フランスのお菓子の名前を大特集!ド定番のものからTOP10をご紹介

楊夫人のサイトへようこそ。
フランスはロレーヌ地方で生活をしている楊婦人が現地から生の情報を発信しています。
ごゆっくりご覧になってください。

楊夫人
フランスと言えば、美味しいお菓子を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

今日ではたくさんのお菓子が日本でも食べられますが、フランスのお菓子Top10には、意外や意外!日本であまり知られない名前のフランス菓子もあるのです!

今回は、そんなフランス人のお気に入りのお菓子やデザートの名前をフランス語でご紹介するとともに、それぞれのお菓子の特徴を解説します。

さすがTop10だけあって、フランスに住んでいる私にはどのお菓子もよく食べますし、見かけるものばかり!

フランスのド定番のお菓子を食べる!ということを、次回のフランス旅行の目的の一つに加えてみませんか?
それでは参りましょう!


スポンサーリンク


Top1. Fondant au chocolat フォンダンショコラ


フランス人の大好きなデザートの堂々第一位は、Fondant au chocolat フォンダンオショコラ!
そう、日本でもご存知の中がとろけるチョコレートケーキです。
やはり、この人気の秘密は中のチョコレートソ-スだと思います。

この素晴らしいハーモニーを、フランスのサイトtopito.comの中では、以下の様な表現をされていました。

溶けたバターとブラックチョコを同時に食べるということは、天国に行ってソフィア・ローレンにキスして、再び地球に舞い戻った後ににユ-ロミリオンを当てるぐらい素晴らしい味わいだ。

どれだけ、幸せな気分なのでしょう!
こんな気分にさせてくれるほど、フランス人にとっては魅力的な味わいだと感じるようです。

このお菓子は、家で作ることも出来るのも人気の理由かもしれません。
フランスでは冷凍食品もあるので、時間の無い時のデザートにとても便利です。

Top2. Crêpes クレ-プ


これもご存知のお菓子のクレープ

クレープは、生クリームたっぷりの焼き立てのアツアツを頬張るというのが、日本では一般的だと思いますが、フランスでは焼き立てもモチロンたべますが、冷たい状態でもよく食べます。

次の写真の様に、すでに焼いてあるものを販売していてるお菓子の一つでもあるんですよ。
4時のおやつの時間に食べます。

※フランスのおやつの時間は、午後3時ではなくて4時なんです!

このクレープはヌテラやコンフィチュー(ジャム)を付けるのが、人気の食べ方です。
もしくはシンプルに、砂糖をふりかけて食べる人もいますよ。

ほかには下の写真のように、すでにチョコレートに巻いてあるものもあります。

私の義母の手作りクレープは、クレープ生地にリンゴを擦ったものを入れて焼いてくれるのですが、これがとても美味しく、何も付けなくてもほのかに甘くて大好きです。

Top3. Mousse au chocolat ム-スオショコラ


フォンダンショコラ同様、人気のチョコレートのデザートといえば、ムースオショコラ
こちらはム-スなので、軽めなところが好きという方も多いと思います。

スーパー売っているデザートの中でも人気の一つで、色々なメーカーからも出ていて、ショコラノワー(ブラックチョコ)とショコラオレ(ミルクチョコ)の2種類が販売されています。

Top4. Île flottante イル フロトントゥ

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/3d/Ujuvad_saarekesed.jpg/512px-Ujuvad_saarekesed.jpg
Île flottante イル フロトントゥ(浮島)、またの名をŒufs à la neige ウフアラネ-ジュ(雪の卵)というデザートです。

中央の白い塊の卵白と砂糖を混ぜたメレンゲの上にキャラメルソースをかけ、島に見立てて、緩いスープ状のカスタードクリ-ムに浮かべたものですが、これがとっても軽くて美味しいんです!

下の写真のアップで、ふわふわのメレンゲとカスタードクリ-ムの状態が、わかりますでしょうか?

カスタードが全然もったりしていないけれど濃厚で、メレンゲの泡のような軽さとマッチして、不思議なデザートですが、私は初めてフランスで食べた時から、大好きになりました。

軽めな甘さで日本人の口にも十分合うと思うのですが、未だに日本でブ-ムにならないのが不思議なくらいです。

手作りも出来きますが、卵を大量に使うので、もっぱら市販のものを購入しています。

古代ギリシアの数学者アルキメデスも好きだったというこのデザート、一度味わってみたくありませんか?

Top5. Tarte aux pommes タルト オ ポム


Tarte aux pommesタルトオポムこと、リンゴタルト。
クラッシックなお菓子の一つとも言え、特にお年を召した方に人気!
特に私の地方アルザスロレ-ヌ地方では、よく作られるお菓子で、義母もよく作ってくれます。

アップルパイと違うの?とお思いかもしれませんが、大きな違いは2つあります。
  • パイ生地を覆っていない
  • 卵、生クリーム、さとうを混ぜた生地をタルト生地の上に流し込み、その上に切ったリンゴを綺麗に並べる。
アップルパイよりも、しっとりとした味わいです。

Top6. Tiramisù ティラミス


イタリアのデザートですが、フランスでも大人気の一つです。
ホ-ムパ-ティでのデザートにもよく振舞われ、友達の家にお邪魔した時は、友達の旦那さんが作ってくれた、ラザニアのような大きなティラミスを切り分けて、頂いたこともあります。

なめらかなマスカルポーネと、ラム酒のしみたスポンジのコンビネーションが美味しいですよね。

Top7. Crème brûlée クレームブリュレ


映画「アメリ」で主人公のアメリプ-ランが食べているのが、表面を焦がした美味しそうな、パリパリのクレームブリュレ

プリンにも似ていますが、プリンはツルンとした触感ですが、クレームブリュレはもうちょっとクリ-ム状で、カラメルを焦がすことによって若干の苦みがアクセントになっています。

どちらかというと、大人っぽい味です。

家で作る時は、バーナーがあれば簡単ですが、その他スプ-ンの裏を熱して焦がす方法もあります。
レストランのデザートでも定番の一品です。

Top8. Profiteroles プロフィトロール


Profiteroles(ポロフィトゥロー)とは、小さいシュ-クリ-ムのお菓子のことです。
シュ-クリ-ムはchouシュ、もしくはchou à la crème(シュ ア ラ クレーム) ともいいます。

ですが、このプロフィトロールというお菓子の特徴は、一人分のデザート皿に、3つほどの小さいシュ-クリ-ムの上にチョコレートソースを流しかけたタイプが多いです。

このつやつやとしたチョコレートソ-スが、とっても魅惑的ではありませんか?

さらに小さいシュ-クリ-ムの中には、生クリーム、もしくはカスタードクリ-ムが入っておるので、なんとなくエクレアっぽい感じのデザートかもしれません。
ですが、プロフィトロールの方がGood Looking!そして食べやすいです。

このお菓子も、クレームブリュレ、ティミス、ム-スオショコラ同様、スーパーで市販のものが売られていますので、レストランに行かなくても、気軽に家で食べられるデザートでもあります。

Top 9. Tarte aux fraises タルト オ フレ-ズ

Top10. Fraisier フレジエ


とっても可愛いクラッシックなケ-キ、Fraisier フレジエ。

このケ-キの特徴はなんといっても断面から見えるイチゴです!
形は正方形や長方形に円形と、いろんなバリエーションがあり、中身はほとんどクリ-ムとイチゴで出来ています。

もう一つのこのお菓子の特徴は、ピンク色のア-モンドクリ-ム(マジパン)を、上のフタの部分に載せてあるところでしょう。

イチゴタルトと共に春にぴったりのお菓子とも言えます。
そんなフレジエの簡単な作り方の動画を見つけたので、どの様に作られているのか、一度ご覧くださいませ。



この動画のレシピでは、カスタードクリ-ムの中にピスタチオを入れてますね。
ピスタチオ味はフランスでも人気の味ですが、イチゴとの組み合わせが、うーん、とっても美味しそう!

参考文献:http://www.topito.com/top-desserts-preferes-francais

楊夫人
今回はフランス人の人気のお菓子をご紹介しましたが、このTop10の感想はいかがだったでしょうか?

私はこのランキングを見て、たしかに!と思えたほど、普段からお馴染みのお菓子ばかりでした。もしかすると、大きいショッピングセンターやス-パ-へ行けば、全て買って食べる事が出来るかもしれません!

気になるお菓子があれば、次のフランス旅行の際にメモして、是非ご賞味くださいネ。


>>フランス語の名前 まとめぺ-ジに戻る


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。

ランキング

ブログランキングに参加しています。
フランス愛ブログ作成の励になるので、
応援のポチをお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする