フランス語で「私の宝物」とはなんと呼ぶ?カップル達の愛称Top5

楊夫人

私がフランス来てびっくりした一つが、フランス人は名前も呼びますが、愛称で呼ぶ機会が多いことでした。

特に息子が生まれてから、義両親や夫、全て名前でなく愛称で呼ぶ事が多いのです。
しかもそれぞれ、皆バラバラ。

今回は、そんな日本ではあまり知られていないフランスの愛称について、フランス語名と読み方をご紹介します。

可愛い愛称やちょっと変わった呼び名、実際に私が呼ばれた愛称などもご紹介します

スポンサーリンク


愛称こと、Petits noms d’amour

「私の宝物」とは、Mon trésor モン トレゾ-と言います。
“Mon”は「私の」で”trésor”が「宝物、財宝、宝庫、秘宝」の意味です。
とってもロマンティックな呼び方ですよね。


名前が由来の省略されたニックネ-ムではなく、愛称やあだ名はフランス語で「Petits noms d’amour プティ ノン ダム-=小さい愛の名前」若しくは「surnoms amoureux スルノン ザムフゥ=恋愛の異名」。

この呼び方はフランス人にとって、切っても切れない名前の代名詞だとしみじみ感じます。

⇒名前が由来の省略版、prénoms diminutifsについては、こちらをご覧ください。
フランス人の名前の省略形を教えます。愛称は短くて音も可愛かった!



これは日本にはない呼び方なので、フランスに来た当時は、ええ~!!と小っ恥ずかしさ満載でしたが、もうすっかり慣れてしました。


さらに、今や息子に色々な愛称で呼んる自分がいます(ーー;)
なんだか怖いくらい、意識がフランス人化してしてしまいました。

amoureuxは形容詞で「恋愛の、恋愛の」という意味なのですが、amourなら「愛、愛情」なので、恋人や家族以外でも、女友達にもOKです。

男女別や両方に呼べる愛称があります

フランス語の名詞には男性名詞と女性名詞があるように、愛称にも男女別のものもありますが、性別関係なく、両方呼べる名もあります。
両方呼べるのは、便利ですよね。


Avenue romantique!の調べでは、10人中6人のフランス人は、名前よりこの愛称で呼びたい模様。
まずは、カップル達が呼び合う愛称Top5をご紹介!


スポンサーリンク


Le top 5 des petits noms d’amour 愛称トップ5


 順位  男性  女性
 1 Chériシェヒ / Mon chériモン シェヒ Chérieシェヒ / Ma chérieマ シェヒ
 2 Mon cœur モン クー Mon p’tit cœur モン プチ クー
 3 Chouchou シュシュ Bébé ベベ
 4 Doudou ドゥドゥ
Ma puce マ ピュス / Pupuce ピュピュス
 5 Mon amour モ ナムー/ Mamour マムー Loulou ルル
※出典: Avenue Romantique !

◆第1位
Chéri シェヒ /Chérie シェヒ、Mon chéri モン シェヒ / Ma chérie マ シェヒ
トップはやはり、Chéri/Chérieこと「愛しい人」ですね。
ちなみに、Mon/Maは「私の」という意味なので、Mon chéri / Ma chérie 共意味は「私の愛しい人」と言う意味になります。


26%の人々が、この様に呼び合っているとのこと!

◆第2位
Mon cœur モン クー/ Mon p’tit cœur モン プチ クー
cœurクーは「心、ハート 」で、Mon cœurは私のハート。
英語で言うと、My Heart マイハート。

p’tit は”petit”プチこと、小さいという単語の省略形です。
ですので、Mon p’tit cœurは「私の小さなハ-ト」、可愛いですよね!

Mon cœurとMon p’tit cœurは、男女関係なく両方呼べます。




◆第3位
男性:Chouchou シュシュ、女性:Bébé ベベ
Chouchouとは「お気にいり」とう意味です。
Bébéは「赤ちゃん」、ベイビーですね。
いつまでも、可愛い存在という感じでしょうね。

◆第4位
男性:Doudou ドゥドゥ、女性:Ma puce マ ピュス / Pupuce ピュピュス
Doudouとは「お気いりのぬいぐるみ」です。
生まれてから、片時も話さないお守りの様な存在のぬいぐるみ。
そんな、大切な存在を意味しているのでしょう。

Ma puceのpuceとは「ノミ」です。
そう、頭に付くノミの事です!なぜノミなのかというと、小さいからだとか、壊れやすいからだとか音が可愛いからだとか、そんな感じです。

Pupuceはpuceが由来の可愛い愛称で、女性や子供向け。

◆第5位
男性:Mon amour モナムー / Mamour マムー、女性:Loulou ルル
Mon amourことamourは「愛」、よって意味は「私の愛」。

Mamourは、Mon amourの省略形といいますが、”Mon”と “amour”を結合した形です。
意味は両方「私の愛」。

Loulouは「可愛い子」という意味です。
よく、小さい子に「ルル」と呼び掛けているのを耳にしますが、響きも可愛いですよね。

これも、子供や女性向けです。

小さな男の子に呼んでもいいですし、ペットにもOKですよ!
愛情を表す愛称なので、愛しいワンコにこう呼んでいる人もいます。


スポンサーリンク


ケンカしても、やっぱり愛しい人?

私がこの言葉を聞いて一番印象に残っている場面は、私が夫から呼ばれた時ではなく、義両親達の家でのことでした。

とある日曜日にいつも通り、義両親宅へ伺った時、義母は義父に「Chéri‼」と怒り狂いながら文句をぶちまけていたのです。
その時私は「へえ~ケンカしても、”Chéri”って呼ぶんだ…」と冷静に聞いてしまいました。


甘く優しい時間じゃなくても、怒りで頭から湯気が湧いている時でも、相手の事を「Chéri」と言うんだなあと妙に感心しました。

でも実は、ただの習慣で口から出ただけ….だったりして!?

我が家の場合

私の息子は、義父より「Mon coco モン ココ(可愛い子ちゃん)」、義母より「Mon cœur モン ク-(私のハート)」、夫から「Mon grand モン ゴ-ン(私の大きな存在)」

そんなバラバラの呼び方で、息子は全て自分のことだと分かっているのか?と心配になって夫に聞いてみましたが…杞憂でした。
彼はちゃんとわかっていました。

きっと、話し掛けられるときに、自分の方を向いて話し掛けられたり、毎回同じ愛称で呼ばれるので、段々と理解していったのかもしれません。
すごいなあ…と思いました(^^;)

ちなみに、私と夫もやはり、Top1のchériにChérieですね、それかChouchouです。
Chouchouシュシュは音が可愛いから読んでいます。

ですが、ケンカした時には、こう呼べません。
私も、まだまだです(^^;)。



※出典、引用文献: Avenue Romantique !
参考文献:cosmopolitan.fr 



楊夫人
Top5は案の定、よく聞く愛称が多かったですが、あなたの印象はどうでしたか?
やはりイメ-ジ通りだったでしょうか?

恋人や家族に呼ぶのはもちろん。
でも恋人や家族だけが対象ではなく、実はamour(愛)は、もっともっと広くて大きいものでした。


実は私は、以前親しい女友達に初めて「Ma chérie」と言われた時に、すご~く嬉しくてジ-ン…思わず半泣き状態になってしまいました。
その理由は、「そんな風に私の事を思ってくれたなんて、ありがとう!!」と感動してしまったからです。
その友達は、ただ気軽にそう呼んだだけかもしれませんが、それでも嬉しかったです。

私はフランスに来て愛称で呼ばれたことにより、家族以外の大きな愛の存在に、ようやく気付いたのかもしれません。

ちょっと大袈裟とも思える愛の表現を、惜しげもなく披露するフランス。
あなたはどんなPetits noms d’amourで呼ばれたいですか?


>>フランス語の名前 まとめぺ-ジに戻る


フランスに関するご質問やご意見がありましたら、下のコメント欄もしくは、お問い合わせ欄よりお気軽にお寄せください。

スポンサーリンク

[`livedoor` not found]
LINEで送る

ランキング

ブログランキングに参加しています。
フランス愛ブログ作成の励になるので、
応援のポチをお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする