フランスで柔道が人気な理由は?厳しい中にもヤワな部分アリ!

パニ子
フランスは柔道が人気よね?
ミミ
うん、なんでだろう?フランス人にとって柔道のどこがグっとくるのかな?
パニ子
規律に厳しそうな柔道は、フランス人のイメ-ジとかけ離れているのにね
ミミ
ほんとそうね。でもフランスは強いわよ、たくさんの人が柔道する秘密を知りたいわね


スポンサーリンク


フランスで柔道はなぜ人気?


柔道は大人も子供もフランスの人気のスポ-ツの一つです。
私の息子が加入している柔道クラブの組織「Fédération Française de Judo」の調べによると今日、フランスでは5,600ものクラブがあり、600,000人が習っています。
びっくりするほど多いですね!なんとさらに、その中の45,000人もの黒帯保持者がいます。

なぜそんなにフランスで柔道が人気なのか?
そこで、私は学生時代に柔道を習っていたフランス人の友人に尋ね、ネットでも調べてみました。

フランス人の友人から聞いた4つの理由   

理由はいくつかありました。
1.オリンピックでメダルをよく取るスポ-ツだから
オリンピックでもフランスは柔道が強い競技の一つです。
メダルを取るようなスタ-選手が現れると、子供たちの憧れとなって、習いたいと思う子供達や親が増えます。やはり大きな大会で勝つスポ-ツは、人気になりやすいです。

2.規律を守り、尊重するスポ-ツだから。
先生に敬意を払い、礼儀正しくするスポ-ツだから。
「フランス人はあまり規律は好きじゃないのに?」と聞いたら、昔は子供を教育するのに厳しい規律もあったけど、今の子供たちはそうではなく甘いから、柔道で身心共に鍛える為に良いそうです。

3.精神的にも鍛えられるスポ-ツなので。
やはり、学校ではあまり教えてくれない精神修養に励むスポ-ツなので、運動も出来て礼儀も教えてくれる教育に良いスポ-ツと考える親が多いです。

4.危険な地域があるので、護身用の為に 。
私の村は比較的安全ですが、隣の市へ行くとやはり危険な地帯が数か所あります。
もし何かあった時の為に戦うまではしなくても、柔道の心得があるとないのとでは、いざという時の精神的な安心感がある為に、護身術の一つとして習う人もいるそうです。


と、大きく4つの理由からでした。
柔道に限らずスポ-ツは、学校ではずっと座学の授業ばかりだから、スポ-ツで有り余ったエナジ-やストレスを発散するのにスポ-ツするは良いとの考えでさせるとのこと。

フランスは体育の授業がとても少なくて、私の息子は小学校一年生ですが、週一回の授業しかないので、学校の授業の後にスポ-ツさせています。

子供のための習い物サイトで見つけた、2つの要素

学校では、ほとんど運動する機会がないので、学校が終わった後にスポ-ツの習い物をする子供が多いのですが、どのスポ-ツが自分の子供に合うかと、ネットで検索する人も少なくありません。

いくつかのサイトやフォーラムを読んでみましたが、柔道を学ぶ動機は概ね友人との話と似たような内容でしたが、2つの大きな要素を紹介します。

1.柔道はサッカ-などのスポ-ツとは趣向が違い、柔道場へ入ると特別な雰囲気を醸し出し、規律を守る、いわば生きるための学校とも言えるスポ-ツ。

2.柔道は礼儀正しさ、勇気、誠実、清廉、謙虚さ、尊敬、自己制御と友情の7つの基礎を学ぶことが出来ると同時に、規則従うことは一見制限されているように見えるかもしれないが、法規を守ることは子供たちへの精神的な安定となり、重要な価値を与えることになるため。


運動と共に、道徳教育も養われるのが、大きな魅力の一つでしょう。
フランスには道徳の授業がないので、柔道を習うと一石二鳥です!
道場に入ると畳があり、日常とは違っ た神聖な雰囲気に、気分も引き締まるのかもしれませんね。


スポンサーリンク


フランスの子供達はどんな柔道の稽古をしているの?


我が村の柔道クラブでは、4歳から入門可能で、4、5歳児混合クラスが一番小さい年齢のクラス「Baby Judo=ベビ-柔道」というカテゴリーとなっています。

このクラスの稽古は、まだあまりルールも理解出来ない小さい子供たちなので、柔道らしい練習と言えば、少し受け身を学ぶ程度のみで、稽古の半分以上が楽しい体を動かす運動と、足さばきの練習を少々、あまり柔道とは言えない内容ですが、とっても楽しそうです。

最初から厳しい稽古を積むというよりも、柔道に親しむ、運動する事に喜びを感じさせるのが、一番の目的だと見学して感じました。


おまけにベビ-柔道クラスでは、年末には最後の稽古の後にはクリスマスパ-ティを開き、年始には公現祭の日(1月6日)に食べるフランスのお菓子、ガレットデロワをみんなで食べます。

写真下はクリスマスパ-ティには持ち寄った父兄の方々の、手作りのケ-キです。
私も手前の緑のお皿に入った黒っぽいケ-キ、ガト-ショコラを作って持参しましたが、若干焦げたので、そこを削り取って、冷や冷やしながら持参しました。
皆さん、美味しいと食べて下さって安心しました、が、お世辞かもしれません。


柔道とは全く関係のないキリスト教の催しをするのが不思議に感じて、なぜ?とママさん方に聞くと、小さい子供達を楽しませるためで、ベビ-柔道クラスのみ開催するけど、大きい子供達にはしない、とのこと。
この話を聞いて、パーティは子供達に柔道の稽古に来るのが楽しみ!と感じさせる工夫をしているのだと思いました。
実際、この後みんなで解放された柔道場で遊んで、すごく楽しそうでした。


その次のクラスが6,7,8歳混合クラスで、やっと柔道らしい技を練習します。
クリスマスパ-ティもありません!真面目にしています。


私がビックリしたのは、道場に冷暖房が付いていることです。
実は、昨年日本へ里帰りした際に、柔道を日本でも少し体験させたかったのですが、無かったので剣道を数回体験させてもらった時のことでした。

4月上旬でまだ日中も肌寒く、夕方の広い体育館内ではとても寒かったので、同伴した母に「日本って稽古中に暖房付けないの?」と聞いたら「普通つけないけど、アンタんとこの道場は稽古中に暖房つけてるの!?」と反対に驚かれてしまいました。

カルチャーショック!?それと共に私の村の稽古は、かなりヤワだと実感しました。

試合はあるの?

 あります。6歳からのクラスから試合に出る事が出来ます。
私の息子は今年6歳なので、今年の1月に初めて試合に出場することが出来ました。



付近の3つの市 と合同で、本格的な試合ではなく親睦試合でしたが、この試合では6,7歳クラスの試合のル-ルは座って戦う方式で、立たずに腕だけで勝負するスタイルでした。


白熱した戦いが繰り広げられ、負けて悔しくて泣く子も何人かいて、私ももらい泣きしそうになりました。



一人につき3試合して、最後に参加者全員の柔道家にメダルの授与がありました。
そう、負けても勝っても全員メダルがもらえるのです!!
そんな~、じゃあありがたみがあまりないのでは?と思いましたが、メダルは参加賞みたいなものでしょうね。



その後は、お疲れ様とねぎらいの為に、おやつを貰えます。
子供の数より、実際は観客の大人の方が多かった、熱気ムンムンで和気あいあいとした試合でした。

帯の色はカラフル!?

日本より、カラフルです!いろんな色や模様があるんですよ、
そして、年度末の7月上旬に毎年新しい帯を授与されます。

この下の写真は、息子の2回目の帯の授与のシ-ンで、先生から一年間よく頑張ったと声を掛けてくれながら、新しい帯を巻いて貰います。
実は実力関係なく、おちょけてばかりで、あまりがんばってなかった子も、稽古に来てたら貰えるんですけどね。そんなところも良いところです。


帯の色ですが、日本とは若干違うかもしれません。
一番最初の初年度は白です。それから、2年目は黄色の棒一本線に3年目は黄色の棒2本線になります。
その次は黄色と白の四角の交互模様に、黄色一色と、年数や習熟度により変わって行くのですが、この色々な色の帯を考案したのは、パリで柔道指導を行っていた川石酒造之助師範で、実は日本発ではなく、フランス発でした!?
これは日本人の私も知らなくて、フランス人の夫から聞きました。

学校のクラブ活動では?

フランスの学校では、残念ながらクラブ活動の存在がありません。ですから、子供達は各々習い物の一つとして、スポ-ツをさせることが多いです。
日本は放課後クラブがあるので、先生は大変だと思いますが、その点フランスの先生は楽そうです。


大体1つか2つ、多い子で3つ掛け持ちでスポ-ツをしています。
送り迎えをしないといけないので、子供が多い家庭では1つか2つ程ですが、近くに祖父母が住んでいる子供は、彼らに送迎を頼める場合だと、数多く習い物をすることが可能ですが、稀です。

私の息子は、個人競技の柔道と、団体競技のサッカ-をしていますが、柔道は6歳からは週2回で稽古時間は1時間、サッカ-は天気の良い季節は週2回の1時間半で、週末には試合が月2、3回あります。休みの日も、早起きしないといけないので、ここが親の辛いところです。


スポンサーリンク


柔道の会費はいくらぐらい?

費用は、日本に比べてはるかに安いです。
クラブと当時に柔道協会に加入するのに、加入料37ユ-ロ+年会費が100ユーロです。
合わせて一年で137ユ-ロですから、日本円で換算すると1ユ-ロ=120円としても16440円と、入門しやすい金額です。
とは言ってもバカンス中は稽古も休みなので、年会費と言っても、結局8か月分なんですけどね。


柔道は柔道着だけ用意すればいいですし、靴もボ-ルも必要ないので、安上がりのスポ-ツということもあるところも人気の一つです。
室内スポ-ツなので、雨の日や冬の寒い日でも、天候を気にせず稽古出来るのも良いところ!


ちなみに柔道着は、フランスでは「Kimono=キモノ」と呼ばれ、その呼び名にモヤモヤとした違和感を感じるんですが、毎回キモノ、キモノと言われると「それはキモノじゃなくて、道着です!」と言いたくなるんですよね。

フランスでは、他はどんなスポ-ツが人気?

2016年のフランスで人気のスポ-ツTop10は以下でした。
順位とスポ-ツ名 競技人口
1.サッカ- 2,130,000人
2.テニス 1,100,000人
3.乗馬 705,000人
4.柔道 600,000人
5.バスケットボ-ル 595,000人
6.ハンドボール 500,000人
7.ラグビ- 455,000人
8.ゴルフ 422,000人
9.カヌ― 376,000人
10.スキュ-バダイビング 305,000人
柔道は堂々4位です、ラグビ-より上位に驚きました!
1位のサッカ-はやはり王道中の王道で、ワ-ルドカップなどの大きな大会で、フランスが強くても弱くてもやっぱり人気です。テニスも最近はとても強いという印象はないですが、それでも根強い人気です。

まとめ

フランス人にとっての柔道の魅力は、武士道にも通じる礼儀や規則の中にあるようで、特に子供にとっての道徳教育に良い柔道は、このような理由で親が子供に勧めることが多いです。
大人のフランス人のモラルは、さて置きですけど。


私は日本の柔道クラブを実際に見た事はないのですが、息子が通っている柔道クラブは、楽しい運動も取り入れて、あまり厳しさを感じない稽古をしています。

先生もときどきお茶目なことをして、子供達を笑わせています。

もちろん礼儀には厳しく、必ずきちっと挨拶を必ずし、お辞儀をして道場に入ります。
もし時間に遅れてきたら「遅れてすみません」と、必ず一言先生に伝えることも忘れてはなりません。
(ちなみにサッカ-の場合は、監督が遅れてくることもあります。)

帰りは、一同お辞儀をして、最後に一人つづ先生と握手して帰ります。

柔道が盛んなのは、異国で住む日本人としてやはり嬉しいもので、「始め!」「止め!」など所々で聞こえる日本語が、新鮮に聞こえてきます。
これからも、益々フランスで盛んなスポ-ツである事を期待しています。


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。

スポンサーリンク

[`livedoor` not found]
LINEで送る

ランキング

ブログランキングに参加しています。
フランス愛ブログ作成の励になるので、
応援のポチをお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする