フランスの小学校は宿題少ない?それとも多い?連絡帳から覗いて見たら

楊夫人
フランスがオランド政権だった時代には、学校の宿題を廃止すべきだと訴えていました。
が、現実は宿題は出ていました。


訴えるほど多かったの?とお思いでしょう。
どんな宿題が出ていたのかも、
ちょっと気になりませんか?

私の息子が貰って来た宿題を、彼の連絡帳から覗いてみました。
フランスの小学1年生の宿題の量についてと、どんなものが出ていたのかをお伝えします。



スポンサーリンク


フランスの小学校一年生の宿題の量は?


宿題は、ほぼ毎日ありましたが、たま~にない日もあるという印象です。
宿題にかける時間としては、大体5~10分程度の短い時間で終わるものが多かったです。


日本の宿題がどれぐらい出るのか実際の所、私は知りません。
ですが、フランスの小1の場合、こんなに短時間で終わっているので、きっと日本よりも少ないでしょう。
私が小1の頃は、もっと多かったように思います。


とても早く終わりますが、毎日の積み重ねが大事と思える、重大な2柱が宿題のメインでした。
それは、音読や発音と、筆記。
教科書の本読みも宿題にありましたが、それより音声学の宿題に関する方が、もっと多かった印象があります。

特に一番多かった音読と筆記の宿題についてと、たまにあった課題も詳しく紹介していきますね。

毎日あった音読の宿題はどんなもの?


上の写真のような、読み方を学んで且つ音読することは、ほとんど毎日宿題に出ていました。
小1は徹底的に発音のル-ルを覚えるような、時間的には短く出来るものが多かったです。
まず左側を読んで、右側のそれぞれの単語を発音します。


最初はただ読むだけ。
それから、右側の中央辺りにある、砂時計が見えますでしょうか?
オレンジ色で囲んだ部分ですが、ここにタイムを計って記入する欄です。

右側のぺ-ジの1~4とRévitionまで読んで、何秒掛かったかを書きます。
私も試しに何度が試しましたが、これがなかなかの難易度!
流石ネイティブスピーカーには勝てません、毎度息子に惨敗でした。
しかも笑われました…悔しい。



小1も終わりになると、アルファベットの発音も全て終わりる、次は2つのアルファベットが連続する音についての練習に代わりました。
これも慣れで、フランス語の発音の規則を習って、よく使う単語を何回も発音して練習すると、段々スっと読めるようになるんですよね。

これを毎日すれば、かなり効果が表れます!



スポンサーリンク


筆記体を書く練習は、なかなか辛い


筆記の宿題は、小学校一年生だった時の担任の先生の方針で、入学してすぐに筆記体の練習がはじまりました。

息子は上手く書けず、毎日泣いて大変でしたが年が明けた1月頃にはましになっていました。
毎日の宿題の賜物だったかもしれません。

上の写真の下部に書かれている、鉛筆で書いた部分が宿題の課題です。
bien,grande,le chat,faireの4つの単語をそれぞれ、5回書く宿題でした。

これはまだ綺麗に書いた方です^^;。
息子は早く書いて遊びたいから、すごく早く汚く書くのですが注意したら、上手く書けないと泣いて怒りの繰り返しで、本当に大変でした。
イヤ、今でも大変ですし、未だにお世辞にも綺麗だとは言えませんので、まだまだ根気が必要ですね。

時々あったPoésie(詩)の暗記

Poésieポエジーこと、詩の暗記は時々、宿題にありました。
普通の宿題で出る事もありましたが、2週間のバカンスに暗記することという宿題も出た時があり、息子の祖父母の家にお泊りしに行く時も、ノ-ト持参でいきました。


これはフランス語の美しいリズムをつかむ目的だからでしょう。
私も毎日耳にして、耳がタコになるぐらい何度も詩を聞きました。

それぞれの季節に合った詩の暗記を行い、担任の先生に一人一人テストと言うか、ちゃんと暗記出来ているかのチェックもあります。
※右のぺ-ジの赤字のtb+は先生の評価で、意味は“Très bien+”(とても良いの+付き)で最高の評価でした。


朗読が得意なクラスメイトのMちゃんは、毎度一番に暗記して、フランス語も完璧!
“彼女のママはorthophoniste(発音矯正士)だから上手なのよ、きっと”とママさん方が話しているのを小耳にしました。
羨ましい…私も矯正して欲しいところ。


毎回、詩には詩をイメ-ジするイラストを描く様で、息子はこんなイラストを描いていました。
これはタイトルが『Monsieur Printemps(春おじさん)』
春らしいイラストですね、ですがMonsieurムッシュー(男性)をイメ-ジする部分が不明。

次はタイトルが『L’automne 秋』
秋をイメ-ジするイラストは何でしょう、ミノムシ?
先生もよくわからなかった様で「?」と書かれてありました。

少なかった地理学の宿題



地理学ことGéographieジェオグラフィの宿題もたまにありましたが、珍しいかったです。
計算はMathématiquesマテマティックこと、通称Mathマッツの科目になります。
日本のようなドリル式の計算の宿題もありませんし、まだドリルも配布されていません。

算数に関する宿題は、国語(フランス語)の宿題に対して、本当に少なかったです。
そこからフランスにおける、フランス語の重要性がとても大きいと感じました。

日本もそうですが、読み書きはやはり一番重要なのかもしれません。

楊夫人
フランスの小学校一年生の宿題は少ないです。
長くても10分で終わるぐらいの短時間で出来る課題でした。
内容は殆ど国語(フランス語)の読み書きが大半。


2週間のバカンスには、宿題が出ましたが量は少なく、重要なのは詩の暗記ぐらいです。
夏の約2か月のバカンスは無し!


小学校一年生は少なかったですが、学年が上がるにつれ段々量も増えていくとの事。
これからも宿題の増える経過を、観察し続けていきます。


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。

スポンサーリンク

[`livedoor` not found]
LINEで送る

ランキング

ブログランキングに参加しています。
フランス愛ブログ作成の励になるので、
応援のポチをお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする