フランス語学習の学習教材選びとは? ネイティブフランス人が使うテキストってどんな本?


フランス人ってどうやってフランス語を学んでいるのか?
万年フランス語初級者の私には、フランス人がマスターしていく段階に、とても興味があったので、学校から配布されて来たばかりの日に、待ってましたとばかりに早速見てみました。

配布された本は3冊です。
Rue de contes(上段)
Cap math (下段左側) grandeurs et mesures, espace et géométrie
Cap maths(下段右側) Dico Maths

Rue de contesは、いわゆる国語、フランス語です。写真左側のCap mathはmath(Mathématiques=算数)ですが、この教科書は、長さ、図形、空間、ジオメトリーを学び、右側の教科書のタイトルが同じく、Cap mathsですが、こちらは計算や倍数、時計の読み方やカレンダ-の味方などの数字を学びます。

本当はもう一冊、フランス語の教科書があるはずでしたが、予算の関係で教科書が配布出来ず 😯 、教科書をコピ-した紙を毎回子供たちのノ-トに糊で貼って、それで勉強しています。一体どうなっとんじゃ?と思いましたが、C’est la France…。長年フランス住まいで、このような事にも慣れました。ですが、来年はこんなことにならない様、全教科書配布して頂きたいものです。

ちなみに教科書がある科目はフランス語と算数だけで、宗教や他の科目(science=科学やその他)は本がありません。これらも、配布されたプリントをノ-トに糊で貼っているのでノ-トのみです。ですので、糊の消費が異常に早いです。

さて、今回はこの中の一冊「Rue de contes」の一部から、どのような内容でフランス語学習を行っているか、皆さんのフランス語学習のヒントになればと思ってご紹介します。実は、私にもとっても良いんです!

その教科書の一番初めに学ぶ題材は、
皆さんもご存知の
「Les trois petits cochions」こと「三匹の子豚」でした。

3匹の子豚に名前ありましたっけ?とにかくこの本の中ではそれぞれに名前がありました。
最初にスト-リ-の概要が書かれてありますが、これらの文は子供たちはまだ読めません。
恐らく先生が話して、理解するだけでしょう。ウチの息子に聞いたら、案の定全然読めませでした。

その下の文「Je lis」=”読みます”の部分ですが、ここで初めて学びます。

Il était une fois trois jolis petits cochons.
昔々あるところに、3匹の可愛い子ぶたがいました。
※この「Il était une fois…」は”昔々ある所に”という意味で、
この文には”昔”という単語はないのですが、一般表現としてこのような意味になります。


“jolis” とありましたが、私が幼少の頃読んだ本には、joliとはなかったはず…。
ま、それはさて置き、それぞれのカテゴリ-を見て行き見ましょう。



Je comprends

 そして、右のぺ-ジに行き、「Je comprends」=”理解している”の箇所の質問を先生が読み、
物語の内容を正確に理解しているかチェックします。



Je fais fonctionner

次は「Je fais fonctionner」=”使ってみる”の箇所で少しづつ単語を増やして、応用していきます。

Il était une fois …昔々、あるところに…
Il était une fois trois cochons. 昔々あるところに3匹のぶたがいました。
Il était une fois trois petits cochons. 昔々あるところに3匹の子ぶたがいました。
Il était une fois trois jolis petits cochons.昔々あるところに3匹の可愛い子ぶたがいました。

※この加える順番を見ていくと、どの位置にどの形容詞を当てはめると良いかわかります。



Je lis d’autres phrases

そして最後に「Je lis d’autres phrases」の箇所で、上の項目で学んだフレ-ズの応用として、
別の文を読みます。これは宿題でも出て、家で何度も音読をしました。

息子がこの音読の宿題をしている時に、何度も間違えていたのですが、どうやら彼は当時まだアルファべしか分からず、単語が読めなかったので、これらの6つの文章は全て耳で覚えていました。
いわゆる丸暗記していたのですが、これを目にして凄い!私にはムリ!!と思いました。

でも、長年フランス語を勉強していて思ったのですが、文字で勉強するだけではなく、
何も見ずに耳で聞きとる練習も音読も必要ですから、この時点で、学習方法の王道を歩んでいると、思わずにはいられませんでした。

やっぱり基礎を地道にコツコツ学ぶことが、一見遠回りなように見えますが、
確実な方法だと、息子の学習方法を見てしみじみ思いました。

すぐにペラペラなんてなりません。ほんとに。
子供も大人も一緒に、教科書に突っ込んだり、楽しみながら学んでいきましょう。


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。

スポンサーリンク

[`livedoor` not found]
LINEで送る

ランキング

ブログランキングに参加しています。
フランス愛ブログ作成の励になるので、
応援のポチをお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする