読んでワクワクしたり、ちょっとクスっとする様な、そんなフレンチブログを書き綴っていきますので、
どうぞよろしくお願いします。

楊夫人

ランキングに参加しました。
フランス愛への1クリック、ありがとうございます。

人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。

スポンサーリンク

[`livedoor` not found]
LINEで送る

ランキング

ブログランキングに参加しています。
フランス愛ブログ作成の励になるので、
応援のポチをお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 杉藤真弓 より:

    はじめまして^ ^
    名古屋に住んでいます。
    毎年一回Parisへ行きますが、今年は我慢。来年の5月末のヴェルサイユ舞踏会に参加するために貯金中です^ ^

    あなたのブログを楽しみに拝見します^ ^

    どうぞよろしくね

    名古屋のアントワネットより^ ^

    • 楊夫人 より:

      はじめまして、名古屋のアントワネット真弓さま
      コメントありがとうございます!
      ヴェルサイユ舞踏会、素敵ですねえ。
      と、いうことはロシア皇帝の伝統衣装に身を包んでのパ-ティですね。
      想像するだけで、うっとりします。

      私はベルサイユに大昔に1度行ったきりで、殆ど忘却の彼方です。
      現在の住まいからも遠いので、同じフランスに住んでいても、
      なかなか行く機会がありません。
      どうぞ、私の分まで楽しんでいらして下さいませ。

      ブログも引き続き、よろしくお願いします!

  2. まーさん より:

    めちゃ。すてき!本町デート楽しみにしてます。洋裁もできるなんて素晴らしいっす。神戸からいつも応援してます!まーさんより

    • 楊夫人 より:

      ま-さん、コメントありがとうございます!
      私も今から懐かしの本町でデ-ト、ワクワクしています。
      洋裁は、最近全然していなくテ-ブルクロスぐらいです(=_=)
      また、時間が出来たら作りたいなあと思っています。

      ありがとうございます~(T_T)
      本当に不景気で悲しいです…。
      ですので、再び大勢の方にフランスへ旅行しにいらして頂きたいです。
      目指せCome back(revenir) Galeries Lafayette(笑)
      そして、不景気で無くなったラファイエットを、もう一度カムバックさせたいです!
       
      ちいさいことから、コツコツと地道に
      誰にも頼まれてもいませんが(笑)、一人営業活動がんばります。