フランス語学習の肝、表現と慣用句。7歳から77歳までって78歳はダメなの?


息子は時々、学校からお知らせを貰ってきます。
その手紙は私にって、良い読解の勉強となっており、
そこでフランス人が普段使う表現を覚える機会になっております。
 
なぜなら、フランスの独特の表現が解らないと、文の意味もさっぱり解らない時があるので。
出てきた時は今後の為に、随時メモしておかなければなりません。

面白い表現を見つけたので、内容を見てみましょう。

Si on jouait?
(de 7 à 77ans)
L’espace Jeunes propose un après-midi “Jeux” un dimanche par mois.
Le premier après-midi jeux sera le demanche 11 septembre 2016 de 15h à 18h.En famille ou entre amis, venez-vous détendre autour d’un café, d’un thé ou d’une part de gateux !Les différents jeux proposés sont loués à la ludothèque de 〇〇.Si vous êtrs intéressé, vous pouvez nous contacter au 〇〇〇〇〇〇〇〇.

訳してみると、こんな感じです。



レクレーションのお誘い
(どなたも歓迎)

L’espace Jeunesは一か月に一回、日曜日の午後にレクレ-ションを行います。
第一回目のレクレ-ションは2016年9月11日の日曜日、開催時間は15時から18時です。

ご家族、お友達連れで、コーヒ-やお茶、もしくはケーキを囲みながら、リラックスした時間を過ごしにいらして下さい。色々なゲ-ムは〇〇市のおもちゃライブラリ-から貸りました。


もしご興味があれば、私達、担当〇〇へ電話番号〇〇〇〇まで、お問い合わせください。

お茶を飲みながら、家族で遊べる場のお誘いでした。

このチラシは村役場にも置いてあって、どなたでも参加出来ます。

我が家では毎種日曜日は、義両親宅へ行くので殆ど家に居ない為、
生憎参加したことがないのですが、参加したことのある息子のクラスメイトのママさん談では、
「自分の両親や兄弟家族も総出で10名で遊びにいったけど、大変楽しかった!」とのことです。

フランス語を話せる機会にもなりますし、学校情報を仕入れる事が出来るチャンスにもなりそうです。結構聞かないと分からない謎な部分も未だに多いので。
私達も機会があれば参加してみたいです。

※L’espace Jeunesとは市町村が運営する、子供達や若者にアクティビティやイベントを提供する子供会のようなコミニュティです。
夏のバカンスにはどこかに連れて行ってくれたり、スポ-ツをしたり主に体を動かすアクティビティを提供してくれ、料金も市が運営している為に破格です。

単語、表現ポイント

◆de 7 à 77ans=どなたでも。何歳でも。
 ※これはフランス語の表現で、直訳は”7歳から77歳まで”となりますが、
     英語で言えばfor all ages、つまり”どの年齢でも、どなたでも”という意味になります。
  私も最初ギョっとしましたが、夫に聞いて理解出来ました。

◆détendre=緊張を緩める、和らげる

◆autour de~=~の周囲に、~の近くに、
 ※この中では”autour d’un café, d’un thé ou d’une part de gateux !”となっています。
  これは”コ-ヒ-にお茶、そしてケ-キを置いてあるテ-ブルの周りを囲んで”という感じで  す。

◆d’une part de ~=~の一部、いくらかの


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。

スポンサーリンク

[`livedoor` not found]
LINEで送る

ランキング

ブログランキングに参加しています。
フランス愛ブログ作成の励になるので、
応援のポチをお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする