これください!はフランス語で何という?スーパ-で絶対使う会話集

 

パニ子
もうすぐフランス旅行なんだけど、買い物の時の会話がちょっと心配なんだ
ミミ
いよいよね、フランス語難しそうだもんね。パリなら英語で通じる所もあると思うけど、やっぱりフランスではフランス語話す方がよさそうね。
パニ子
うん。今回はパリだけじゃなく地方にも行くから、緊張する!
ミミ
じゃあ、会話で困らないように今から練習しないとね。そして絶対使うフレ-ズと聞かれるであろうフレ-ズを事前に知っていれば安心しそうね!

スポンサーリンク


フランス語で「これください!」とは何という?

ス-パ-の商品棚にある品物は値段が書かれているので、尋ねる必要はありませんので、ご安心くださいね。
しかし、値札のチケットが取れてた場合は、バーコ-ドも読み取れないので、聞かないとわからない時があります。


そしてスーパ-以外でも、お店で尋ねる機会がたまにあるので、この様に尋ねてみて下さい!

 決断するフレ-ズ

これください。(1つ買う時)
Je prends ça.
ジュ ポ-ン サ


これら下さい。(複数買う時)
Je les prends.
ジュ レ ポ-ン


çaが「これ」の意味で、lesが「これら」の意味になります。
“les”なんて咄嗟に出てこないかも!というあなたには、次のフレ-ズを試して下さい。

これとこれ、ください
Je prends ça et ça.
ジュ ポ-ン サ エ サ


etが「~と」の意味です。
ですが、etを忘れた場合は、指で欲しい物をさして、サ!(これ!)と言えば大丈夫です。

買う時の決意を言うフレ-ズ

・それにします。


Je vais prendre ça.
ジュ ヴェ ポ-ンドゥ サ



色々書きましたが、最低「Je prends ça ジュ ポ-ン サ」だけ覚えていれば大丈夫です!
紙に書いて、ポケットに入れておいても構いません。

もし、その書いた紙も紛失し、フレ-ズも忘れた場合は、欲しい物を指さして s’il vous plaît シル ヴ プレと言ってください。

これくださいと言った後に聞かれるフレ-ズ

これくださいと言ったら、蚤の市以外の普通のお店だと、大概こう聞かれます。
・Avec ceci?
アヴェック スシ
他にご注文は?


あれば、これとこれもと ça et ça サ エ サと言えばいいのですが、無い場合はこう言ってください。
・Ce sera tout.
ス スハ トゥ
それだけでいいです。

その後、お金を支払って「Merci, au revoir!」で無事終了です!

この言葉は、パン屋さんやお菓子屋さんで、聞かれる場合が多いです。
もし「Ce sera tout」という言葉を忘れた場合は、C’est tout セ トゥ(これで全部です)でも大丈夫です。

フランス語で「いくらですか?」は何と言えばいいの?

値段を聞くときのフレ-ズ

これ、いくらですか?(一つの値段を聞くとき)
C’est combien?
セ コンビアン?
・これらは全てでいくらですか?複数合わせた値段を聞くとき)
Ça fait combien?
サ フェ コンビアン?


ちなみに、マルシェやスーパ-では殆ど看板に書かれているので、心配しないでくださいね。






スポンサーリンク


ス-パ-での最低必要な会話例

 

ス-パ-では、特にフランス語でやり取りをする必要がないのですが、挨拶ぐらいの最低の会話はシミュレーションしていた方が、緊張しなくてすみます。

交わす言葉は2,3回ですが、レジのお姉さん(お兄さんもたまに居ますが)の話が早いので、私はフランスに来た当時は一体何を話し掛けてくれているのか、全く聞き取れませんでした。

やっと理解したのは、1年以上経ったぐらいでしょうか?かなり時間掛かりました。

どのス-パ-でも、ほとんど似た様な事を聞かれますので、これさえ覚えておれば大丈夫です。

店員:Bonjour.こんにちは (愛想が悪くても気にしないで下さい)
ボンジュ-
お客:Bonjour.こんにちは
ボンジュ-

挨拶を交わした後、店員さんは、品物をバ-コ-ドで読み取っていきます。
全ての品物が読み取り完了したら、こう聞かれます。


店員:Vous avez le carte de fidélité?  
ヴ ザヴェ ル カ-ト ドゥ フィデリテ?
店のポイントカード持っていますか?


お客:Non, j’en ai pas. / Oui, tenez madame(monsieur).
ノン、ジョ ネ パ / ウィ、 トゥネ マダム(ムッシュ).
いいえ、持っていません / はい、どうぞ マダム(ムッシュ)


※NonだけでもOKです。

店員:25.69euros s’il vous plaît.
ヴァンサンク ウ-ホ スワソン ヌフ ソンチ-ム シル ヴ プレ
お会計は25.69ユ-ロです。

お客:Par carte (Je paye par carte.)
パ カ- (ジュ ペイ パ カ-)
クレジットカ-ドで払います。
※ややこしい事抜きで、カ-ドを見せて「Par carte」と言えばOKです!
現金の場合は、何も言わず現金を渡しさえすれば大丈夫です。

クレジットカ-ド払いの場合は、店員さんにAllez-y アレジ(どうぞ)と言われたら、機械にカ-ドを入れて4桁の暗唱番号を押して、最後に緑のvalider ヴァリテのボタンを押します。

Code Bonコード ボン(暗唱番号は正しいです)と表示されたらOKです!
そして、Retire la carteフティレ ラ カ-ト(カード引き出して下さい)と表示されたら、カードを引き抜いて下さい。


そして最後に店員さんから、レシ-トを手渡され「Merci, au revoir!メルシ- オゥヴァア」ありがとう、さようなら、と言われ、こちらも「Au revoirオゥヴァア」さようならと別れの挨拶で終了です。

キャンぺ-ン中に聞かれることは?

バカンス前などで時々、ス-パ-に寄ってはキャンぺ-ンを開催します。
その期間中は、上で書いた最低必要な会話プラス、この様な質問をされます。
私はフランスに来た当時、なんの事を言っているのか、サッパリわかりませんでした。


このような事を聞かれます。

・Vous voulez des vignettes?
ヴ ヴレ デ ヴィ二ェット?

シ-ル要りますか?
もしくは、
・Vous voulez une carte “The Lapin creins”?
ヴ ヴレ ウンヌ カ-ト ザ ラパン クレタン?

“ラパン クレタン”のカードステッカ-要りますか?
※”ラパン クレタン”はキャラクター名で、キャンぺ-ン事に変わります。

と、聞かれる場合があります。

このvignette ヴィ二ェットとは、どのような物かご存知でしょうか?
実はvignetteには色々な意味があるのですが、スーパーマーケットで使う意味のvignetteとは、写真下にあるような、小さいシ-ルのことです。


この小さいシ-ルを幾つか集めると、このシ-ルに書かれているブランドの商品が特別価格で購入することが出来る、いわゆるポイントシ-ルです。

私は、今まで集めた事がありません。
ですが、カ-ドステッカ-は息子の為に毎度貰います!

子供たちが好きなキャラクターのカ-ドをキャンぺ-ン中に配布するのすが、このカ-ドに釣られて買い物をする人も仲には居ると思います。
本当は持って行ったらダメなんですが、たまにこんなカ-ドを、学校に持ってくる子がいるんですよね。
それで、せがまれてス-パ-に行く羽目になります。


今回の復活祭のキャンぺ-ンは「The Lapin creins」でした。
昨年末はスタ-ウォ-ズでした。

家に入っていたCarrefourのチラシより、全種類66ステッカ-に40袋あり、「30ユ-ロ買うごとに、ステッカ-2枚とカード1枚が入った1袋を差し上げます!」と書いてあります。
ちなみに配布キャンぺ-ン中期間は、4月3日から5月28日までと結構長いです。



上の写真の下に書かれてあるALBUMの説明には、このように書かれてありました。
このカ-ドを入れる為に、アルバムも2ユ-ロで売られ(ちゃっかり!)この期間中に、アルバムを購入すると、3袋貰えるとの事。

もし、よく聞き取れなければ、Non merci ノン、メルシ-でいいです。

まとめ

これくださいと言うのは、それほど難しいことではありません。
ただ、必要なのは度胸と勇気です!

パリなら、英語が通じる所が段々と増えてきましたが、地方の場合はまだまだフランス語オンリ-の所も多いです。

事前に聞かれるであろうフレ-ズを知っておけば、ああそういや、こんなこと書いてあったっけ?と想像出来るだけでも不安が少なくなると思います。

紙に書いた必要なフレ-ズを、そっとポケットへ忍ばせて、楽しい旅になさってくださいネ!
※スマホだと、歩いている時にスマホを盗まれる恐れがあるので、紙の方が安心です。

>>フランス語の挨拶 まとめぺ-ジに戻る


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。

スポンサーリンク

[`livedoor` not found]
LINEで送る

ランキング

ブログランキングに参加しています。
フランス愛ブログ作成の励になるので、
応援のポチをお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする