フランス語で書ける、簡単お誘いメール文章。 たった3行でOKです!




在仏10年ともなると、フランス語で会話以外に、メ-ルを書く機会が増えました。
フランス特有の言い回しや、表現があるので、これ使える!と思う、
友人から送られた文章を見つけては、毎回書き留めています。

文頭や一文だけでもフランス語で少しでも書いてみると、素敵ですよね。
例えばお決まりの結びの言葉だけでも、ちょこっと書くと雰囲気が出ます。


フランス人の友達に思い切って、メールで誘ってみたいなあと思う時、
どう書けばいいんだろう?と考えてしますけど、たった3行でOKなんです。

フランス語はごちゃごちゃ書かない、スッキリ単刀直入
これが合言葉です。

私の秘蔵の文章の中から、よく使う文章や極々簡単な文章、

すぐに使える単語などを、いくつかご紹介しますね。

On y va!!( Let’s Go!!)


スポンサーリンク


友達と会う連絡を取る場合


(例1)
Salut Marie
サリュ- マヒ

J’espère que tu vas bien.
ジェスぺ- ク チュ ア ビアン 

Si tu es disponible, j’ai envie de te revoir prochainement.
シ チュ エ ディスポ二-ブル、ジョン ヴィ ドゥ トゥ フヴォア ポシエンヌモン 

J’attends ta réponse.
ジャっトン タ へポンス
Gros bisou à bientôt
ゴホ ビズ ア ビヤント

Anne
アン


(例1)
やあ マリ
元気?(直訳すると、”あなたが元気でいると私は望んでいます”)
時間があれば、また会いたいな!
連絡待ってるね。

アンより

※Marie=マリですが、フランス語ではR行が、日本語のラリルレロではなく、
ハヒフエホの方が音が近いです。ですから”ri”は””に聞こえます。
日本語のラリルレロはL行に近いので、”リ”は”Li”の方がそれらしいです。
ですから、Marieは”マリ”とならず”マヒ”と発音する方がネイティブっぽいです。


(例2)
Coucou Marie
クク マヒ

Comment ça va?
コモン サヴァ?

Est-ce que tu es libre le 29 Janvier ?
エスク チュ エ リ-ブル ル ヴァンヌフ ジョンヴィエ?
On va aller au café ensemble ?
オン ヴァ アレ オ カフェ オンソンブル?
Je t’embrasse et à bientôt
ジュ トンブハス エ ア ビアント
Anne
アン


(例2
ヤッホー マリ
元気?
1月29日空いてる?
お茶でも一緒に飲まない?

じゃあまた、近いうちにね
アンより


※Coucou=ククですが、赤ちゃんに話しかける時によく冒頭で”Coucou!”とよく言います。
メールでも親しい友達の挨拶にも”Salut”と書く代わりにも使う時があります。きっと音が可愛い からだと思いますが、直接会った時に話しかける冒頭の言葉は”Salut”の方が多いですね。



全文フランス語だと、ちょっと厳しい初心者さんの場合

フランス語の響きがお洒落だし、素敵だから書いてみたいと思うけど、いきなり最初から全文フランス語は無理そうです。


そうねえ。 確かに全くの初心者だったら、
これら3行と言えどもハ-ドル高過ぎね。


もうちょっとハ-ドル低く、
初心者でも気楽にちょこっと書けるフランス語ってないですか?


じゃあ、たった一つ単語でもOKの、
簡単で使いやすい例を出してみるわね。




メールに使えるプチ単語



気軽に使いやすいのは、冒頭と文末です。
音が可愛くて雰囲気もあるので、日本人の友達へメ-ルを送る際に使ってみると素敵ですよ!
単語登録しておくと、メールを書くときにとっても便利です。


冒頭に使う単語

Salut
サリュ
意味「 やあ!」
Coucou
クク
意味「 やあ」、とか「ヤッホー!」
Bonjour
ボンジュー
意味「こんにちは」
Bonsoir
ボンソワー
意味「こんばんは」


文末に使う単語

Bisou
ビズ
意味「あなたにキスを」。いわゆる挨拶の言葉ですで、深い意味はありません。

Gros bisou
ゴホ ビズ
意味「あなたに大きなキスを」。これも一般的は挨拶の言葉です。
Bisouとの違いは特になく、若干の音の違いを楽しむ為に、私は時々こちら使っています。

Je t’embrasse
ジュ トンブハス
意味「あなたにキスを」。これも一般的な定型文です。

À bientôt
ア ビアント
意味 「またね」。次回いつ会うかわからない時けど、そんなに長い間会わなくならない時に。
À très bientôt
ア トヘ ビアント
意味「 とても近いうちに」。おおよそですが一週間内に会う時には、私はこれ使ってます。

À plus
ア プリュス
意味「またね」
Ciao
 チャオ
意味 「バイバイ」。実はイタリア語ですが、フランスでも結構使います。

À demain
ア ドゥマン
意味 「明日に」

À dimanche
ア ディモゥシュ
意味「日曜日に」

À la prochaine
ア ラ ポシェンヌ
意味 「次回に」。次回、会う日がわからない場合。


これらの単語を、文頭にどれか一つ、余裕があれば文末にもう一つと
たった2つフランス語を使うだけで、
ちょっと人と差が出そうです。
少しづつ、増やしていきましょう!


※振り仮名ですが、私が聞こえる限りなく近い日本語の音で書きましたが、
あくまでも近い音であって、この通りではありません。
正しい音を確認するために、こちらやこのサイトで、知りたい単語を張り付けて
確認してみてくださいね。


★注意★
「Bisou=ビズ」ですが、一般的な表現なので男女関係なく使えます。
日本だと、挨拶でビズする習慣がないので、この様に書くと、
「もしや、好意があるのは…」と勘違いさたらどうしよう!?と思われるかもしれませんが、
問題ありません。フランス人の男友達に書いても、書かれた返事を貰っても、
全く深い意味はありません!!ただの挨拶です。ですから、もし日本人の男友達に書く場合でしたら、
「これはフランス語の挨拶の表現なのよ」
と、一言念の為に伝えてくださいね。



まとめ

これは友達同士のメ-ルです。
こんな簡単な文章で十分なんですよ!最初は、単語一つだけでも大丈夫。
色々書きたくなりますが、あくまでも簡潔に書くのがコツです。
私は色々複雑な文にし過ぎて、ネイティブに注意されました。

これらの文章の中の、単語一つ、たとえば文末の単語だけ使うのもOKですし、
日時だけ変更したりして、色々使ってみて下さいね!


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。

スポンサーリンク

[`livedoor` not found]
LINEで送る

ランキング

ブログランキングに参加しています。
フランス愛ブログ作成の励になるので、
応援のポチをお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする