楊夫人プロフィ-ル

 

楊夫人
一体、楊夫人ってだあれ?とお思いのあなたへ。
プロフィールのページにお越しいただき、ありがとうございます。
わたくしこと、楊夫人(マダムヤン)の自己紹介をこちらで申し上げます。


スポンサーリンク



楊夫人プロフィ-ル

フランスに住みたい!と思いもしなかったのになぜか遠いフランスへ来てしまった、わたくし楊夫人。
至ってごく普通の恋をし、ごく普通の結婚をしました。
でも、ただひとつ違っていたのは配偶者がフランス人だったのです。


・ 2006年 フランス、ロレ-ヌ地方へ移住&フランスにて婚姻
・ 2010年 息子誕生
・ 2016年 年末よりブログ開始、現在に至る

なぜ「楊夫人」と名乗っているか?
それは、私にとって”マダム”と言えば、”フランスマダム”よりラーメンの”マダムヤン“を思い出させるからです
あ、でもこんな美人じゃないですよ。

家族構成

日本語を話すフランス人で、レトロゲ-ム愛好家、且つ日本のプロレスファンの夫。
ぬいぐるみ大好きで父親の教育により、すでにゲーマー、甘えたの2010年生まれの息子が一人。

どうして日本じゃなくてフランスに住んでるの?

単に夫がロレーヌ人だったからです。
そして、フランスに住む方がバカンスが長いので、
日本に数週間帰ることも簡単。
私の働いていた会社では、盆正月休みに有給足してもフランス滞在はせいぜい1週間..。
その理由で泣く泣く退職し、フランスに住むことにしました。

どうやって夫となるフランス人と知り合ったの?

夫との出会いは、私がこの地方へホ-ムステイをした時でした。
イタリンモ-ドが大好きな私は、本当はイタリアにホ-ムステイしたかったのです。
しかしながら休みが合わず、丁度会社の盆休みに企画されていたフランスホームステイに、まあいっか…と思って行きました。
あの時イタリアに行っていたら運命が変わっていたと思います。 

フランスのどこに住んでるの?

Région Grand Est レジオン ゴ-ン デストこと、フランス北東部です。
アルザスに比べて、とっても地味なロレ-ヌ地方。
ですが、ミラベルやクエッチで有名な産地です。



ミラベルは8月の終わりが旬です。
この果物を見ると「嗚呼、もうバカンスも終わり…」と寂しくなる果物のひとつでもあります。
ねっとりしておいしいのですが、食べることに夏の終わりを感じます。


そして、サンタクロースの起源にもなった、St.Nicolasサン二コラのお祭りも有名です。
12月の上旬にある村のサン二コラ祭りは、子供達に人気です。

趣味

趣味だけはやたら多く、常に何かがマイブ-ム!夢中になっております。
時々記事内でもポロっと出てくる、それぞれの趣味についてお伝えします。

蚤の市



言わずと知れたSarregueminesサルグミンヌ, Lunévilleリュネヴィル,Badonvillerバドンヴィレー などの有名な窯が多いここロレ-ヌ地方
地味な地域ですが、かわいい焼物をよく見かけるのが良い所。


カフェオレ ボウルは1940年~あたりのバドンヴィレー が結構集まりました。
ですが最近はめっきり見なくて、見つけた日はとてもラッキ-。

サルグミンヌの花形リムコレクション。

蚤の市は、スケジュールの書かれているサイトをチェックして、日曜日に出動。
春から秋にかけては多くの開催場所で行われているので、月に2~3回は行ってますが、冬は少ないので11月から3月になるまではいかない月が多いです。



ルクルーゼの傘下に入ったCousances(クーザンス)社も我がロレ-ヌ地方の企業。
結構見かけることが多いので、ルクルーゼと共に鍋コレクションしてます。

昔の製品は、現行と違った可愛いデザインの物が多いので、ワクワクしながら探しています。

ルクル-ゼのヴィンテージものがどんなに欲しくても、ネットではなく蚤の市で実際手取って見て買うのが私の信条。

私の住まいはベルギーにも遠くないので、時々Boschも見かけます。

西洋占星術

小学生の頃から好きだったのですが、息子が生まれたのがきっかけに再び情熱が蘇る。
当時まだbébéだった彼の性質をいち早く知りたい!と思って、勉強し始めました。

インド占星術を勉強したかったのですが、現在はフランスでも学びやすい西洋占星術を学んでいます。
夢は、イギリスでアストロジーの短期留学することです。


最近は、フランス発祥のマルセイユタロットにも興味アリ。

洋裁

日本在住時は趣味で8年程、上田安子服飾専門学校の講師の経験を持ち、元心斎橋大丸のジバンシーで働いていた先生の元で、洋裁を習っていました。
先生はなんと、ジバンシー氏本人にもお会いしたこともあり、手を動かしながら、みんなで先生の昔話を聞くのが好きでした。

なぜ洋裁を習っていたかというと、私のサイズのスカ-ト(7号)がなかったからです。
自分の好きな生地でピッタリなサイズの物を作れるように、習っていました。


現在はというと、あまりまとまった時間が取れないこともあり作っていません。
幸いフランスは子供服でも大人っぽい色味が多いので、子ども服の14歳のサイズを着ています。


もっぱら、直線縫うだけのテ-ブルクロスオンリー。




スポンサーリンク


リカちゃんキャッスル人形コレクション

幼少の頃からリカちゃん人形が大好きで、大人になった今でも相変わらず好きです。
現在は日本の工場で唯一作っている、福島県のリトルファクトリ-のリカちゃん命。

ジェニーちゃんも好きで、数年前には男の子の人形まで買ってしまいました。
年賀状には毎年出演。


昔取った杵柄で、リカちゃんの洋服や着物を作ることも大好きです。

音楽鑑賞

・Daft Punk
・Queen
m-flo
聖飢魔Ⅱ
・クレイジーケンバンド
PIZZICATO FIVE(田島貴男時代が特に好き)
・TMネットワーク

映画鑑賞

・「007」
どこかエレガント。そして絶対007は死なないので、いつでも安心して見れます。


・「オースティン・パワーズ
バカっぽさとマリクワントを彷彿させる60’sモード、そしてバートバカラックのハーモニーがグっときます。

・「ゴッド・ギャンブラー」
80年代からの香港映画も好きで、よく見ていました。

もちろん「ポリス・ストーリー」のジャッキー・チェンもすごく好きです。
香港の喧噪とアクション、そして湿り気のある懐かしいアジア映画の色味が好きです。

ドラマ鑑賞

私は、どっぷり大映ドラマ世代の団塊J、好きなドラマが多い中、お気に入りはこちら。

・ 「スチュワーデス物語」
贅沢にもイタリアロケもあった「スチュワーデス物語」。
私には、ヒロシは訓練場で一番、イカスと思えませんでしたが、仇役の真理子はカッコ良かったです。

・ 「乳姉妹」
しのぶの不良少女は、見れたものじゃなく笑いのツボとも言えるでしょう。
「ポニーテールは振り向かない」のワルっぽく振舞う、邦男もいいですね。
伊藤かずえ、松村雄基、鶴見しんごの御三家は、譲れません。


「スクール☆ウォーズ」
毎度泣いている滝沢先生に、白馬に乗って神社に現れる恵子や、今時洗濯板で選択する姿のマネ-ジャーが絵にかいたような苦労人で胴上げのシーンの長さに驚きました。

ですが、私のお勧めは第8話で「東京流れ者」を歌いながらケンカする、どう見ても16歳には見えない老けた高1の、大木大助の乱闘シーンです。

・「愛の嵐」
ひかる(田中美佐子)のかわいさは勿論ですが、絹さんの(江波杏子)の色っぽさったら。
思い出しても、しぐさや言葉使いが本当に美しいドラマでした。

憎まれ役だった勇作(長塚京三)が本気で嫌いでした。

読書

古代ギリシアがんちく図鑑芝崎 みゆき
「古代エジプトうんちく図鑑」 芝崎 みゆき著
「古代マヤ・アステカ不可思議大全」 芝崎 みゆき
「アラビア科学の歴史」ダニエル ジャカール著
など歴史本が好きです。


あとは田辺聖子、塩野七海のエッセイ(歴史本は買ったものの、まだ読んでません)
中島らもの「明るい悩み相談室」など読んでいます。

漫画は「エースをねらえ」「ベルサイユのばら」「ポーの一族」「ガラスの仮面」「ジョジョの奇妙な冒険」「パタリロ!」「キャプテン翼」
別マの槇村 さとる、くらもちふさこに、少女フレンドの大和和紀が好きです。

現実を見つめた生活雑誌「暮らしの手帖」、「LEE」を読みます。

そしてオリジナルな部屋を作るインテリア雑誌「marie claire idées」。
ちょっと雑っぽいところが見え隠れ、そんな適度に抜たところもいい感じ。

苦手なこと

・掃除
埃アレルギ-のせいか、掃除後の埃でくしゃみが止まらないので苦手です。
掃除ロボットを入手、バンザイ!


・皿洗い
もうほんとに嫌い。早くコイコイ食洗器。

・縦列駐車
フランスでは縦列必須ですが、いつまで経ってもヘタ。

持病

幼少の頃からアレルギー性鼻炎と、乾癬持ちでフランスに越してきてから更に悪化。
2016年の初夏より、Naturopathe(自然療法士)の元で、グルテン、乳製品、砂糖、卵を控えた食生活を開始。

友人の家に招かれたり、ノエル等のお祝い行事では家族一緒に食べていますが、普段の生活ではグルテン、乳製品、卵フリーで砂糖は極少量の生活をしています。


この食事療法のお陰か、乾癬の痒い部分が減り、鼻炎も以前よりましになりつつあります。

スポンサーリンク


どうしてフランスでブログを書いているの?

こつこつとブログを書くに至った理由は大きく2つあります。

フランスへの貢献

一つは、現在住んでいるフランスと日本への貢献の為です。
元々書く事が好きで、自分の記録の為にブログを始めたのが、約10年前。
今から思えば、ただの自己満足ブログでした。


最近、多くのフランス人が日本に旅行なさっているのですが、「日本すごく良かった!」という声を聞くと、私自身がとても嬉しく感じました。

日本人のあなたにも、フランスに旅行へ行って帰ってきた時に「行って良かった!」「楽しかった!」と言って頂きたい。

そう思って自己満足ブログを脱し、もっとお役に立つような、読んで満足感のあるブログを書く!
知っていると便利な情報を、フランスからお届けしようと思ってスタ-トしました。

同じフランス語学習者の同士への情報提供

日本の本屋に行くと、英語に比べてフランス語のコーナーの小ささたるやびっくり!?
さらにフランス語は、フランス人でさえ難しいという言語。


そんな同じフランス語を学ぶ同士として、現地から少しでも「この本良かったよ!」「こう覚えた方が分かりやすい!」とした情報をお伝えしたいのです。

私自身、フランスに住んでいながらも語学学校が近くになかったせいで、ほぼ10年家で独学。
基礎を身に付けるまで本当に苦労をしたからこそ、あなたにはもっと最短で習得して頂きたい。
そのような思いから、息子の学校の授業から、これは使える!というメゾットをシェアしたいと思っています。


そんなあなたが身に付けたフランス語で、会話を楽しみにフランスにお越し頂ければ、私はもうそれだけで本望です。

楊夫人から最後にあなたへ

楊夫人
長~い自己紹介をここまで読んで下さり、本当にありがとうございました。
情報が少ないロレ-ヌ地方の魅力も、この機会に知って頂ければ嬉しいです。
読んでなるほど!と思ったり、ちょっとクスっとする様なフレンチブログを、こつこつ丁寧に書き綴っていきますので、どうぞよろしくお願いします。

楊夫人


ランキングに参加しました。
フランス愛への1クリック、ありがとうございます。

人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。

スポンサーリンク

[`livedoor` not found]
LINEで送る

ランキング

ブログランキングに参加しています。
フランス愛ブログ作成の励になるので、
応援のポチをお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 杉藤真弓 より:

    はじめまして^ ^
    名古屋に住んでいます。
    毎年一回Parisへ行きますが、今年は我慢。来年の5月末のヴェルサイユ舞踏会に参加するために貯金中です^ ^

    あなたのブログを楽しみに拝見します^ ^

    どうぞよろしくね

    名古屋のアントワネットより^ ^

    • 楊夫人 より:

      はじめまして、名古屋のアントワネット真弓さま
      コメントありがとうございます!
      ヴェルサイユ舞踏会、素敵ですねえ。
      と、いうことはロシア皇帝の伝統衣装に身を包んでのパ-ティですね。
      想像するだけで、うっとりします。

      私はベルサイユに大昔に1度行ったきりで、殆ど忘却の彼方です。
      現在の住まいからも遠いので、同じフランスに住んでいても、
      なかなか行く機会がありません。
      どうぞ、私の分まで楽しんでいらして下さいませ。

      ブログも引き続き、よろしくお願いします!

  2. まーさん より:

    めちゃ。すてき!本町デート楽しみにしてます。洋裁もできるなんて素晴らしいっす。神戸からいつも応援してます!まーさんより

    • 楊夫人 より:

      ま-さん、コメントありがとうございます!
      私も今から懐かしの本町でデ-ト、ワクワクしています。
      洋裁は、最近全然していなくテ-ブルクロスぐらいです(=_=)
      また、時間が出来たら作りたいなあと思っています。

      ありがとうございます~(T_T)
      本当に不景気で悲しいです…。
      ですので、再び大勢の方にフランスへ旅行しにいらして頂きたいです。
      目指せCome back(revenir) Galeries Lafayette(笑)
      そして、不景気で無くなったラファイエットを、もう一度カムバックさせたいです!
       
      ちいさいことから、コツコツと地道に
      誰にも頼まれてもいませんが(笑)、一人営業活動がんばります。