ル・クルーゼ鍋のサイズ16cmと18cmの違い。どっちが便利なの

楊夫人
ル・クルーゼの小さいお鍋の部類に入る2つが16㎝と18㎝です。
私は16㎝を2つ、17㎝1つ、そして18㎝は2つ持っています。


微妙なサイズの違いから、どちらを購入するかで、ちょっと悩んでしまいますよね?

それぞれの用途と、買うのであればどのサイズを先に購入すると便利だったかを、長年使っている私の視点でお伝えいたします。

古いル・クルーゼマニアの本領発揮!こつこつ集めたアンティ-クの鍋も合わせて、どうぞご覧くださいませ。



スポンサーリンク


それぞれの大きさの違い

可愛いサイズの16㎝とそれより少し大きめの18㎝ですが、どちらが便利かというと実際のところ、これは料理によります。

一人分のうどんや、おじやなどを作る機会が多いあなたには、16㎝をお勧めします。

一人分はあまり作らなくて、いつも2,3人分作るというあなたには、18㎝の方が便利だと思います。
それは18㎝でしたら、副菜やちょっとした煮物を作るのにも十分な対応出来るし、重さもさほど重くはないので、持ってて便利なサイズだと、3人家族の私は感じています。

反対に4~6人の大家族、そして一気にドサっと作りたいあなたであれば、正直16㎝はあまり活用頻度は高くはないと思います。

恐らく、味噌汁やス-プの残りを温める時ぐらいしか使わないかもしれません。
若しくは、一人きりの食事の時など。

実際に、16㎝と18㎝の大きさの違いが分かりやすいように、鍋を重ねてみました。


実は下にあるのは、ル・クルーゼではなく、一時期は幻!?と言われていたCousances ク-ザンスのRaymond loewy レイモンド・ローウィデザインの鍋18㎝です。
そして上に重ねてあるのが16㎝のソ-スパンです。

大きさの違いがわかりますでしょうか?一番隙間がある部分で約2㎝程度の差です。

実際私が、それぞれの使い方をご紹介しますね。


スポンサーリンク


16㎝で作っているもの

16㎝は、いつも一人鍋や一人うどんにに使っています。


腸が強くないので、卵、乳製品、グルテンフリ-生活をしているのですが、米粉パスタを使ってベトナム料理のフォ-の様に作ってみました。

具がかなり質素ですが、可愛いアンティ-クのル・クルーゼのママラインでテンション上げてます。

このように、一人だけの食事の際にはこの16㎝が持って来いです。
鋳物ですので、この鍋を熱すれば石焼ビビンバも出来るのでは?と思い付いたところです。

ちなみに18㎝でうどんを作ってみましたが、私には大き過ぎました。
容量に対して、中身が少ないのでこぼさなくて良いかもしれませんが、ちょっと見た目にもあまりバランスが良いとは思えませんでした。

大食いの方ならアリですが、並みの胃袋のあなたであれば、16㎝で十分だと思います。

同じ16㎝のル・クルーゼとアサヒの天使の鍋の大きさの違い

何を隠そう、鍋が大好きな私。
ゼロ活力鍋で有名な、アサヒ軽金属工業の天使の鍋も活力鍋を買った時に同時に購入し、はるばるフランスまで船便で送ってもらいました。


ル・クルーゼとの比較しましたがこの2つ、殆ど同じでした!

取っ手の長さは、若干天使の鍋が長いですね。
※天使の鍋の長さは最大長31㎝です。


実際の容量も同じぐらいですが、若干ル・クルーゼの方が大きいかなと思うぐらいです。

この天使の鍋も結構便利なんですよ、ゆで卵にする時などに。
これがあれば、16㎝がいらないのでは?とも思いましたが、天使の鍋は調理するのには、ル・クルーゼより断然軽いですし、使い勝手が楽です。

でも、でもやっぱりル・クルーゼは、やはり重さを上回る魅力があるんですよね。
一人で天使の鍋でおじやを食べてたら、片手鍋というのもあって、なんとなくものぐさな自分をしみじみ感じてしまうことがあったのです。

ル・クルーゼなら、まったくそんなことはなく、お洒落な一人ランチ!という気分になるのですが、正直気分の問題ぐらいです。

違いはそれぐらいでした。
あ、それと価格もですね、ル・クルーゼの方が断然プライスは上です。


ちゃちゃっと何か簡単に調理したい時は、天使の鍋の方が出番が多いですよ。
両方使っていますが、どっちも良い鍋だと思います。

離乳食作りにはこのサイズが便利でしたので、小さいお子さんのいらっしゃるあなたなら、1つ持ってていてもいいかもしれません。

18㎝で作っているもの

 18㎝では、肉じゃがなどの煮物やご飯を温める時に使っています。
ご飯も2号であれば炊けますし、玄米も炊いた事があります。


私の鍋使いの中では、この18㎝は20㎝のミニ版という位置づけです。

大人2人分のカルボナーラなどの具が少ないパスタソースであれば、パスタを入れて絡めるのにも大丈夫ですし、親子どんぶりの具も2人なら出来ます。

この下の写真がル・クルーゼの鍋作った、親子どんぶりの子なし版です(^^;)。



その他は、ケ-キ作りの時に時々作る、カスタードクリ-ムもこのサイズで作る時があります。

息子がカスタードクリ-ム大好きなので、この大きさの鍋で作る事が多いです。

次の写真は、カスタードクリ-ムたっぷりのいちごタルトです。
タルト生地とイチゴのカスタ-ドが見えますでしょうか?

これは夫と息子で、すぐにペロっとなくなりました!



ホ-ロ-なので、ジャム作りにもバッチリですよ!
お持ちの方は、是非自家製のジャム作りをお試しくださいね。

楊夫人
サイズで悩んでいるあなたのお役に立てたでしょうか?

必要以上に同じサイズまで、複数持ってしまった私から、一言。

大きいサイズを買うのではなく、小さいサイズでしたら、購入して直ぐに「ああ、失敗しゃった!」と思っても、あとから徐々に有ってよかったかも!と思うこともあるかもしれません。

大きいサイズはそれなり嵩張るので、買う時のサイズ選びには、より慎重になった方がいいと思いますが、16㎝と18㎝であれば、それぞれ1つはあっても便利ですよ。

この2つのサイズであれば、一人暮らしのあなた、もしくは私のように少人数の家族であれば、とっても便利なサイズです!

ステキな可愛いお鍋で、私も苦手な家事のテンションアップに役立ってます。
あなたも、私と一緒に料理する度「かわいい!」と思う毎日にしてみませんか?


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。

スポンサーリンク

[`livedoor` not found]
LINEで送る

ランキング

ブログランキングに参加しています。
フランス愛ブログ作成の励になるので、
応援のポチをお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする