フランス語でこれからもよろしくと言う時と色々なよろしくの表現

楊夫人
初対面の挨拶の時や、文章の最後に書く「よろしくね!」という言葉。
これはフランス語でどういうのかご存知でしょうか?
フランス人は、なんと言って今後の良い関係を築きたいと表現するのか、詳しくお伝えします



スポンサーリンク


フランス語で「よろしくね!」とはどういう?

実はフランス語には、全く同じ意味の言葉はありません。

あえて言うなら、「Enchanté アンシャンテ(オンションテ)」

ちなみにこの「Enchanté」の意味は、挨拶の言葉として使う「はじめまして」以外にも意味があり、形容詞で「非常に嬉しい」「満足な」「魔法に掛けられた」などがあります。

ですが、日本人なら挨拶で「山田花子です、よろしくお願いします。」と言いますが、
フランス人は、あまりこのような挨拶をしません。

よくあるシチュエーションを一緒に見て説明しますね。

自己紹介のフレ-ズ

友人Aが私(花子)にJeanを紹介する場合。

友人A:Bonjour(Salut)! Lui,c’est Jean qui est mon ami d’enfance.
「やあ、彼が幼なじみのジャンだよ。」
Jean:Bonjour(Salut) (と言ってビズする)
「やあ」
花子:Bonjour(Salut) (ビズしあう)
「やあ」

これで終わりです。
え?こんな短いの!?とびっくりされるかもしれませんが、実際このぐらいで終わるんです。
とても短い挨拶が終わり、すぐに話しに入ります。
“よろしく”という意味に該当する言葉は、ほとんど聞いた事ありません。

※Bonjour「こんにちは」は一般的に使う挨拶で、Salut「やあ」は、特に若者が多く使っています(あ、でも若者言葉ではありません)。

あなたに会えて嬉しい!と言う時のフレ-ズ

Je suis content(e) de vous(te) rencontrer.
ジュスイ コントン(トゥ) ドゥ ヴ(テュ) ヴォワ.
「あなた(キミ)に会えて嬉しいです」=「お目に掛れて嬉しいです」

※友達の仲間内なら、いきなり”te”でOKです。
知らない人の場合は”vous”を使ってください。

この言葉は英語の、”Nice to meet you“に似たニュアンスが含まれています。

私が思うに自己紹介の「よろしく」とは、”今後ともお見知りおきを”もしくは”これからあなたと良い関係を続けていきたい”という、未来についてあらかじめ前もって、申し出ていると考えます。

ですが、フランス人の場合はあまりそのような考え方をしないで、どちらかというと「あなたとお会い出来て嬉しいわ」と、知り合えた喜びを発する方が多いと、私の経験から感じます。

本来は挨拶「Bonjour」だけで終わりと言うのが多いのですが、ちょと物足りなさを感じる場合は、このように会えた喜びを相手に伝えてみてはいかがでしょうか?

この表現は時々使うこともある、ナチュラルなフレ-ズですよ。

スポンサーリンク


今後も仲良くしたい!と言う時はどういう?

日本語の”よろしく”という言葉がフランス語にはないので、別れ際に「これからは連絡を取り合いましょう!」というと、いい関係が続きそうです。

連絡取ろうよ!と言いたい時のフレ-ズ

例えば、新しい友達と一緒に楽しい時間を過ごした後に、こう言ってはいかがでしょうか?

C’était très sympa! On se revoit bientôt, promis!
セテ トレ(トヘ) サンパ!オン ス フヴォア ビアント、プロミ(ポミ)!
「とっても楽しかった!また近いうちに会おうよ、絶対!」

最後の”絶対!”はちょっと大げさ過ぎかもしれないので「On se revoit bientôt」だけで大丈夫です。

また一緒に遊ぼうよ!言いたい時のフレ-ズ

もしくは、このように気軽に声を掛けてはいかがでしょうか?
Quand tu es disponible, on va jouer ensemble!
シ コン テュ エ ディスポ二-ブル、オン ヴァ ジュエ アンサンブル(オンソンブル)?
「もし君が暇な時、一緒に遊ぼうよ!」

もしくは、上の文の後半をちょっと変えて、
Quand tu es disponible,on va boire un café ensemble?”
シ コン テュ エ ディスポ二-ブル、オン ヴァ ボワ カフェ アンサンブル(オンソンブル)?
「もし君が暇な時、一緒にカフェでも飲もうよ!」

と言ってもGood!
とっても気軽な誘い言葉で、私もこう言われた事がありました。

頼みごとをする時の「よろしくお願いします」

Merci d’avance. メルシィ ダヴォンス
「宜しくお願いします。」

これはよくメ-ルや手紙の文末に書かれているのを見ます。

直訳すると意味は「前もって、ありがとう」これには、“先に礼を申す”というニュアンスが含んでいるので、「宜しくお願いします」という日本語に置き換えられる言葉と考えています。

Merci d’avanceは口頭でも使えますし、書き言葉としても使える便利な言葉なので、知っていて損はありません!

なにかお願いして、その後にMerci d’avanceと付け加えるだけでOK。

Merci d’avanceを使う時のフレ-ズ

Demain,je voudrais emprunter ta voiture, s’il te plaît. Merci d’avance!
ドゥマン、テュ ム プレ タ ヴァチュウ, メルシィ ダヴォンス!
「明日、私に車貸して欲しいの、よろしく!」

こんな風に、後ろに付けてくださいネ。
日本語では”前もってありがと”とは言わないので「よろしく」と意訳した方が、ナチュラルですよね。

最後に、楊夫人からあなたへ

全く違う言語の日本語とフランス語、うまく合う言葉を探し出すのが難しいですよね。
日本語の「よろしく」に値する言葉はフランス語ではないので、それに代わる言葉を置き換えましょう。

挨拶の時は基本的には「Bonjour」だけでOK。
もし物足りなさを感じたら「Bonjour enchanté」と言ってください。

「これからもよろしく!」の時はまた会おうと言ってこの先も関係を続きたいと、相手に通じるように表現しましょう。

楊夫人
私も日本語にない表現を伝えることに、大層苦労しました。
場面ごとに簡単でシンプルな表現をいくつか覚えてコミュニケーション取っていきましょう!


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。

スポンサーリンク

[`livedoor` not found]
LINEで送る

ランキング

ブログランキングに参加しています。
フランス愛ブログ作成の励になるので、
応援のポチをお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする